日本綜合経営協会スタッフblog

創業45年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

【重要なお知らせ】新型コロナウイルス 感染拡大防止のための弊社業務体制について(2020.5.19更新)
2020年4月1日(水)より、全社で在宅勤務の体制を取っております。
また5月21日(木)より会社休業日・営業時間にも変更がございます。
※より詳細な情報は[ 弊社HP ]を御覧ください。

動物園

若草物語です。好きな動物はレッサーパンダです。
千葉市動物公園のレッサーパンダ・風太が7月5日に15歳を迎えました!
というわけで、少し早めの夏休みをいただき、風太の誕生日を祝ってきました。

風太といえば、二本足で立つ可愛い姿で一躍人気者となったレッサーパンダ。
飼育担当の方によれば、レッサーパンダはもともと立つのが上手な動物なんだとか。
それに加えて風太は好奇心旺盛で、お客さんをよく見ようとして立ち上がることが多かったと。

今はもうおじいちゃんなので昔のように頻繁に立ち上がることはありませんが、
大好きなリンゴを見せられると、今でもこのように二本足で立つ姿を見せてくれます。
20180718_1
リンゴをお腹いっぱい食べた後は、冷房の効いたお部屋でのんびりしていました。 20180718_2


20180718_3
隣の展示場から風太の誕生日会の様子を見つめるみい(風太の孫)。
いつもと違う雰囲気を感じたのでしょうか。

20180718_4
屋内展示場ではメイタ(風太の孫)がダレッサーになっていました。表情が最高。
あまりにも良いダラけっぷりだったので、スマホのロック画面になりました。

千葉市動物公園、久しぶりでしたが風太一家は相変わらず大変可愛かったです。
これからも風太には元気でいてほしいですね。日本最高齢レッサー目指して頑張ってください!

夏休みはぜひ千葉市動物公園へ!(千葉モノレールで行けます)

若草物語です。
上野動物園のシャンシャンが1歳を迎えましたね。おめでとうございます。
最近はなかなか時間がなくて見守ることもできていなかったのですが、
毎日元気に過ごしているようで嬉しいです。

6月は祝日がなくて寂しいので、ここでゴールデンウィークの思い出を。
家族全員でいしかわ動物園に行ってきました。家族6人全員です。
まさかこの年齢で、家族みんなそろって動物園に行くなんて思いませんでした。
最初は私ひとりで行く予定だったのですが、なんやかんやでこうなりました。

さっそく、いしかわ動物園のレッサーパンダです。
20180613_1
20180613_2
20180613_3
この日はすごく暑かったので、ダレッサーを見ることができました。かわいー!

その他、ホワイトタイガー、ユキヒョウなどの珍しい動物もいる、すごい動物園です。
金沢駅や小松駅からバスも出ているので車がなくても行けます!

そういえば、石川県ののとじま水族館にはジンベエザメもいますね。
珍しい動物がいっぱいですごいです。さすが百万石!

夏休みはぜひ家族みんなでいしかわ動物園へ!

若草物語です。趣味は動物園巡りと観劇です。
応援している俳優を追いかけて新潟県の長岡へ行ってきたのですが、
そのついでに動物園に寄ってきました。

実は新潟県、水族館はありますが大きな動物園はありません。
新潟で唯一「動物園」の名がついているのが、今回行った「悠久山小動物園」です。
悠久山公園という広い公園の中にある、その名の通り小さな動物園です。
長岡駅東口からバスで約15分、「悠久山公園」バス停で降りて、さらに20分ほど歩いて到着。
途中でアリの行列を眺めたりしていたので、本当は15分くらいで着くと思います。

20180530_1

20180530_2

飼育されているのは、ニホンザル、ツキノワグマ、アライグマ、テン、クジャク、トビ、フクロウ、
チョウゲンボウ、キジ、ウサギ、クロトキ、ムギワラトキなど・・・・・。
ツキノワグマを見たかったのですが、残念ながら展示はお休みでした。
そして!新潟といえばやはりトキですね!じっくり見ました。

すぐそばに郷土史料館もあったので、ついでにそちらも覗いてみました。
4階は展望台になっているので、長岡市を一望できます。じっくり見ました。

ところで、新潟のB級グルメ「イタリアン」をご存知でしょうか。
太麺の焼きそばにミートソースのようなものをかけた一品です
20180530_3
 
太麺の焼きそばにミートソースのようなものをかけた味がしました。

初めての経験でしたが、舞台ついでに動物園、いいですね!楽しかったです。
皆様もぜひ長岡へ!(上越新幹線で行けます)

若草物語です。
3月最終日、動物園にも行きたいしお花見もしたかったので、
川崎の夢見ヶ崎動物公園に行ってきました。

新宿から電車で約30分、最寄り駅は新川崎駅です。
駅からは歩いて15分ほどですが、加瀬山と呼ばれる丘の上にあるので階段がきついです。
ところで「夢見ヶ崎」という地名、とてもかわいらしいですよね。
どんな素敵な伝説があるのかと思って調べてみると
「武将の太田道灌が城を築こうとしたら、鷲に兜を持ち去られるという不吉な夢を見て、
築城をあきらめた」というのが由来らしいです。夢は夢でも悪夢のほうでした。

さて、夢見ヶ崎動物公園ですが、なんと入園料が無料!
しかもペットを連れて入園できるそうです。珍しいですね。

個人的に興奮したのはレムール舎です。
レムールとはキツネザルのことだそうで、ここでは
20180403_1
見上げるとブラウンキツネザルが寝ていたり

20180403_2
ブラウンキツネザルとワオキツネザルが一緒にのんびりしていたりと、
キツネザルたちの可愛い姿をたくさん見ることができました。

そしてレッサーパンダ。
お父さんのファファ、お母さんのアン、双子のケンタとケイコの4頭が飼育されています。
しかしこちらのケンタ、4月4日に姫路セントラルパークへお引越ししてしまうそうで。
この土日が、夢見ヶ崎動物公園でケンタを見られる最後の土日だったのです・・・

レッサーパンダ舎は屋内・屋外の展示室に分かれており、
屋外にアンとケイコの母娘2頭が、屋内には午前中はファファ、午後はケンタがいました。
20180403_3
お引越し予定のケンタです。イケレッサーですね。姫路でも元気で!

20180403_4
こちらはケイコ。耳の毛が可愛いですね。
お花見も兼ねて訪れたので、桜とレッサーパンダを1枚の写真に収めたい!と思っていたら
なんとか撮れました。頭に乗っているのは桜の花びらです。

この日はとても良い天気で気温もちょうどよく、最高の動物園&お花見日和でした。
もうそろそろお花見の季節も終わりですね。今年の桜も素敵でした、ありがとうございました。

ゴールデンウィークはぜひワンコと一緒に夢見ヶ崎動物公園へ!

若草物語です。
先週、ものまね四天王と征夷大将軍と、映画『グレイテスト・ショーマン』を観ました。
ミュージカル映画なので当たり前ですが、曲がいい!
かっこいい曲、楽しい曲、切ない曲、力強い曲、すべて素晴らしかったです。
まだご覧になっていない方はぜひ劇場へ!

その映画とはまったく関係ないのですが、今月頭に横浜の野毛山動物園に行きました。
桜木町駅から徒歩15分、または日ノ出町駅から徒歩10分。
動物園行きのバスもありますが、横浜の街を歩きたかったので、桜木町駅から歩いて向かいました。
ただ、入口にたどり着くまで坂が続くので、あまりおすすめはしません。なかなかの斜度です。
20180227_1
 
野毛山動物園のすごいところは、入園料が無料という点!
「無料なら小型の動物しかいないんでしょ」と思う方もいるかもしれません(私は思います)、
しかしこの野毛山動物園、ライオン・トラ・キリン・シマウマ・ツキノワグマ・チンパンジーなど
そうそうたるメンバーがそろっているのです。

もちろんレッサーパンダもいます!現在は3頭飼育されています。
20180227_2
驚きの可愛さ。足の裏まで。キンタという名前ですがメスです。
20180227_3
この日は2頭しか見れなかったのですが、とても可愛かったので満足です。

午後は「犬の歴史とトレーニングについて」というテーマの講演を聴きました。
オオカミと犬の遺伝子はよく似ているが、中でもオオカミに近いのは柴犬などの日本犬。
シェパードなどの「いかにも」な犬は、意外と遠縁。
ペットとして飼われている犬の行動を見てみると、オオカミの本能や行動の名残であるものも多い。
例えば、家に誰かが来たときに激しく吠えるのは、縄張りを守るための警戒本能から。
人の口元をなめるのは、子オオカミがエサを貰うために親オオカミの口元をなめる名残。
…など、なるほどと思うお話がたくさん。遺伝子って興味深いですね。

野毛山動物園は3回目でしたが、あいかわらずの充実っぷりでした。
春休みはぜひ野毛山動物園へ!『グレイテスト・ショーマン』もぜひ!!

↑このページのトップヘ