日本綜合経営協会スタッフblog

創業44年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

動物園

若草物語です。趣味は動物園巡りと観劇です。
俳優を追いかけて大阪に行ったついでに、天王寺動物園に行ってきました。

天王寺動物園のすぐそばのホテルに宿泊していたので、開園してすぐに入場。
お昼ごはんと昼公演のことを考えると、3時間くらいで出なければならず。
ときどき飛ばしつつ、7割くらいは周れたと思います。
20181101_1
天王寺のレッサーパンダ展示場はこんな感じ。
ガラス越しにすぐ近くでレッサーを見ることができます。
ただ、どうしても反射してしまうので、写真を撮るのは少し難しいです。
20181101_2
ここで飼育されているのは、シュウナ(メス)、メル(オス)、咲弥(メス)の3匹。
このレッサーはメルくん(耳が小さいのがポイントらしい)でしょうか。
目の上の白い眉毛のような模様がキリリとしていて、モテそうな顔をしています。

20181101_3
レッサーパンダの隣にはチュウゴクオオカミがいました。
たぶん初めて見ました。ほかではあまり飼育されていないのでしょうか。
毛色は白っぽいですが、顔はなかなかオオカミらしいですね。
みんな寝ていたので、いつか動いている姿を見てみたいです。

20181101_4
アフリカサバンナゾーンでは、キリンとあべのハルカスを同時に見ることができます。
関東の動物園は、山の中など少し上ったところにあるのが多い気がしますが、(においや騒音などを考えると自然とそうなってしまうのでしょうか・・・)
この天王寺動物園は街の中。隣には通天閣。
関東ではあまり見ることができないこの光景を目にしたときは、とても興奮しました。
最近ではキリンも見慣れてしまってスルーすることが多かったのですが、今回ばかりはバシバシ撮りました。キリンとあべのハルカス、とっても異質!

その他、プラスチック製?のカゴをぐしゃぐしゃにして遊ぶホッキョクグマ、ホッキョクグマ→メガネグマ→マレーグマ→ツキノワグマの4連続クマ展示、ファンサービスが手厚いカリフォルニアアシカなど、見どころいっぱいです。
今回は残念ながら時間があまり無かったので、いつかまた来ようと思います。

ちょうど今日から通天閣のライトアップが再開するみたいですね。
新世界に寄るついでに、ぜひ天王寺動物園へ!

若草物語です。犬がいっぱいいるところに行ってきました。

一緒に行ってくれたのはハトが大好きなお友達。
このお友達とは大学のときから「つくばわんわんランドに行きたいね~」と話していて、
卒業から1年と5ヶ月経ち、ようやく行くことができました。

東京駅から高速バスで約70分、つくばセンターへ向かい、
そこからまた「つくバス」で約45分、筑波山口へ向かい、
バス停からは徒歩10分ほどで到着です。なかなか遠かったです。

20180905_1
こちらがシンボルの木造犬展望台「モックン」です。
早く犬と遊びたかったので登りませんでしたが、眺めがいいらしいです。

20180905_2
こちらは小型犬とのふれあいゾーン!犬だらけです。
人間がいっぱいいたので私たちのところに来てくれる子は少なかったのですが、
ここにたった一人で入ることができたら天国でしょうね。
お金なら払うので30分くらい貸切にしていただきたいです。

20180905_3
大型犬とのふれあいゾーンもあります。
小型犬とは違ってじゃれあい(ケンカ?)が力強く、何度かぶつかられました。
カメラで写真を撮っていたら興味津々で覗きこんでくる子もいて、ひたすら可愛かったです。
あと、小型犬ゾーンから大型犬ゾーンに移動すると、「でかい」しか言えなくなります。

20180905_4
犬だけではなく猫もいます!こちらはペルシャ、美しいお猫様でした。

入園料はちょっぴりお高めの1500円ですが、雨の日割引、暑い日割引などお得な割引もあります。
今回は某ファミレスでもらった半額クーポンを持って行ったのですが
雨が降っていたため、雨の日割引の500円で入園できました。お得!
ふれあいゾーンは屋根がついているので、雨が降っていても大丈夫です。

犬猫に会いたくなったらつくばわんわんランドへ!

若草物語です。好きな動物はレッサーパンダです。
千葉市動物公園のレッサーパンダ・風太が7月5日に15歳を迎えました!
というわけで、少し早めの夏休みをいただき、風太の誕生日を祝ってきました。

風太といえば、二本足で立つ可愛い姿で一躍人気者となったレッサーパンダ。
飼育担当の方によれば、レッサーパンダはもともと立つのが上手な動物なんだとか。
それに加えて風太は好奇心旺盛で、お客さんをよく見ようとして立ち上がることが多かったと。

今はもうおじいちゃんなので昔のように頻繁に立ち上がることはありませんが、
大好きなリンゴを見せられると、今でもこのように二本足で立つ姿を見せてくれます。
20180718_1
リンゴをお腹いっぱい食べた後は、冷房の効いたお部屋でのんびりしていました。 20180718_2


20180718_3
隣の展示場から風太の誕生日会の様子を見つめるみい(風太の孫)。
いつもと違う雰囲気を感じたのでしょうか。

20180718_4
屋内展示場ではメイタ(風太の孫)がダレッサーになっていました。表情が最高。
あまりにも良いダラけっぷりだったので、スマホのロック画面になりました。

千葉市動物公園、久しぶりでしたが風太一家は相変わらず大変可愛かったです。
これからも風太には元気でいてほしいですね。日本最高齢レッサー目指して頑張ってください!

夏休みはぜひ千葉市動物公園へ!(千葉モノレールで行けます)

若草物語です。
上野動物園のシャンシャンが1歳を迎えましたね。おめでとうございます。
最近はなかなか時間がなくて見守ることもできていなかったのですが、
毎日元気に過ごしているようで嬉しいです。

6月は祝日がなくて寂しいので、ここでゴールデンウィークの思い出を。
家族全員でいしかわ動物園に行ってきました。家族6人全員です。
まさかこの年齢で、家族みんなそろって動物園に行くなんて思いませんでした。
最初は私ひとりで行く予定だったのですが、なんやかんやでこうなりました。

さっそく、いしかわ動物園のレッサーパンダです。
20180613_1
20180613_2
20180613_3
この日はすごく暑かったので、ダレッサーを見ることができました。かわいー!

その他、ホワイトタイガー、ユキヒョウなどの珍しい動物もいる、すごい動物園です。
金沢駅や小松駅からバスも出ているので車がなくても行けます!

そういえば、石川県ののとじま水族館にはジンベエザメもいますね。
珍しい動物がいっぱいですごいです。さすが百万石!

夏休みはぜひ家族みんなでいしかわ動物園へ!

若草物語です。趣味は動物園巡りと観劇です。
応援している俳優を追いかけて新潟県の長岡へ行ってきたのですが、
そのついでに動物園に寄ってきました。

実は新潟県、水族館はありますが大きな動物園はありません。
新潟で唯一「動物園」の名がついているのが、今回行った「悠久山小動物園」です。
悠久山公園という広い公園の中にある、その名の通り小さな動物園です。
長岡駅東口からバスで約15分、「悠久山公園」バス停で降りて、さらに20分ほど歩いて到着。
途中でアリの行列を眺めたりしていたので、本当は15分くらいで着くと思います。

20180530_1

20180530_2

飼育されているのは、ニホンザル、ツキノワグマ、アライグマ、テン、クジャク、トビ、フクロウ、
チョウゲンボウ、キジ、ウサギ、クロトキ、ムギワラトキなど・・・・・。
ツキノワグマを見たかったのですが、残念ながら展示はお休みでした。
そして!新潟といえばやはりトキですね!じっくり見ました。

すぐそばに郷土史料館もあったので、ついでにそちらも覗いてみました。
4階は展望台になっているので、長岡市を一望できます。じっくり見ました。

ところで、新潟のB級グルメ「イタリアン」をご存知でしょうか。
太麺の焼きそばにミートソースのようなものをかけた一品です
20180530_3
 
太麺の焼きそばにミートソースのようなものをかけた味がしました。

初めての経験でしたが、舞台ついでに動物園、いいですね!楽しかったです。
皆様もぜひ長岡へ!(上越新幹線で行けます)

↑このページのトップヘ