日本綜合経営協会スタッフblog

創業44年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

動物園

若草物語です。
自分への誕生日プレゼントとして、伊豆大島に遊びに行ってきました。

竹芝客船ターミナルからジェット船で1時間45分、大島の岡田港へ。
(波や風によっては元町港に到着することもあります。ご注意ください!)
そこからバスで15分弱移動すれば、大島公園動物園に到着です。
あまり広くはないですが、とてもいい動物園でした!
20190927-1 20190927-2
まずはなんといってもレッサーパンダの展示方法。
それぞれのお部屋から金網の通路が出ていて、レッサーパンダを真下から観察できます!
真っ黒なお腹と可愛い手足を堪能することができて幸せでした…
金網があったり逆光だったりで私のスキルではいい写真は撮れませんが、見やすさは抜群です。
ときどきマーキングをすることがあるので、そのときはしっかり避けてください。
そしてもう一つ、海に囲まれているからか、たまたま人が少なかったからなのかはわかりませんが
周りがとっても静かで、レッサーパンダの息遣いまで聞こえてきます。
初めてレッサーの呼吸音を聞きました。命を感じました。
20190927-3 20190927-4
そしてサル島。溶岩の地形をそのまま生かしたダイナミックな飼育場です!
ここにはワオキツネザルとバーバリーシープがいます。
※以前はここでエサをあげることもできたようですが、現在は禁止となっています。
のんびり過ごす姿に癒されました…
20190927-5
サル島の向こう側は山ですが、その反対側はもちろん海!
島を囲む海があまりにも綺麗でびっくりしました。もっと暗い色の海ばかり見て育ったので。
エミューを撮ったはずが、海メインになってしまいました。これもこれで良いと思います。

伊豆大島、とても素敵なところでした!
今回は大島公園しか行きませんでしたが、次があればぜひ他の場所にも行ってみたいです。
そしてこちらの大島公園動物園で東京都内の動物園をコンプリートすることができました。
これからもいっぱい巡ろうと思います。

三連休はぜひ伊豆大島へ!

■レッサーパンダの関連記事





若草物語です。
お盆休みの帰省ついでに、長野県の小諸市動物園に行ってきました。

最寄駅はしなの鉄道・JR小海線の小諸駅。
改札口とは反対側の懐古園方面に出て懐古園三の門から入り、入園券を購入。
今回は動物園だけが目的だったので散策券(大人300円)を買いましたが、
懐古園内の記念館や美術館なども楽しみたい方向けの共通券(大人500円)もあります。
20190826
入口のすぐそばにいるのは川上犬のさくらちゃん。
適当に撮っただけなのでこんな写真しか残っていませんでしたが、可愛く凛々しいお顔でした。
ニホンオオカミの血が流れているという言い伝えもあるとのこと。息遣いはオオカミでした。
さくらちゃんが懐古園内をお散歩するイベントもあるそうです!
8月は残念ながらお休みでしたが、お散歩中のさくらちゃんも見てみたいですね。
20190826-1 20190826-2
フンボルトペンギンは暑さのせいか最初はほとんど寝ていましたが、
一羽が水の中に入って泳ぎだすと、それを見ていた周りの子たちも泳ぎ始めました。
ペンギン、久しぶりにじっくり見ましたが、見れば見るほど不思議な生き物です。
8月の土日は、流しそうめんのようにアジを流す「流しアジ」というイベントもあります!
市川市動植物園の「流しカワウソ」に並ぶ、夏の素敵最高イベントですね。
(お昼を過ぎてから行ったので見れませんでした!残念…)
20190826-3
小さな動物園ですが、ライオンもいます。メスのナナちゃんです。
基本横になっていましたが、たまに起きて目が合いました。迫力があるのでドキッとしました。

小諸市動物園、規模は小さめですが楽しいところでした!
近くにはおそばやさん「草笛」の総本店もあります。
20190826-4
お昼はここのおそばを食べましたが、大変おいしかったです!
(写真はお友達が食べていた山菜そば。左はくるみおはぎ)
ちょっと量が多めなので、普通サイズでもお腹がいっぱいになりました。

お休みの日はぜひ小諸へ!

若草物語です。好きな動物はレッサーパンダです。

急におそばが食べたくなったので長野でも行こうかなあと考えていたら、
茶臼山の人気レッサー・ロンくんとのふれあいイベントが3月末で終了というニュースが!
これを逃したら私はもう一生レッサーパンダとふれあえないのでは・・・
ということで、春分の日に茶臼山動物園に行ってきました。

茶臼山に初めて行ったのは2017年の夏。今回が2回目です。
(前回記事:茶臼山動物園に行ってきました
節約のため、東京から長野駅まで高速バスを利用。
お昼に駅前のおそば屋さんでかけそばを食べて、しなの鉄道で篠ノ井駅へ。
前回行ったときは、篠ノ井駅から「ZOOぐる」というバスが出ていたのですが、
11月初め~4月半ばはそのバスはお休みしているそうです。
タクシーに乗って動物園まで移動しました。

さて、ロンくんとのふれあいイベント「ロンくんのお散歩タイム」とは、
ロンくんを間近で見ながら飼育員さんのお話を聴くことができたり、
ロンくんと2ショット撮影ができたり、さらにはロンくんに触ることができたり!
という、レッサーパンダファンからすれば夢のようなイベントです。
2006年から続いていたこの人気イベントですが、ロンくんももうおじいちゃん・・・
体力低下などを理由に、3月末での終了が決定しました。

20190412-1
 20190412-2

時間になると、飼育員さんの肩に乗ったロンくんが登場。
器用に飼育員さんの肩や背中を歩き回って(?)いました。さすがレッサーです。
たまに飼育員さんの耳を甘噛みしたり、顔を舐めたり。大好きなのが伝わってきます。
川やガラスを隔てることなく、すぐそばにロンくんがいました。可愛い!

20190412-3

さらに、飼育員さんに抱っこされたロンくんのお尻や尻尾を触ることができました。
(可愛い顔をしていますが歯も爪も鋭いので、顔やお腹を触るのは危ないそうです)
私はずっと触ってみたかった尻尾を触らせていただきました。
毛は硬めですがフワフワしていました。この感触は絶対に忘れません・・・

20190412-4


最後はロンくんとの写真撮影。さすがロンくん、ばっちりカメラ目線をきめてくれました。
長年お散歩タイムを続けてきたロンくんは、カメラ目線ができるようになったそうです。
もうこの子はプロのアイドルレッサーですね。
全員との写真撮影を終えたロンくんは、飼育員さんの肩に乗ってお部屋へ帰っていきました。

久しぶりの茶臼山動物園でしたが、一生の思い出になりました。
ロンくん本当にお疲れ様でした!ありがとうございました!
今後の展示方法は未定とのことですが、いつまでも可愛く元気に過ごしてほしいですね。

茶臼山動物園にはロンくん以外にもたくさんのレッサーパンダが飼育されています。
ゴールデンウィークは茶臼山で“推しレッサー”を探してみては!?


■レッサーパンダの関連記事

若草物語です。
最近寒い日が続くので、なかなか動物園に行けません。
あんまり寒くない(屋内展示が多い)動物園を探してみたところ、
足立区生物園がよさそうだったのでさっそく行ってきました。

最寄駅は東武スカイツリーライン・竹ノ塚駅。そこから20分歩けば到着です。
バスに乗れば徒歩5分くらいで着きますが、せっかくなので歩いて向かいました。
20分も歩けばあったまるだろうと思っていたのですが、全然あったまりませんでした。
寒くない動物園に行くつもりが、たどり着く前にヒエヒエになってしまいました。

しかしたどり着けばこっちのものです。特に大温室は最高でした。
20190201_1
暖かい上にチョウがいっぱい飛んでいて、天国みたいな場所です。

普通の観察展示室には、元気なコモンリスザルや脱皮前のビルマニシキヘビがいました。
20190201_2
20190201_3
第3日曜日にはニシキヘビと記念撮影ができるそうですよ!
首に巻きたい方は第3日曜を狙ってください!

20190201_4
大水槽では金魚がいっぱい泳いでいました。この華やかさ。

もちろんふれあいコーナーではモルモットを抱っこできますし、
ヤギやヒツジにエサをあげることもできます。
その他プログラムもたくさんあります。たくさんふれあえますね。

動物も虫も魚も全部みたい!と思ったら、ぜひ足立区生物園へ!

若草物語です。好きな動物はレッサーパンダです。

千葉のレッサーパンダといえば、かつて一世を風靡した風太(千葉市動物公園)が有名ですが 同じ千葉県内の市川市動植物園もレッサーパンダでは負けていません。
今年の6/28に2頭のレッサーが誕生し、現在の飼育数はなんと15頭!
長野の茶臼山動物園が16頭(飼育数日本一)なので、飼育数では全国2位かもしれません!
というわけで、日曜日に市川市動植物園に行ってきました。

本八幡駅からバスで40分、または市川大野駅からバスで10分くらい。
大学時代に行こうとしたら、何かを間違えて気づいたら松戸にいたことがあるのですが 今回は入念に調べてから向かったので、無事到着できました。

この日のお目当ては、6月に産まれたミルクちゃんとココアちゃんです。
1号舎で、お母さんのユーファ・お姉さんのひまわりと一緒に展示されていました。
とても可愛いのですが、見分けるのが難しい!
20181221_1
色が薄いのがミルク、濃くて尻尾が長いのがココア、尻尾が短いのがひまわり、尻尾のしましまがはっきりしているのがユーファ、だそうです。難しい!
顔だけでは判別できないので、撮影した写真を見てもどれが誰だかさっぱりでした。

20181221_2
しかしこの可愛さの前では名前なんてもうどうでもいいなと思いました。

20181221_3
20181221_4
この日はとても寒く、震えながら写真を撮っていたのですが、レッサーたちは元気いっぱい。
走り回ったり、じゃれあったり、細い木の枝に乗っては落ちるのを繰り返したり・・・
写真を見返すとほとんどぶれていました。ぶれても可愛いので問題はないですが。

自分の身体を犠牲にして、可愛いレッサーの写真をたくさん撮ることができました!
寒さに耐えられなくなったら、自然博物館に入るのがおすすめ。
カメなどを飼育しているところなので、すごくあったかいです。
また、カラスの巣なども展示してありました。ハンガーがいっぱい使われていて驚きです。
「動植物園」なので、もちろん植物園もあります。
動物園から少し歩いたところにあるのですが、寒すぎて行けませんでした・・・
5月中~下旬がバラの見頃とのことなので、その時期に行くのがいいかもしれません。

冬休みはぜひ市川市動植物園へ!

■レッサーパンダの関連記事
風太15歳!千葉市動物公園に行ってきました
茶臼山動物園に行ってきました

↑このページのトップヘ