日本綜合経営協会スタッフblog

創業44年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

ハリー・ポッター

若草物語です。
先日、征夷大将軍に「渋谷でハリポタのイベントをやっているらしいよ」と教えてもらいました。
ポッタリアンとしてこれは行かねばなるまい!と思い、その日の夜に二人で行ってきました。
20191122-2
イベントは、「『ハリー・ポッターと賢者の石』書籍出版20周年記念 魔法ワールドフェア」。
※残念ながら11/20に終了しています。
クイズに挑戦し、全問正解ならマグカップが、間違えても参加賞のステッカーがもらえます。
さらに問題が出ている画面をフラッシュ撮影すれば、選択肢が2つに絞られるのでより簡単に!
私たちももちろん(ちょっと悩みながらですが)全問正解することができました。
しかし、18:30頃には先着200名の景品は無くなってしまっていました…さすがの人気。
20191122-3
会場には、ハリー・ポッターシリーズの翻訳を担当した松岡佑子さんの原作本の展示も。
原作者・J.K.ローリングさんのサインとメッセージが書かれています。
ボロボロで付箋だらけの本から、松岡さんの情熱が感じられますね。
ローリングさんもこの本を見て大変喜び、「こんなにひどい状態の本は見たことがない。すてきだわ!」とメッセージを書いてくれたそうです。

ハリー・ポッターといえば!!!
年末(12/28-29)にシネマ・コンサート第3弾『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』が開催されますね。
待ちに待っていました。アズカバンの曲が一番好きなので…
東京国際フォーラムホールAのあの大きな会場で、生演奏で、またあの貴族のような体験ができるかと思うと楽しみで仕方ありません。
チケットも絶賛発売中!とりあえずS席を1公演分確保しましたが、追加購入を検討中です。

2019年のコンサート納めはぜひハリポタで!

■関連記事

レイブンクロー出身の若草物語です。
得意教科は魔法生物飼育学です。
(意味がわからなかったらごめんなさい)

8/10と8/11の2日間、シネマ・コンサートに行きました。
上映作品は『ハリー・ポッターと秘密の部屋』。ハリー・ポッターシリーズの2作目です。
感想を一言で言いますと、とてもよかったです。最高。
普段iPodで聴いているものが、目の前で演奏されている!しかも映像もある!
2日目のラストは泣きました。感動と、終わってしまう悲しみで泣きました。

ストーリーに触れると、観たことがない・観たけど忘れてしまったという方にとっては
なんのこっちゃですので、あまり触れずに感想を書きます。

・ティンパニがかっこいい
あの、4つくらい大きい太鼓があって、その真ん中に奏者が立っているアレです。
アレがかっこよかったです。あの真ん中は聖域です。気軽に入ることはできませんね。

・ジャパンスネークセンターに行きたくなる
この映画には、ロン曰く「20メートルくらいある」巨大な毒ヘビが登場します。
その大きなヘビをじっくり見ていたので、すごくヘビを見たくなりました。
群馬県に、日本で唯一のヘビのテーマパーク・ジャパンスネークセンターがありますので
いろんなヘビを一度に見たいな~!首に巻きたいな~!というときはぜひそちらへ。

・貴族かな?と思う
私が行った東京公演は、東京国際フォーラムのホールAでおこなわれました。
国際フォーラムの中でいちばん大きなホールです。
そして東京フィルハーモニー交響楽団の生演奏。
こんなに豪華な状況があるでしょうか。
これは貴族の遊びだなあと思いました。

本当に、素敵な時間を過ごすことができました。
おそらく来年あたりには、3作目の『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のコンサートが
開催されるはずです。

今回は2日ともA席だったのですが、もっと近くでオーケストラを見たい!という欲が
生まれてしまったので、次回はぜひS席のチケットを購入したいですね。
動物園も月1にして、これからも節約生活を続けようと思います。

20170821
余談ですが、USJのホグワーツではレイブンクロー(青・左から2番目)の点数が最下位なので
もっと頑張ってほしいものです。

次回、茶臼山動物園

↑このページのトップヘ