日本綜合経営協会スタッフblog

創業44年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

オリンピック

落武者(前世)です👹
先日、弊社お客様ご主催での、柔道家・古賀稔彦先生のご講演を聞いてまいりました!


控室へのご案内直後、主催者様に用意していただいた色紙数枚にサインをされる古賀先生。
このサイン色紙は、ご講演中に質問に答えてくださった方へのプレゼント用にとの先生のご希望。
こちらも毎回大好評をいただいています✨

最初に、古賀先生の現役時代の映像(バルセロナ五輪で左膝を痛めながら金メダルを掴み取った経緯、現役引退後の子どもたち・後進選手への指導のようす など)を皆様にご覧いただいた後、ご登壇いただきました。
20190509 (2)
古賀稔彦先生のプロフィールと講演依頼はこちら

「天才」とはどういう人のことか。
一般には、普通ではできないことをやれた特別な人間のことだと思われがちだが、先生は「天が与えた才能」だと考える。
誰かよりも少しだけ走るのが早い、優しい気持ちが多い、気遣いができる 等・・・
それらも人間ひとりひとりが隠し持っている才能の一つ。

自分の才能を引き出すために必要なこと・・・それはずばり「挑戦」。
でも、挑戦する前に他人の言葉を聞いてしまったり、自分自身で諦めたりして、答えを出してしまうケースも。
しかし、“頭の中だけで出した答え”と“挑戦したあとの答え”とでは、全く違うものになることが多い。
頭の中だけでは努力や苦しさ、喜びや感動を実感することはできない。
実際に挑戦することで初めて努力をすることの大切さを学び、また仲間も得ることができる。

自分の夢を実現することができた人に共通する「性格」と「考え方」がある。
まずは「性格」で大切なことは、人間誰しも持っている「欲」を表に引き出して努力すること。
努力とひとことで言ってもその人のさじ加減が出るもので、夢を実現する人は「もっとやり方があるんじゃないか?」「もっとこんなことをやったら、こんな自分になれるんじゃないか?」と、人の2倍・3倍の努力をする。
つまりチャンスも、他人の2倍・3倍手に入るということ。
「もっと、もっと」と1%でも積み重ね、“101%の自分”に日々挑戦していくことが、自らの成長につながる。

「考え方」については、自分の「欠点」を素直に認めることが大切。
人間、周りのいい言葉は素直に聞き入れるが、耳に痛い指摘などは素直に受け入れられないもの。
自分の長所を十分に磨きつつ 欠点も克服していくことで、自分の真価が問われる。


古賀先生は2000年に現役を引退した時「死ぬまで柔道家として汗を流していたい」と考え、柔道場つきのマイホームを建てられたのだそう!
そして「古賀塾」という町道場を開塾。現在、幼児からお年寄りまで 約100名の生徒さんがいる。
塾では ・挨拶が大きな声でできる・困っている人を助ける・逆に自分が助けられたときには感謝の気持ちを伝える …等といった、「当たり前のことを当たり前にする」大切さも教えている。
これは、柔道の父・嘉納治五郎氏が説いていた「精力善用」「自他共栄」の精神にもつながること。
加えて こうしたことを子どもに教えるときには、ただ強制するのではなく、大人が正しい手本を見せるのも大切だとおっしゃっていました。

今回のご講演でも、時折先生自らサイン色紙をプレゼントされつつ、笑いもある和やかな雰囲気で進行。
(お客様の中に柔道経験者の方もおり、大変お喜びいただけました☺)
最後は、皆さんそれぞれの夢に向かってがんばってください!とエールを贈られ、締められました。


ご講演前後には私たちとも楽しくお話してくださり、お話ししているだけで明るい気持ちになれるようなパワフルな先生です!💪
さすが柔道家、大きくハキハキとしたお声であることに加え、抑揚もある聞きやすい語り口で、講師としても大ベテランでいらっしゃいます。

こんにちは超人ハルクです!
9月中旬のこと、弊社お得意様ご主催による田中雅美先生のご講演を聴いてきました。
20181018_1
田中雅美先生のプロフィールと講演依頼はこちら
 
今回のテーマは「競技人生で培われた人間力」

講師紹介DVDを2分半ほど上映し、登壇、「2年後の東京オリンピック時、スポーツ選手はこんな風にスタートラインに立っているのかな、と何かを思うきっかけになって頂けたら嬉しいです」と講演スタートです。

最初のオリンピックは、1996年に17歳で出場したアトランタ。
オリンピックにはよく魔物がいると言われるが、一種目目の時に自分自身もその魔物にのまれたような感覚(全然違う空気)を味わった。

日本では大会会場としてよく辰巳国際水泳場が使用される。
ここは観客が5000人ほど。一方、オリンピックとなると、1万5000~2万人の観客数。

2万人の歓声は、振動として全身に降り注ぎ(ぴりぴり・ちりちりという感覚)、結果、200m平泳ぎで自己ベストを出したものの、5位。

表彰台に上がっている選手は皆キラキラしていて、「絶対もう一度オリンピックの舞台にたち、メダルを取る」という目標を明確にしてもらったのが最初のオリンピックだった。

次のオリンピックは、2000年のシドニー。
自身にとっては非常につらく苦しく、今までで一番挫折感を味わうものだった。

選考時、予選・準決勝・決勝と全て日本記録を更新、200mは世界歴代2位を記録、メダル確実と言われる注目の代表選手となった。

しかし、選考時をピークとし状況は一変。
うまく泳げなくなり、プールに行くのも怖いと感じ、そのままオリンピックを迎えることに。結果、100mは6位、200mは7位。
「水泳なんて楽しくない、努力は無意味、もう辞めよう」と個人レースを終えた。

ただ一つレースが残っていた、それが400mのメドレーリレー。
日本水泳界の女子の中で初めてメダルが獲れるかとれないか、ドイツと接戦だった。

本番直前「自分のせいでメダルがとれなかったら、どうしよう」と不安に襲われた。
そんな不安に気付いたチームメイトの大西順子先輩が、「この4人なら絶対にメダル獲れるから!とにかく思い切って自分のレースをしてくればいい!」と声をかけてくれ、不安が消え、結果銅メダルを獲れた。

自分にとって、仲間の大切さや周りの人のおかげで自分が立っている事に気付かせてもらった2度目のオリンピックだった。

その後、水泳をやめようと思ったが、全国からお手紙や特産品が届き、たくさんの人から応援をしてもらっていたことを実感。「このまま終わってはいけないのではないか、もう一度やりきって終わるべきじゃないか」とアテネを目指すことにした。

しかし、アテネまでの道のりはとても辛いもので、泳ぎながら涙が出るときもあった。
中でもアスリートにとって、自分を信じ続けるというメンタルの維持が最も大変である。

そんな時、支えてくれたのが周りの人たち。印象的な言葉が二つある。

一つは、水泳をやめたいと泣きながら実家に電話した時の母の言葉。
「頑張ったね、もうやめていいよ、と親としては言ってあげたいけど、自分がアテネまでやると決めたのだから、最後まで泳ぎ切りなさい」。
諦めてはいけないとハッと気付かされた。

もう一つは、メンタルに波があったアメリカでのトレーニング中のコーチの言葉。
「次のレースで泳ぎ終わった後、一番最初にやることは電光掲示板のタイムを見ることではない。100%の力を出し切れたか自分の心に聞くことだ」。
日々の100%の積み重ねが、タイムとなり、結果となる。
この言葉は、今も日々何かに向き合うときに軸となっている教えである。

こうして迎えた2004年のアテネ、最後のオリンピック。
200m平泳ぎは4位。3位との差は0.05秒。距離としては約2cm。
このわずかな差でメダルをとることができなかった。

今でも、オリンピックの度に、メダルコンプレックスはある。
ただ、アテネのレースで泳ぎ終わった時、幸せだと思った。
悔いなく、水泳を引退し、次のステップに進もうと思えたオリンピックだった。

最後に、数人からの質疑にも丁寧にお答えいただき、終了となりました。

ご講演中には、オリンピックを身近に感じてもらいたいと、メダルを聴講者に回して見せて頂けました!皆さん首にかけたり、写真に撮ったりと、とても嬉しそうでした💜

ちなみに回ってきたメダルがこちら💡 持ってみると意外と重たく❢
20181018_220181018_3
   
田中先生は、4月~放送していたTBSの日曜劇場「ブラックペアン」にもご出演されており、「観てました!」と伝えると、「一緒に出ていた子役の子がとっても可愛くて~😊」と、とても気さくにお話くださいました💕

12月には「TWO BOX」という舞台にもご出演されるそうです✨楽しみですね❢

田中先生のような凛としたオーラの素敵な女性になりたいなと思いました✨
お会いできて、とても嬉しかったです😊

こんにちは、落武者(前世)です👹
今週から、今年度の新入社員もブログデビューとなりました🎊
個性豊かな新人さんたちの活躍にご期待下さい・・・😄

さて、今回は柔道家の古賀稔彦先生をご紹介します💁

■2019.5追記 古賀先生のご講演を聞いてきました!
 【ご講演レポート】柔道家・古賀稔彦先生 五輪メダリストに学ぶ、夢を叶える方法とは?

古賀先生は 皆さまご存知の通り、1992年バルセロナ五輪での金メダル獲得をはじめ、
世界大会で大活躍された柔道家です🏆✨
その活躍ぶりから「平成の三四郎」の異名をとるほど!
2000年に現役引退後も、指導者として日本の柔道界を牽引。
昨年開催されたリオ五輪での 日本人選手のメダルラッシュも記憶に新しいかと思います。
日本発祥の競技として長く注目され続けていることもあり、
古賀先生へのご講演依頼も多数いただいております🙏


先日も、弊社お得意様ご主催の会合にて「夢の実現 ~挑戦することの大切さ」と題しての
ご講演をお願いさせていただきました。
主催ご担当者様にも「はっきり・ゆっくり、抑揚のある語り口でとても聞きやすいお声で、
また客席とのコミュニケーションも取りながらお話いただき、たいへん良かったです!」と
お言葉をいただくことができ、大成功でした😆🌟

現役時代、バルセロナ五輪出場の際、靭帯のケガを抱えながらどのように金メダルを掴み取ったのか?
そして現役引退後は、どのように子どもたちや選手を指導してきたのか?
自己紹介代わりにDVD映像も見ていただきながらの講演ですので、
先生の現役時代をご存じの方はもちろん、若い世代の方が対象の講演会でも
共感しながら聞いていただけるかと思います。
さすが武道家、挨拶の大切さなどもお話に入りますので、
学生さん対象の講演会には特におすすめしたいです😉

金メダリストの古賀先生から、「夢を実現する方法」についてお話を聞いてみませんか??
お問い合せをお待ちしております😊💜

こんにちは、南町奉行です|´ω`)
通勤途中にある木がまだまだ真っ赤に染まっている影響で、
11月の気分から全く抜け出せません(;・∀・)

12月ってこう、もっと視界から寒々しいイメージが……。
季節ギャップにはいつ慣れるでしょう(笑)

さてさて今日は、萩原智子先生のご紹介です(=゚ω゚)ノ★
萩原智子先生のプロフィールと講演依頼はこちら

萩原先生は「ハギトモ」の愛称でお馴染みの元競泳選手です。
リオオリンピックの解説も行っていたので、
テレビでよく見たよーって方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
元スポーツ選手も、講演している方は多いんですよ(`・ω・´)

シドニー五輪に出場し、200m背泳ぎ4位、200m個人メドレー8位入賞。
日本選手権で史上初の4冠達成後、一度現役を引退するも、5年後に復帰。
その後、日本代表に返り咲くものの、オリンピック前年に病気発症。
ロンドン五輪代表選考会の女子自由形で決勝進出し、再度引退を決意……など、
波瀾万丈な現役時代だった萩原先生。

その経験談は会を選ばす感動的と評判✨
すらっとした長身と爽やかな笑顔でお人柄も文句なし!
テレビで見かけるスポーツ選手のお話を、一度聞いてみませんか?

参考テーマはコチラ↓
○目標達成の極意~私の水泳人生から~
○笑顔のアスリート学
○私が向き合う私の人生~いつも笑顔で~
○トビウオJAPAN強さの秘密
○チーム力~私の水泳人生から~

お問い合わせお待ちしております!

余談ですが、、、萩原先生の公式クックパッドなんてあるんですね……! お料理上手!
小さなお子さん用のレシピが多いみたいで(*´ω`)ホッコリ

リオオリンピック真っ最中!熱い日が続いてますね(‘ω’)ノ
皆さまいかがお過ごしでしょうか!営業事務の超人ハルクです。

体操男子・団体、金メダルひゃっふー\(^^)/💛
そのほかの選手の皆さんも大活躍、応援にも精が出ますね
 
ちょうど体操男子・団体が予選で4位となり、決勝進出が決まった時、
私のクライアント・愛知県内の団体の主催者様に、ある講師の方のご依頼を頂きました。

その方は、平行棒のオリジナル技モリスエの名で知られる
オリンピック体操金メダリスト 森末慎二さん
森末慎二先生のプロフィールと講演依頼はこちら
1月の新春講演会向けに、ご依頼をさせて頂きました。

お引き受け頂いたお電話☎で、
「中国と1点差なので、金メダルの可能性は十分にあります」と
事務所の方がおっしゃっており、お話通りの金メダルになりました(。・ω・。) ♡

ご講演にリオのお話を絡めてくださいとお願いしました!金・銀・銅メダルも見れるかも!?
タイムリーな時に決まって、ご講演後の主催者様の感想が今から楽しみです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

大好評な森末先生のご講演依頼、皆様からもお待ちしております!

リオオリンピック!引き続きみんなで応援しましょう٩(`・ω・´)و 

↑このページのトップヘ