日本綜合経営協会スタッフblog

創業45年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

【お知らせ】新型コロナウイルス 感染拡大防止のための弊社業務体制について(2021/1/5更新)
2020年4月1日(水)より、全社で在宅勤務の体制を取っております。
2021年1月12日(火)からの弊社業務体制について:詳しくは[ 弊社HP ]を御覧ください

おうち時間

どうも征夷大将軍です。
ちらほら桜が咲き始め、なんとなくうれしい気分になります。

お米をつくりはじめたといってもゲーム内です!
久々?にSwitchで新しいタイトルを遊ぶことに
それは発売当初話題になった『天穂のサクナヒメ』です。

簡単なあらすじー
神の世界で苦労なく過ごしていたサクナの軽率な行動により、神界に迷い込んだ人間たちを都へ侵入させてしまい、ある事件を引き起こました。
その罰として人間たちとともに、鬼が出る島でお米をつくることに…

なぜ話題になったのかというと、農林水産省の公式HPが実質的な攻略だと言われるほど、稲作の工程が本格的なつくりになっていたからです!
一部のショップでは売り切れになるほど。
それもそのはず、開発までに5年もかかったそうです。。

その本格さがわかるものとして、大泉洋さんなどで結成されたTEAM NACSのリーダー森崎博之さんがYouTubeでがちな実況をしているので、ご覧頂ければと思います!
ごはんソムリエを取得され、食に詳しい森崎さんの知識も凄いのですが、森崎さんのテンションがあがるほど、すさまじい内容になっているようです!
(ゲームの最初では使える道具や工程がだいぶ古く、知識がない私には分からない言葉がたくさん出てきます‥)

遊んでみると、まずグラフィックがきれい!そしてお米づくりは大変!
20210319-1 20210319-2
もくもくとお米づくりです‥
稲が育ったらしっかり乾燥させて、脱穀→籾摺り(手作業)して、苦労してつくるけれど本当に数量のお米しかできません(泣)
20210319-3
ちなみにサクナヒメはお米づくりだけが仕事ではありません!
(楽な生活から一転ブラックです。)
今サクナと人間たちの住む島には鬼がたくさん沸いています。
その駆除もサクナの役目!鬼を倒して行動範囲を広げていきます。
20210319-4
米をつくってお腹が満たされれば強い力を発揮して、強い鬼にも立ち向かえるのですが、
私のお米ではまだまだ!
なのでこれからは肥料も加え、手作業から道具に変わり、栄養あるお米を大量につくっていくことになるでしょう。(どこが終わりなのか想像つきません、、)
地道に頑張っていきたいと思います!!

若草物語です。
最近また家にいる時間が増え、何か時間をつぶせることはないかな~と思っていたところ
急に「羊毛フェルトをやってみよう!」と思い立ち、百均へ行って一式買ってきました。
20210212-1
必要なものはキットにほとんど入っています。一緒に専用マットも購入しました。
まずは羊毛を色やパーツごとに分けて、そこからはずっとチクチクチクチク刺していくだけ。
20210212-2
クジラの胴体など大きいものは問題なく進められましたが、尾びれなどの小さいパーツが難しい!
指でこねて小さな毛玉のようなものを作ってからひたすらチクチク刺していきます。
形が整うまで結構時間がかかりました。細かい作業は好きですがかなり大変でした・・・
20210212-3 20210212-4
2日かけてようやく完成!目安所要時間は2.5時間~とのことですが、8時間くらいかかりました。
本当はクジラの白目もつけないといけませんが、上手につけられる自信がなかったので
そこだけ諦めました・・・
一番緊張したのはアザラシの顔です。かなり慎重にやったので可愛くできたと思います!
アザラシが抱えている魚も大変でした。魚の目が小さすぎて心が折れかけました。

初めてにしては上手にできたのではないでしょうか!?
小学校の手芸クラブで鍛えた腕を発揮できてよかったです。
また時間ができたら別の動物にもチャレンジしてみようと思います!

若草物語です。
私の趣味の一つは観劇なのですが、今は以前のように楽しむことができない状況・・・
しかし、そのような中でも工夫を凝らして舞台を作っている方もたくさんいらっしゃいます。
大変幸せなことに、先月は2回観劇する機会がありました。
一つは映画館でのライブビューイング上映、もう一つは自宅でのオンライン観劇です。
今回はオンライン観劇の感想を書きたいと思います。

作品は、ほとり企画さん主催の「劇的茶屋」より『謳う死神』。
「劇的茶屋」は、お茶とお菓子とともに配信を楽しむという珍しいスタイルの演劇。
チケットを購入する際、松竹梅3種類のお茶とお菓子のセットを選ぶことができます。
20200904-1
届いたお菓子は公演前にみんなで一緒に「いただきます」をしました。おいしかったです。
前説が終わると上演開始。リアルタイムで他のお客さんのコメントが流れてくるのも新しい。
(最初はPCで観ようとしていたのですが、コメントが多いと映像が止まってしまったので
 メインの映像はスマホで、コメントはPCで、という変な視聴スタイルになりました)
今回観た『謳う死神』は、古典落語の『死神』を現代風ミュージカルに仕立て上げた作品。
※『死神』といえば、以前安全大会で三遊亭道楽師匠が披露されていた演目ですね!

オンライン舞台はこれまで2作品観たことがあったのですが、劇場でやる予定だったものを
感染拡大に伴いオンラインに切り替えた、という形でした。
しかし劇的茶屋さんは配信前提。稽古から上演まですべてをリモートでおこなっています。
キャストさん同士も初共演の人とはまだ会ったことがないとか。すごい。
20200904-2
20200904-3
配信ならではの工夫もたくさん取り入れています。
画面の配置で登場人物が向かい合っているように見せたり、場面によって背景画像を変えたり。
オンライン作品でここまでできるのか!と驚きました。
画面で見るからそこまで迫力はないかも…と思っていましたが、そんなこともなく。
特に歌はリモートとは思えない迫力!私のミュージカル欲が満たされました。
 

演劇を始め、いろいろなところでオンラインの試みが広がっていますね。
もちろん弊社からも【オンライン講演】のご案内が可能です!

ぜひお気軽にご相談くださいませ!

若草物語です。
「とびだせ どうぶつの森」通称とび森を始めて4か月が経ちました。
20200817-1
8月に入ると、毎週日曜日の花火大会をはじめ夏のイベントが盛りだくさんです。
現実世界で見れない分、ゲームの中でこういったイベントを楽しめるのは嬉しいですね。

さてさて、どうぶつの森での日課の一つに「化石の発掘」があります。
その日もいつものように化石を持って博物館へ向かいました。
博物館館長のフータに鑑定をお願いしたところ、「スズキリュウのあたま」とのこと。
まだ博物館には無い化石らしいので、そのまま寄贈することにしました。
20200817-2
20200817-3
これが最後の一つだったようで、化石が全部そろったと大変喜ばれました。
村長としては嬉しい限りです。
20200817-4
20200817-5
さっそく展示室を見に行けば、フタバスズキリュウの全身が解説とともに飾られていました。
国立科学博物館並みの立派な展示です。こつこつ集めてきてよかったです。

博物館には化石のほか、虫・魚・美術品も展示されています。
そちらのコンプリートはまだまだ時間がかかりそうなので、ゆっくり進めていこうと思います。
ちなみに今はゲジを捕まえるために村を走り回っています。
こんなにゲジの出現を願うのは人生で初めてです・・・早く捕まえたいです。

皆様も今こそとびだしてみませんか!?

外ではセミが大合唱しています。
電話口からセミの声が聞こえたら王かもしれません。
こんにちは、ものまね四天王です👸

夏真っ盛り、暑い日が続いていますが皆さまいかがお過ごしでしょうか?
できるだけ涼しいおうちの中で過ごしたくなりますよね…
そんなときにおすすめなのがこちらのリアル脱出ゲームブックです!
20200811
王は今年のGW、お家時間を過ごすにあたって任天堂Switchの購入を考えたのですが
みんな考えることは同じでなかなか買えず抽選に外れる日々を送っていました😂
そこでおうち時間のお供に選んだのがリアル脱出ゲームブック!

リアル脱出ゲームといえば以前はよく、同期やお友だちと街中や専門でやっている施設へ行って参加していましたが、
おうちで!しかも本で!?とは初めてのチャレンジでした!
謎解きに使うキットも同封されていて、実際のイベントさながらワクワクしながら読み進められます。
内容もただのお話ではなく、自分で調査をしながら読み進めます。
間違った回答を選ぶとゲームオーバーになることも…
ヒントがない謎もあるので、じっくり挑戦することができます🕵️‍♀️🌟

実は写真にある左の本はGWに最後の謎までたどり着いたもののそれが解けなくて今にい至るという…
ストーリーも忘れかけているのでこの機会にもう一度最初からやり直そうと思います!!!

最近は感染症の対策を取りながら施設等での脱出ゲームが再開しているようですが
みなさんもひと味違った謎解きにチャレンジしてみてはいかがでしょうか☺

↑このページのトップヘ