日本綜合経営協会スタッフblog

創業44年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

✍若草物語

若草物語です。好きな動物はレッサーパンダです。

急におそばが食べたくなったので長野でも行こうかなあと考えていたら、
茶臼山の人気レッサー・ロンくんとのふれあいイベントが3月末で終了というニュースが!
これを逃したら私はもう一生レッサーパンダとふれあえないのでは・・・
ということで、春分の日に茶臼山動物園に行ってきました。

茶臼山に初めて行ったのは2017年の夏。今回が2回目です。
(前回記事:茶臼山動物園に行ってきました
節約のため、東京から長野駅まで高速バスを利用。
お昼に駅前のおそば屋さんでかけそばを食べて、しなの鉄道で篠ノ井駅へ。
前回行ったときは、篠ノ井駅から「ZOOぐる」というバスが出ていたのですが、
11月初め~4月半ばはそのバスはお休みしているそうです。
タクシーに乗って動物園まで移動しました。

さて、ロンくんとのふれあいイベント「ロンくんのお散歩タイム」とは、
ロンくんを間近で見ながら飼育員さんのお話を聴くことができたり、
ロンくんと2ショット撮影ができたり、さらにはロンくんに触ることができたり!
という、レッサーパンダファンからすれば夢のようなイベントです。
2006年から続いていたこの人気イベントですが、ロンくんももうおじいちゃん・・・
体力低下などを理由に、3月末での終了が決定しました。

20190412-1
 20190412-2

時間になると、飼育員さんの肩に乗ったロンくんが登場。
器用に飼育員さんの肩や背中を歩き回って(?)いました。さすがレッサーです。
たまに飼育員さんの耳を甘噛みしたり、顔を舐めたり。大好きなのが伝わってきます。
川やガラスを隔てることなく、すぐそばにロンくんがいました。可愛い!

20190412-3

さらに、飼育員さんに抱っこされたロンくんのお尻や尻尾を触ることができました。
(可愛い顔をしていますが歯も爪も鋭いので、顔やお腹を触るのは危ないそうです)
私はずっと触ってみたかった尻尾を触らせていただきました。
毛は硬めですがフワフワしていました。この感触は絶対に忘れません・・・

20190412-4


最後はロンくんとの写真撮影。さすがロンくん、ばっちりカメラ目線をきめてくれました。
長年お散歩タイムを続けてきたロンくんは、カメラ目線ができるようになったそうです。
もうこの子はプロのアイドルレッサーですね。
全員との写真撮影を終えたロンくんは、飼育員さんの肩に乗ってお部屋へ帰っていきました。

久しぶりの茶臼山動物園でしたが、一生の思い出になりました。
ロンくん本当にお疲れ様でした!ありがとうございました!
今後の展示方法は未定とのことですが、いつまでも可愛く元気に過ごしてほしいですね。

茶臼山動物園にはロンくん以外にもたくさんのレッサーパンダが飼育されています。
ゴールデンウィークは茶臼山で“推しレッサー”を探してみては!?


■レッサーパンダの関連記事

若草物語です。好きな大学は東京大学です。
先日、東京駅に行く機会があったので、インターメディアテクに行ってきました。

インターメディアテクは、東京駅丸の内南口からすぐのKITTE内にあります。
日本郵便と東京大学総合研究博物館が協働で運営しており、なんと入館が無料!
金曜日は20時まで開館しているので、お仕事が終わってからでも行けます。
20190314

展示されているのは、東京大学が保管している学術標本や研究資料など様々。
1ミリくらいの小さな虫の標本から、体長数メートルのミンククジラの骨格標本まで!
生き物以外にも、ミイラ、彫刻、鉱物なども展示してありました。
実際に研究の現場で使われていた展示ケースなどをそのまま使っているのも見どころの一つ! 
建物自体も旧東京中央郵便局舎なので、館内に入ると一気に雰囲気が変わります。
気のせいかもしれませんが、歩いたときの床の音も珍しく聞こえて、不思議な気分になりました。

20190314_2
館内は基本撮影禁止ですが、アカデミア(医学部講堂の階段教室)のみ撮影可能。
昔の東大生たちは、こういう場所に並んで座っていたんだな~と思うとドキドキします。

博物館が好きな方にも、アートが好きな方にもおすすめです!

若草物語です。
毎年ご依頼いただいております、弊社お得意様ご主催の新春講演会にお伺いし
初音家左橋師匠のご講演・落語を聴いてまいりました!

左橋師匠は、1979年に10代目金原亭馬生に入門。
その馬生師匠の師匠にあたるのが、現在放送中の大河ドラマ「いだてん」でビートたけしさんが演じている、5代目古今亭志ん生師匠だそうです。
講演では、師匠との思い出や前座・二ツ目時代のエピソードなどをお話しいただきました。

後半は落語を一席。今回は新春講演会なのでおめでたいお話の「妾馬」を。
主人公は八五郎という男。八五郎の妹のお鶴が殿様に見初められ、お世継ぎを出産。
その八五郎が殿様のお屋敷に呼ばれて・・・というお話です。
立派なお鶴を見て八五郎がしんみりとする場面は、聴いていて泣きそうになりました。
泣ける落語もあるんですね!初めて知りました!

最後は動物ものまねを披露してくださいました。
ヒヨコ、トノサマガエル、カッコウ、ウグイスなど、口からいろいろな音が出るので すごいな~不思議だな~と思いました。
(控室で音の出し方を教わったのですが、まったくできませんでした!)

終了後は、そのまま新宿末廣亭へ・・・お忙しい中、本当にありがとうございました!

もうそろそろ安全大会のご計画が始まる頃ですが、今年は落語なんていかがでしょうか?

若草物語です。好きな食べ物は卵料理、生ハム、値段が高いものです。

ブログ何書こうかな~と思い写真フォルダを漁ってみたら、いろいろなお店のオムライスを食べていることに気づきました。
ここで一度、今までに食べたオムライスを振り返ってみようと思います。

◎ラシーン(西新宿)
201902018_1
かにかまちゃんとランチで行きました!ありがとう!
石焼手ごね牛100%ハンバーグステーキがメインのお店でオムライスを頼みました。
見た目がとってもオムライスですね。卵は薄めで、包むタイプです。
トロトロも好きですが、やっぱりこういう王道オムライスも好きです。

◎MOUTON(新宿三丁目)
 201902018_2
ハルク先輩に連れて行っていただきました!ありがとうございます!
ずっと気になっていた白いオムライス(※要予約)です。美しいですね。
ナイフを入れたら黄身がトロ~ッして、それはもう素晴らしい見た目になります。
ぜひ実際に見てほしいです。本当に素晴らしいので・・・

◎イタリア食堂 ブラーボ(新宿三丁目)
 201902018_3
お友達と一緒に、スクールアイドルの女の子たちがイタリアに行く映画を観たあと
「とにかくイタリア感のあるお店に行きたい!」と思って行きました。
新宿ピカデリーの裏にあるお店です。
リゾットオムライスが気になったので注文しました。
今までに食べたことのない、新しいタイプのオムライスでした。

◎リストランテ ワイン屋(西新宿)
201902018_4201902018_5
先輩Kさんとのランチで連れて行っていただきました!ありがとうございます!
1日10食限定のホワイトオムライスです。
3種類のソース(トマト・ブラウン・チーズ)がついているのもグッドですね。
トロ~ッと開くはずが、下のほうまでナイフを入れたせいで 見た目が気孔みたいになってしまったのもいい思い出です。

さすが新宿、いろんなオムライスがありました。どのオムライスもおいしかったです。
おいしいオムライス情報をお持ちの方、ご連絡をお待ちしております。

若草物語です。
最近寒い日が続くので、なかなか動物園に行けません。
あんまり寒くない(屋内展示が多い)動物園を探してみたところ、
足立区生物園がよさそうだったのでさっそく行ってきました。

最寄駅は東武スカイツリーライン・竹ノ塚駅。そこから20分歩けば到着です。
バスに乗れば徒歩5分くらいで着きますが、せっかくなので歩いて向かいました。
20分も歩けばあったまるだろうと思っていたのですが、全然あったまりませんでした。
寒くない動物園に行くつもりが、たどり着く前にヒエヒエになってしまいました。

しかしたどり着けばこっちのものです。特に大温室は最高でした。
20190201_1
暖かい上にチョウがいっぱい飛んでいて、天国みたいな場所です。

普通の観察展示室には、元気なコモンリスザルや脱皮前のビルマニシキヘビがいました。
20190201_2
20190201_3
第3日曜日にはニシキヘビと記念撮影ができるそうですよ!
首に巻きたい方は第3日曜を狙ってください!

20190201_4
大水槽では金魚がいっぱい泳いでいました。この華やかさ。

もちろんふれあいコーナーではモルモットを抱っこできますし、
ヤギやヒツジにエサをあげることもできます。
その他プログラムもたくさんあります。たくさんふれあえますね。

動物も虫も魚も全部みたい!と思ったら、ぜひ足立区生物園へ!

↑このページのトップヘ