日本綜合経営協会スタッフblog

創業45年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

【重要なお知らせ】新型コロナウイルス 感染拡大防止のための弊社業務体制について(2020.5.19更新)
2020年4月1日(水)より、全社で在宅勤務の体制を取っております。
また5月21日(木)より会社休業日・営業時間にも変更がございます。
※より詳細な情報は[ 弊社HP ]を御覧ください。

✍若草物語

若草物語です。
今、「あつまれ どうぶつの森」通称あつ森が人気みたいですね。
私の周りでも征夷大将軍をはじめほぼ全員がプレイしています。
私も動物の住民たちと交流したい、でも新しくSwitchを買うほどでもない・・・
そこで、数年前に発売された「とびだせ どうぶつの森」を始めました。

「とびだせ どうぶつの森」通称とび森は、2012年発売のニンテンドー3DS用ゲームソフトです。
前作までは住人の一人として村での生活を楽しんでいたわけですが、
とび森ではなんと、引っ越していきなり村長に任命されてしまいます。
村長として村を整備しつつ、自分好みの素敵な村を作り上げることが大きな目標です。
20200615-1
私も4月から村長として毎日忙しい日々を送っています。
世間があつ森を楽しんでいる中、私と落武者先輩はひっそり村長として働いています。
(落武者先輩もかつて村長を務めており、私が始めるのと同時に再開していただきました!)
ときどき通信してお互いの村を行き来しています。
20200615-2
さて、6月に入ると村ではいろんな虫が捕れるようになりました。
高く売れるチョウやクワガタなどが出現するため、お金を稼ぐチャンスです。
夜になっても昼ほど多くはないですが虫がいます。その中のひとつがタランチュラ。
村を歩いていると突然出てくるので、かなり驚きます。真っ黒な影が怖い!
恐ろしいのは、アミを持っていると襲い掛かってくるところ。
噛まれれば気を失って目の前が真っ暗になってしまいます。
どうしてもタランチュラを捕まえたくて、暇な時間があれば村を歩き回っていたのですが
あちらも警戒心が強いので逃げられてしまったり、捕まえ損ねて噛まれてしまったり。
出現頻度もそれほど高くないので、一度も見つけられない日もあります。

金曜日の深夜3時。ラジオを聴きながら村をウロウロしていると、タランチュラが出現!
20200615-3 20200615-4
アミを構えてゆっくり近づきましたが、あっさり噛まれてしまいました。
タランチュラの活動時間は19時~4時の間だけ。この日は一度しか遭遇できませんでした。
そして翌日の夜。同じ場所でまた遭遇!アミを構えて、位置を調整して・・・
 20200615-5
捕まえました!やったー!

・・・こんな感じで、とび森を楽しんでいます。
そして今週の土曜日はムシとり大会。村長として優勝を逃すわけにはいきません。
前回のつり大会に続き、必ずきんのトロフィーを手に入れたいと思います。
皆様も今こそとびだしてみませんか!?

若草物語です。
家で過ごすことにも慣れてきましたが、あいかわらず時間を持て余している今日この頃、
巷でブームになっている「オンライン飲み会」なるものをやってみようということになり
落武者(前世)先輩・かにかまちゃんにお付き合いいただき開催しました。

飲み会というからにはお酒と料理が必要です。
3ヶ月に一度、間違い探しのためにサイゼリヤに行っている私たちなので
それぞれでサイゼリヤのメニューをテイクアウトすることにしました。
20200515-1
落武者先輩は、柔らか青豆の温サラダ・牛すね肉のラグーソースパスタ・プチフォッカ。
写真を送ってもらいましたが(↑)、お手製のピクルスもあります。豪華ですね。
かにかまちゃんも、柔らか青豆の温サラダ・プチフォッカをテイクアウト。
私は、セロリのピクルス・マルゲリータピザ・チョコレートケーキ。これで870円でした。
ちなみにこの3品をお店で食べると897円。もともと安いのにさらに安くなるとは・・・
20200515-2
背景画像はサイゼリヤの公式サイトで配布されているオリジナル壁紙を使いました。
絵画があるとサイゼリヤ感がグンと上がりますね!
乾杯して少しおしゃべりした後は、サイゼリヤ感をさらに上げるため間違い探しにも挑戦。
子ども向けとは思えないほど難しいと話題のサイゼリヤの間違い探しですが、
こちらも過去~最新の問題が公式サイトに掲載されています。
慣れている我々でも、最後の1個を見つけることができないレベルの問題もありました。
まだまだ修業が足りないみたいです・・・

あまり外出できない今、お店の味を自宅で食べるのは新鮮で楽しかったです。
早くお店でプロシュートを食べられる日がきますように!

若草物語です。
先月、京都に行ってきました。
おそらく初めての京都だったので、京都っぽいことをしたいと思い計画を立てました。

まずは、清水寺の近くのきよみず亭さんでそば打ち体験です。
最初に教えてくれる先生が「そば打ちはスピードが命なのでスパルタでいきますよ」と・・・
と言いつつ楽しくやるんでしょ?と思っていましたが、結構本当にスパルタでした。
20200325-1
まずは石臼でそばの実を挽くところから。
自分の分だけだったのでそこまで大変ではありませんでしたが、大量にやるとなると
腕や腰が疲れそうな重さでした。ゴリゴリと粉が出てくるのは楽しかったです!
そこからは粉と水を急いでこねこねします。
先生から「もっと速く!」と言われながら、二人で交替してこねていきました。
丸い生地ができたらそれを平たく延ばす作業へ。
穴が開きやすい繊細な生地なので恐る恐る、でも急いで広げていきます。
結局途中で穴が開いてしまいましたが、そこまで酷くなかったのでセーフでした。
20200325-2
そして最後、薄っぺらい生地を折りたたんで細く切っていきます。
切るのは二人とも得意だったようで、スパルタな先生も「いいですね」と!
師匠にようやく認められた弟子の気持ちでした。
20200325-3
できあがったそばはすぐに茹でてもらい、昼食としていただきました。
すりおろしたわさびと一緒に食べましたが、自分で打ったおそばは格別でした!
見た目もいいし、そば打ちの才能あるのでは?と最後まで自画自賛していました。

そば打ちの後は、抹茶館でデザートの抹茶ティラミスを食べたり
カラフルで可愛いと評判の八坂庚申堂に立ち寄ったり
強力な縁切り効果があるという安井金毘羅宮でお参りしたり
鴨川で等間隔に座る人たちを眺めたり、お土産を買ったり。
なかなか京都っぽい観光ができたような気がします!
王道の観光ができたので、今度は京都市動物園や鉄道博物館にも行きたいです。

若草物語です。
先月、弊社専属講師白山晋先生のご講演を聴いてまいりました。
主催者様は医療機器関連団体様ということで、ご講演テーマは
ディープラーニングによる人工知能がもたらす医療診断の革新と人間の役割」。
ご講演ではテーマにある通りAIを使った医療診断の事例を挙げながらお話しいただきました。

★当社専属講師です!

まずは人工知能の歴史から。「人工知能」という言葉が生まれたのは1956年のこと。
それから人工知能は人間をまねるように発展してきました。
その流れの中登場したのがディープラーニングという技術です。
2012年、一般物体認識の課題(画像に写っているものを答える)でディープラーニングが
世界に衝撃を与えました。
他の技術を使った2位のチームのエラー率は26%、3位のチームも27%程度でしたが、
ディープラーニングを用いた1位のチームのエラー率はなんと15%。
それまでの記録を大きく上回る正確さで1位を獲ってしまいました。
その後も発展を続け、2015年頃には人間の能力を超えたと言われています。
さらにもっとも最近では1~2%になっているとのこと。エラー率5%程度の人間は完敗です。

そんなディープラーニングですが、医療現場での画像診断にも応用できます
今年1月「Nature」に掲載された論文によると、人工知能が人間(放射線科医)よりも正確に
乳がんの兆候を見つけることができたそうです。
それも、参加した放射線科医6名全員の成績を上回ったというから驚きですね。
今までも他の病気で人間より人工知能が正しく診断した事例はあったそうですが、
この研究ではエビデンスをもって(統計的に有意に)機械が勝ったことが示されたとのこと。
(ここまで来たのならもう人工知能に頼っていいのでは?と思わなくもないですが、
人命に関わることなのでそう簡単にいかないのが難しいところですね・・・)

「将来、人工知能が人間の職業を奪う」は間違いではありませんが、
完全に人工知能に置き換わることはなく、“人間の役割”は将来もあるとのこと。
まずは新しい技術を使ってみること、その上で導入するかどうかを判断したり
課題・解決策を見つけていったりすることが必要、とまとめられてご講演は終了となりました。

人工知能にはできない“人間の役割”とは?ご講演で実際にお聴きいただければと思います。
レポートでは内容もかなり省いておりますので、そちらもぜひご講演でお聴きください!

画像診断についての研究といえば、数年前、訓練されたハトが乳がんの画像を診断できたという
とても素敵な論文が発表され、「将来、ハトが人間の命を救うかもしれない!」と
大変嬉しく思ったのを覚えています。
そして今、人工知能が人間の命を救う未来にまた一歩近づいた気がします。
人工知能にもハトにも頑張ってほしいですね。

ご紹介したとおり、白山先生は主催者様に合わせた事例をお話に含めていただくことも可能!
内容については都度ご相談となりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

■関連記事
井上智洋先生


山田誠二先生


月尾嘉男先生

若草物語です。
先日、原宿にあるボタニストカフェに行ってきました。
名前の通り、シャンプーやトリートメントの「BOTANIST」のカフェです。

お店は明治神宮前駅7番出口からすぐ、1Fにはボタニスト製品が売られています。
いつもは1Fで買い物をするだけだったのですが、春限定のメニューがあると知り
2Fのカフェに一人でふらっと入ってみました。
日曜の夕方5時でしたが、すぐに座ることができました。
20200214
注文したのは「スプリングホットチョコレート」のピンク。名前も甘々です。
ピンクは上にいちごクリームが、ミルクはホイップクリームが乗っています。
いちごとチョコの組み合わせにハズレはないですね。おいしかったです。
とても寒い日だったので体があったまりました!
映画「パラサイト」を見てなんともいえない暗い気持ちになっていたのも少し解消されました。

ホットチョコレートは2月限定。3月からはアイスチョコレートが販売されるようです。
その他、スプリングバーガー、スプリングカルボナーラ、スプリングスムージーもあります。
どれもピンク色で見た目も可愛い!春限定メニューは4月12日(日)までです。

さらに1Fではサクラの香りのシャンプーやトリートメントなども販売中。
店員さんによると毎年大人気のシリーズで、まとめて買っていく方も少なくないそう。
私も2セット買いました。使うのが楽しみです。

春を感じたくなったらぜひボタニストカフェへ!

↑このページのトップヘ