日本綜合経営協会スタッフblog

創業46年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

【お知らせ】新型コロナウイルス 感染拡大防止のための弊社業務体制について(2021/1/5更新)
2020年4月1日(水)より、全社で在宅勤務の体制を取っております。
2021年1月12日(火)からの弊社業務体制について:詳しくは[ 弊社HP ]を御覧ください

✍征夷大将軍

こんにちは。征夷大将軍です。

先日、弊社お得意様ご主催の塚原利夫先生の講演に参加させていただきました。
今回は「21世紀、攻めの安全とは?~ヒューマンファクターの視点から~」のテーマで
90分お話してくださいましたので、その内容を少しご紹介いたします。

日本は狭い島国であるが、このように美しい川と山に囲まれた国はない。
村という存在の意義が強くなってきたころ、なにかあれば村八分で誰かを責め、処罰することで一件落着ということがあった。
生活環境の周辺に多くの川が流れていることから、日本人には水に流すことによってすべてがリセットできたような気になってしまうという民族性がある。

しかし、安全には攻めの姿勢が大事。受け身になったら負け戦となってしまう。
それはなぜかということについて話をしていきます、と講演スタート。


ヒューマンファクターという概念は、20世紀後半以降21世紀にかけて多くの業界へ普及していった。
最初に研究を始めたのは米国の航空宇宙。それが日本の同業界にも入ってくると、その後電力・原子力へも広がり、最近では医療業界へも広がっている。

この時代、物理的・技術的な問題はほとんど解決されており、安全の最後の砦となるのはそこにいる「人」
しかし「人とはいかなる生き物なのか」を知らずして対策は立てられない。
人には良いところもあれば脆弱な部分もあり、そこを見極めた上で対策を立てる必要がある。


人間はもともとホモサピエンスという。
サピエンスとは考えるという意味。人間は思考に基づいて行動する生き物である。
安全対策を立てるためには、まず人間の脳が持つ三つの基本的特性を知ることが大事。

第一の特性は、思考回路を使う場合一度に二つのことを処理できないということ。
ご飯を食べながら新聞を読むことはできても、新聞を読みながらラジオのニュースを聞くことは難しい。

よく不注意という言葉が使われるが、ヒューマンファクター的に考えると「非注意」である。
非注意とは、真面目に仕事をするあまり一点を見過ぎて周りが見えなくなること。
一方不注意とは、「ここ注意して!」と言われたがまあいいかとボーっとしていること。
よって非注意と不注意では立てる対策が異なってくる。

ここで子どもたちがバスケットボールのパス回しをしている動画を見たのですが、
真面目に見ているのに気づけないこともあり、これが非注意なのか! ということがよくわかりました。

塚原先生は「非注意という基本的な構造を理解して、安全・品質管理をしてほしい。これが一つの攻め方、武器(ツール)である」と解説してくださいました。

続いて第二の特性は、楽をしたがるということ
勝ち目のない相手とは戦わず、逃げて体力を温存するといったように、人間は生理的に楽をしたがるもの。一度に一つのことしか情報処理できないため、突発的な問題が発生した際いつでも対応できるようにと頭を空っぽにしている。
面倒なこと、勉強、考え事を苦手とする人がいるのは、もともと手抜きの原因が人間の特性の中にあるから。
つまり人間は誰しも手抜きをする生き物であり、どんな真面目な人間でも時と場合によっては手抜きをするものだと考えておく必要がある。

第三の特性は、脳は自己中心的に判断をするということ
人間は見るもの聞くものを都合よく判断している。
例えば『本町』の読み方。「もとまち」?「ほんちょう」?『けいすけ』と聞いたとき、思い浮かぶ人物は誰?
それぞれ人によって答えが異なるのは、人が脳内の参考書にある物事だけで判断をしてしまうから。知らないものは情報として処理できず、自分に都合よく判断してしまう。
これがいわゆる思い込み。

では以上三つの特性を踏まえたうえで、何故ヒューマンエラーは発生してしまうのか?
ここでヒューマンファクターの基礎的なモデル『M-SHELモデル』をご紹介いただきましたが、文字だけでは伝わりにくいため、詳しくはご講演でお聞きください。


エラーは、その人にとって会社の環境や対人など様々なことが良くない/合っていない(不適合である)ために誘発されるもの。
そのため常に良い(適合)状態を維持できれば、エラーは少なくなる。

これを講演中の塚原先生ご自身に例えると…。
当日の会場は暑くもなく寒くもなく、適合状態だった。
しかし話しているうち体温が上がって暑くなり、不適合状態に。
ここで先生にとって良い環境=適合状態へ変えるためには、エアコンの温度を下げるなどの選択肢がある。だが暑いと思っていない人や座っている参加者にとっては寒くなってしまい、逆に不適合な環境となってしまう。


ではどうしたらいいか?
先生ご自身が上着を脱ぐ・ネクタイを取るなどして、適合状態を維持すればいい。
これが先生の考える安全管理の鉄則。

エラー誘発の要因は取り巻く環境の不適合によるもの。エラーは原因ではなく、環境の不適合・落とし穴があったことにより誘発された「結果」である。
つまりエラーを起こしたことそのものに対して「気を付けろ!」と言うのではなく、不適合たり得る落とし穴を埋める、もしくはそこに通じる道を封じることが大事。
不適合を発見したらその時点で手を打つことで、結果であるエラーは起こらなくなるのではないか。
このことを先生はKKK(きづき・きががり・解消活動)と呼んでいる。

事故・災害は決して偶然発生したものではなく、必然的に生じたもの。
不適合に繋がる特定のリスクが十分に管理されていなかったことが要因。
そのため本当の再発防止とは、エラーそのものへの対策ではなく、エラーを誘発した背後要因・落とし穴に対策を立てることである。


他にもヒューマンエラーや攻めの安全について詳しくお話ししてくださり、
事故などの現場での危機管理、安全管理の成功例・失敗例もご紹介いただきました
これを『M-SHELモデル』に重ねて、そのエラーにはどんな対策が必要なのかを考えることで、より安全対策についての理解が深まります!

ちょっとしたダジャレを入れ笑いも交えつつ、動画や事例も盛り込まれているので、
あっという間の90分講演でした!
もし会社でお悩みのことがございましたら、詳細をご相談ください。
その問題に応じて内容をカスタマイズしてくださいます!

来年の安全大会での講師をお考えでしたら、是非ご検討いただければと思います。
お問合せをお待ちしております。



■塚原先生の過去ご紹介記事



■関連記事(安全大会におすすめ!講演レポート)
芳賀繁先生



矢部輝夫先生


天達武史先生


毎年思っておりますがもう12月!いたるところでイルミネーションが輝いていますね。
征夷大将軍です。

最近スイーツの記事ばかりですが、今回もスイーツの紹介!
あまり甘いものを食べないのですが、疲れですかね(笑)
というより、お茶を求めているのかもです!

今回は抹茶スイーツ。
池袋で友人と夕食を終え、まだ時間があったのでカフェを探していたところ、
おいしそうなディスプレイに惹かれ、『京はやしや』さんに即決。
席数はそんなに多くないようで、5分くらい待っての入店。

入る前にもメニューを見ていましたが悩み、お店に入ってからもだいぶ悩み、、、😔
元祖抹茶パフェもいいなと思いつつ、いろいろ食べたく(夕食後なのに)、友人が特製林屋プレートを頼んだので、私は別のはんなりチーズケーキセットでセットドリンクにほうじ茶ラテを注文しました🍰
20191206
特製林屋プレートは抹茶チーズケーキ、抹茶ソフト、抹茶わらび餅のセット、
はんなりチーズケーキセットははんなりチーズケーキ、抹茶アイス、白玉・あずきのセットで、ケーキ、アイスともにそれぞれで違う味わいが楽しめます!

抹茶チーズケーキはパイ生地?の上にチーズケーキがあり味も触感も楽しめ、はんなりチーズケーキはくどくない、さわやかなチーズケーキでとてもおいしい!
運ばれてきたとき少し量が多いかもと後悔するも、普通に食べてしまいました😅

こちらの店舗は京都、東京はじめ、神奈川や福岡、香港にも出店されているようです!
今回紹介した抹茶チーズケーキ、はんなりチーズケーキはオンラインショップからも購入ができるみたいなので、
気になる方は是非!

鍋が食べたい征夷大将軍です。
ますます寒くなってきて、もう冬ですね。

先日友人から期間限定のおいしそうなパンケーキのお誘いがあったので、「幸せのパンケーキ」さんへ初めて行ってきました。
(パンケーキ食べたい、のフレーズが懐かしくも思い出します笑)
これまでは京都店限定のスペシャルメニューとしての販売でしたが、11月限定で焙じ茶のティラミスパンケーキなるものが食べられるということで、これは行くしかないと。

お店は以前より知っていましたが、どういうパンケーキなのかわくわく😁
メニューはプレーンからフルーツ盛りなど数種類。
カミングスーンのメニューものっていて、どれもおいしそう!
パンケーキはこだわりから1日の販売を制限されており、注文を受けてから20分ほど
かけて丁寧に焼き上げるそうです🍞

ですが、今回の目的は焙じ茶のティラミスパンケーキ。
テーブル運ばれてきた瞬間、とてもいい匂い!
そして食べると本当に軽くてふわっふわ。
生地は甘すぎず、ほうじ茶ソース、チーズムース、生クリームとそれぞれ付ければ味わいが変わり、飽きずに食べられます⭕
ほうじ茶もすごく香りがよく、口に広がります🍵
20191115 20191115-2
今回は新宿店さんにおじゃましましたが、全国各所と香港に約30店舗も展開!
店舗によってはタピオカドリンクも販売されているようですよ。

予約は公式ホームページから可能ですが、店舗によっては平日のみ、休日一部の時間など、
予約できる日がある程度決まっていましたので、ご確認ください!
以上です!

あと今年も2か月!とカウントダウンが始まりますね。征夷大将軍です。
先日若草物語さんと新規のお客様主催でのご講演会にご挨拶を兼ねて参加させていただき、
終了後に最寄り駅である成城学園前駅周辺を散策してきました。

気づくと1時間ほど歩いたのですが、お家もおしゃれ!煙突があるお家も!
テレビドラマでご婦人が出てきそうな、玄関に門?があるお家もあり、素敵な街並み🏡
憧れですね

散策しているところで、若草さんがこれまたおしゃれなカフェを見つけてくれたので一休み。
そこは駅から徒歩1分くらいの場所にある『成城アルプス』さん。
お店に入るとかわいいケーキがずらり。テンション上がります!🍰🍰
1階にケーキやクッキーが並んでいて、持ち帰りのお客さんがたくさん。
そして2階がカフェスペースになっており、ケーキを頼むと1階から数種類ケーキを持ってきてくれます。
しかも、店員さんが気になるケーキを丁寧に説明してくださいました。

ケーキを10種類近く持ってきてくれたので、だいぶ迷いましたが、
私はル コイチャ(左)、若草さんはカミーユ(右)というケーキに、オリジナルブレンドの紅茶をあわせました。
20191101 20191101-2
ル コイチャは触感と味の違う抹茶が2層になっていて、その間にはつぶあんがサンド。
甘すぎず、大人の味わい!そして当たり前ですがつぶあんの相性の良さがさらにおいしさを引き立たせます😍
もったいなくて少しずつ味わいながら食べました(笑)

カミーユはホワイトチョコのムースにバナナのクリームとフランボワーズのソースでできたケーキですが、なんといっても形がかわいいですよね!
若草さんはそこに惹かれて選んでいました。
こちらもやはりおいしかったそうです😚

ちなみに今回ドリンクとのケーキセットを注文しましたが、こちらはなんと200円お得に!
ケーキのおいしさとお店の雰囲気の良さで1時間ほどゆっくりしてしまいました。
お出かけしたときに、こういったカフェを見つけると嬉しくなりますね✨

この度の台風19号被害に対し、心からお見舞い申し上げますとともに
皆様のご無事と、一日も早い復興をお祈り致します。

***

征夷大将軍です。
だいぶ前になりますが、久しぶりに会う友人と、とても久しぶりに鎌倉と江ノ島にお出かけしました。
鎌倉といえば、小学生か中学生の頃の社会科見学(今もこの呼び方なんでしょうか?)で行ったのが最後。
しかも基本的には社会科見学なので、歴史的な場所を巡った記憶があります。

なので今回のメインは食!(笑)
とは言いつつ、まず初めに鶴岡八幡宮でお参り。
鎌倉駅から小町通を抜け、少し歩いた先にあります。
久しぶりに歩いてみると、結構遠く感じました🚶

お参りを終え、小町通に戻ってきました。
昼食は別の所を予定しておりましたが、ここは誘惑だらけです😍
おいしそうなお店がひたすら並んでいます!
その中から選んだものは「さくらの夢見屋 小町通り本店」のお団子。
いろんな味のお団子があり、色合いがかわいい🍡
20191017-1
私はいちご、友人は抹茶とお芋のミックスを。
かわいいだけでなく、お味もおいしかったです。
期間限定のものもあるようなので、次は違う季節に行きたいと思います。

そして鎌倉から移動して江ノ島へ。
昼食は、お店は決めずしらすを食べられるところがいいなーと思い探しましたが、
お昼という時間帯もあり、どのお店も混雑。
仲見世を歩き、いくつかお店の候補があがり最終的に選んだお店が『かいしま』さん🐟
20191017-2
しらすもついて海鮮もついて、すごいボリュームですよね!
お味は文句なしでおいしかったですよ。幸せです!

テーブル席と座敷がありますが席数は少なめなので、私たちが入った後すぐには満席に。
場所は仲見世の中間から上の方だったと思います(曖昧)。
もし江ノ島で食事にお困りでしたら、どうでしょうか?!

昼食後は、食べたにも関わらず、しらす入りコロッケを食べました。
お腹いっぱいだったのに、食べられました(笑)
そのあと江ノ島を一望するため、歩いたり階段を上ったりしたので、プラマイゼロだと
思っています🙆

行ったことのある場所でも目的が違うと、違った楽しみがあり面白かったです。
他にも食べたいお店があったのですが、残念ながら休業日だったので、
リベンジでまた行きたいと思います!

↑このページのトップヘ