日本綜合経営協会スタッフblog

創業44年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

✍征夷大将軍

こんにちは、征夷大将軍です。

先日弊社お得意様ご主催の講演会にて、沢松奈生子さんのお話を聴いてきました。
この時期は全仏オープンが行われていた時期でもあり、日本人選手では車いすの部に出られた国枝慎吾さんが制覇されましたね!

講演ではその話題に触れられながら、世界で戦ってこられた沢松奈生子さんのご経験について、お話いただきました。
今回のテーマは「ウィンブルドンの風に誘われて ~世界への挑戦~」。
20190628-2
沢松奈生子さんのプロフィールと講演依頼はこちら

沢松奈生子さんのご家族は、お母様もお父様もウインブルドンに出場されたことがあり、生後数か月には早くもテニスラケットに触れていたそうです。
(叔母様の和子さんは日本人初のウィンブルドン・ダブルスの優勝者です!)
そんなテニス一家で育たれた沢松奈生子さんですが、テニスを続けられたのは、子どもの時に両親に『させられた』からではなく、テニスを『したい』と思い選んだから。

両親がテニス選手になってほしいと思っていても、沢松奈生子さんには伝えず、サッカーなど他のスポーツにも触れさせてくれたことにより、最終的にテニスをしたい!と思うようになった。
自らテニスを選んだことで、たとえテニスでケガやつらいことがあってもやめずに、続けることができた。
と、お話してくださいました。

続けて、人生を大きく変えた出来事として、15歳の時に全日本選手権で優勝されたことをあげられました。

そもそも出場できる資格がなかった全日本選手権に、主催者推薦枠により出場。
それでも第1回戦で負けると思い、ホテルは試合当日にはチェックアウトし会場へ。
しかし、1回戦、2回戦勝ち上がり、準決勝まで勝ち進めた。
準決勝から勝ちたいという欲がわき、決勝になると優勝を考えてしまい、思い通りのプレーができず、相手の得点を許してしまう展開に。
そんな中、雨により一時試合が中断。
控室に戻るとコーチからげきを飛ばされ、そこで奮起できたそうです。
そして全日本選手権初出場にして初優勝という快挙を成し遂げられました。

優勝の喜びも束の間、全日本選手権制覇はマスコミに注目され、周りの人からもさらに注目を浴びられます。
そのことで、勝たなければいけない、ミスは1つもできないと感じるようになられ、大スランプに。
では、沢松奈生子さんはどのようにしてスランプを乗り越えたのか。

これより先のお話は実際に聴いていただければと思います!
他にもテニスの試合以外の裏話や、世界上位の選手の目標の立て方など、内容盛りだくさんで、あっという間の90分間でした。

引退後はテレビをはじめいろいろなメディアへの出演、日本オリンピック委員会・日本テニス協会の委員、地元の兵庫県などで公職を務めるなど、幅広く活動されておられます。

解説では常に選手の気持ち、今どういう気持ちで選手がコートに立っているのか、をなるべくわかりやすくお伝えすることを心掛けているそうです。
今回の講演でも、テニスに詳しくなくてもわかりやすくお話してくださり、笑いあふれる講演でしたので、講演会を検討される際にはいかがでしょうか。

そろそろ梅雨入りですかね🐸どうも征夷大将軍です。

先日千葉県八千代市にある京成バラ園へ行ってきました
この日は暑くなるとの予報だったので、午前中に行くことに。
他のお客さんも同じような考えだったのか、すでに多くの方が。

現在、ローズフェスティバル2019が開催中🌹
5月中旬から6月上旬はバラが最も咲く季節だそうなのですが、あたり一面、色とりどりのバラがきれいに咲いてました!
ここには日本のみならず、世界の野生種、オールドローズから最新品種まで1,600品種1万株も植えられているそうです。
20190607-1

また、池田理代子さん作の漫画「ベルサイユのばら」とコラボ?もされているようで、
主要登場人物の名前が付けられたバラもあります。
それぞれの服やイメージに合わせた色のバラになっていました。
バラの近くにはその名前のキャラクターの絵も飾られ、ベルばら好きなのか、それぞれお写真を撮られる方もいました😊

その他にも千葉県つながりなのか、あのディズニーの名前がついたバラもあり、
その名もディズニーランドローズ。
 20190607-2
単色ではなく、一つ一つ微妙に色合いが違っていて、ブーケみたいなバラでした。
アメリカ・ディズニー社とバラ育種会社(ジャクソン&パーキンス社)があみだしたものだそうです。
実際にカルフォルニア州にあるディズニーランドパーク内で植えられているみたいなので、
行く機会があれば、現地でも見てみたいですね👀

このローズフェスティバル6⽉16⽇まで。
ちなみに園内ではクイズラリーも開催していました。
園内の各地点にクイズがあるので、バラを見ながらこちらも楽しめます🙆

興味のある方はお早めに!

新しい年号になって2週間がたちましたが、まだまだ各所で『令和初』が使われていますね。
どうも征夷大将軍です。

突然ですが冨樫義博先生の『HUNTER×HUNTER‎(ハンターハンター)』をご存知でしょうか?
漫画の中でも大ファンな作品なのですが、現在、作中に出てくるハンター試験を、実際に受けられるんです!
発表されてからうずうずしていましたが、やっと会場(新宿、ミステリーサーカス)へたどり着くことができました!
20190516-1 20190516-2
ハンターとは、珍獣・怪獣  財宝・秘宝  魔境・秘境"未知"という言葉が放つ魔力、
その力に魅せられた人たちのことを呼び、プロとなるためには試験に合格しなければなりません。
しかしその試験は会場にたどり着くことも難しく、受験できたとしても、その中で亡くなる人もいるくらい過酷な試験です。
今回も覚悟のない方は、断念してくださいと!本当にハンター試験で、始終テンション高めです😀

試験内容はお伝え出来ませんが、課題がいくつかあり、それにクリアし、合格することができれば、プロハンターの証明書 ハンターライセンスが授与されます🆔

参加人数は1~4名で、かかる時間はすべて合わせると2時間近くになります。
私は友人とともに2人での挑戦でしたが、お互いひらめきながら、なんとか課題をこなしました。

結果から言うと、不合格。。。
近くまでいったものの、悩んでいるうちに終了してしまいました。本当に悔しかった!
試験は年に1度(のはず)なので、来年ももし開催されれば、挑戦したいと思います💪

東京会場は3月から始まっており、6月2日までで終わってしまうので、
もし受けたいという方はお早めに(もしかすると平日しか空いてないかもしれませんが)。
東京会場終了後は名古屋、札幌、福岡、大阪で開催されます。
興味のある方は会場を探してみてください。

東京会場のミステリーサーカスでは、今回のハンター試験以外にも面白そうな脱出があったので、そちらにも挑戦してみたいです🏃


■関連記事

だいぶ散ってしまいましたが、舞い散る桜もきれいですよね。
どうも征夷大将軍です。

先日、都内某所にて田中ウルヴェ京先生のお話を聴いてきました。
20190415-1
田中ウルヴェ京先生は10歳で水泳からシンクロナイズドスイミング(現在、アーティスティックスイミング)へ転向され、12歳の時に東京シンクロクラブへ入り、本格的に取り組まれました。
15歳で日本代表チーム入り、19歳の時には、日本選手権のソロ(1人での競技)の部門で優勝されます。
1988年に開催されたソウルオリンピックのシンクロ・デュエットでは小谷実可子さんと銅メダルを獲得されました。

その後はシンクロの代表チームのコーチを経て、現在ではメンタルトレーナーとして、車いすバスケ男子日本代表や、なでしこジャパン女子サッカー日本代表のメンタルコーチも務められている先生です。

今回はスポーツメンタルトレーニング上級指導士の資格もお持ちの先生より
『ストレスをやる気に変える~ストレスコーピングとは~』をテーマにお話いただきました。
テーマにもある『ストレスコーピング』とは何なのか?
コーピングとは、ストレスに対してどう対処するか(=対処努力)というもの。
雨が嫌い、雨に濡れることがストレスなら、濡れないために傘をさす、ということもコーピング。
一方で、ストレスをうまく利用して、自分をやる気にさせたり、向上させたようとしたりするコーピングもある。

今回の内容は、自分がどんな時にどんなストレスを感じる人間なのか、自分に興味を持てるよう、その基礎となることをお話していただきました。

まずはメンタルについて。
メンタルは、現在、心が疲れ、弱っている人のことを総称して「あの人メンタルだよね」といった形で使われることもあるが、直訳すると“心の”という意味。

では心は身体のどこにあると思いますか?
20190415-220190415-320190415-4
   
➀私たちの意識(どう感じて、どんなことを考えるか)はどこにあるか、という表現でメンタルを考えた時には、心は脳にある。

②しかし、自分の意識は脳で決まるのに、サッカー選手がPK戦の時に、もしくは人生が
かかっている状態の中では頭を抱えるのではなく、胸あたりをおさえ、落ち着こうとする。
それはハートの部分が緊張した時に、どきどきしているということを自分に感知させる。
自分たちのメンタルを感じさせてくれる一番の場所であるため。

③それでも心は1か所ではなく、人それぞれ感じる場所が違い、身体のいろいろな場所でメンタルの存在を感じることはストレスコーピングの大きな1つである。
参加されている方の中には背中という方もおられましたが、私も手や手首で感じることがあります!


次に感情について。
ラッセルの次元理論を基に、感情を4つの枠に分けて考える。
1、交感神経優位でプラスの感情=心臓がどきどきしていて快適な状態
2、副交感神経優位でプラスの感情=心臓はどきどきせず快適な状態
3、交感神経優位でマイナスの感情=心臓がどきどきしていて不快な状態
4、副交感神経優位でマイナスの感情=心臓がどきどきせず不快な状態

3はイライラしたり、焦ったり、4は落ち込んだり、悲しんだりといったマイナスの感情で、
良くない状態と思われるが、ストレスコーピングの第1歩としては、そんな感情に気づくことが必要。
それはどんな感情にも大切な役割があるから。

不快な状態と言われる感情があることで、人生のすごく大事なことに気づけ、『人間らしい』といった、本質にたどり着けるのではないか。
そのような感情を意識することで、快適な状態の感情も出しやすくなる。
良し悪しではなく、先生はどんな感情も正しいとおっしゃられ、それを聴けて、なんだか安心しました!

そんな感情を意識するための方法として、“感情のおなら”の練習がある。
それは自分がどんな時にイラつく?焦る?落ち込む?のかを言葉に出すこと。
これを練習するうちに、この感情には照れが入る、なんだが言いにくい、という自分らしさに気づくことができる。

さらに続けることで、いたるところの緊張が緩み、身体の調子が良くなる。
そして自己客観視の習慣がつくことで、明日(次)どうするか、といった建設的な思考ができるようになり、良い行動に繋がっていくそうなので、まずは1人の時に独り言として練習したいと思います!

最後には落ち着くための深呼吸の方法も教えていただき、パワフルで、笑いあふれる講演はあっという間でした。
他にも田中ウルヴェ京先生の経験された感動的なエピソードもお話していただきました。

もし“感情のおなら”の練習に興味のある方は、講演で丁寧に教えていただけますので、1度お聴きいただければと思います!
お問い合わせ、お待ちしております。

■関連記事

お天気の良い日が続いていますが、そんな日にお昼寝したら最高だろうなーと思う今日この頃。征夷大将軍です。

だいぶ前とはなりますが、お団子を求めて、柴又帝釈天に行きました。
柴又といえば寅さん!
映画『男はつらいよ』第1作公開から、今年で50周年(!)になるそうで、
新たに『男はつらいよ』シリーズとして映画公開を予定しているとのことですよ!🎥
その舞台となった帝釈天には、日曜日でいい天気だったため、人が多く、にぎわっていました。

お目当てのお団子は『高木屋老舗』さんで。
種類は草だんご、焼だんご、刻んだ海苔をまぶした磯おとめとありましたが、今回は草だんごをいただきました🍡
20190403-1


草団子の写真を撮り忘れてしまいましたが、あんこも“つぶあん”“こしあん”選べます。
出来立ては本当にもっちもちで柔らかく、あんこも贅沢にのせられ、何個でもいけます!
HPには『添加物を一切使用していない自然食品のため通信販売ができません。ぜひ柴又へおこしのさいはその味をご賞味ください』との記載が。
だからこそのおいしさなんですね!

もちろん柴又帝釈天 題経寺にもお参りを🙏
お参りは外からも可能ですが、中に上がることもでき、御朱印はここで書いてもらえるようですよ!

20190403-2

お寺の周りでは寅さんのあの音楽が流れていて、寅さんだ!となること間違いなしです(笑)
帝釈天から少し離れた場所には、寅さん記念館や寅さんも乗った「矢切の渡し」もあり、寅さんをおおいに感じられます🐯

古い建物も多く、自然も多いため、東京都内ではありますが、落ち着けるのではないでしょうか🌳🌳

↑このページのトップヘ