日本綜合経営協会スタッフblog

創業44年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

✍ホクロ

ホクロです。
ディズニー映画といえば、『バンビ』だの『白雪姫』だのではなくもう『ダンボ』。
ダンボが「ピンク象だらけの大行進」を幻視するシーンはやはり最高だと思います。

さて先日、東京ディズニーシーの大規模な拡張プロジェクトが発表された東京ディズニーリゾート。
そんな”夢の国”の生き字引のお一人である荒井幸夫先生をご紹介します。

荒井幸夫氏①
荒井幸夫先生のプロフィールと講演依頼はこちら

大学卒業後、オリエンタルランドへ入社された荒井先生。
ディズニーの誘致交渉、スポンサー獲得から従事するなど、東京ディズニーランド開園前から
一昨年に退社されるまで長きにわたってディズニー一筋に歩んでこられました。

開園の前後は広報、その後はプロモーションや宣伝を一貫して担当。
東京ディズニーシーのプロジェクトが立ち上がると、再びスポンサー獲得に従事するなど、
ディズニーOBの講演者といえばキャストの育成やマネジメントの経験者が多い中にあって、
違う分野の仕事を経験されてきたことがポイントです。
また人材育成も含め、長年にわたるキャリアの中で幅広い仕事に携わってこられたので、
お話される項目は多岐にわたります。

というわけで、荒井先生は講演テーマも一味違います。
◯そもそもテーマパークって何だ? 「東京ディズニーランド」はほかとは全く違う
◯ショービジネスにおけるマーケティングビジネス
 (副題:~宣伝/プロモーション~ または ~スポンサー・マーケティング~)
◯なぜゲストもキャストも笑顔でいるのか ~人材育成は人事部だけの仕事ではない~

上記テーマは、方向性と対象者に合わせて内容の取捨選択が可能ですので、
ご希望に即して密接に結びつく項目にはより時間をかけ、より深くお話を進めていただけます。

さて、オリエンタルランドで理事まで務められリゾート全体を熟知する荒井先生は、
園内の防災や安全対策に関すること、万一の際の心構えや行動について、
「『夢の世界』であるための日頃の備え」としてお話することも可能です。

◯『夢の世界』であるための日頃の備え~「東京ディズニーランド」では安全が最優先~

子どもからお年寄りまでが大勢訪れ、世界的にも人気の高い”夢の国”が安全であるための備え、
そしてその「備え」の結果として、東日本大震災でどういうことが出来たかをお話していただけます。

こちらは安全大会用のテーマとして特別に作ってくださいました。
また安全大会に関しては当社限定でのご案内となっています。

お問い合わせをお待ちしております。

こんにちはホクロです。
今回は手前味噌なお話をします。

私は黒いんですが、当社はなかなかの白い会社でございます。
何を隠そう、当社は社長と私とを除いて全員が女性。
社内の就労環境を整備するということイコール女性が働きやすい職場にすること
というわけでございます。
これは今に始まったことではなく、先代社長の頃から女性ばかりの会社でしたので、
今で言う働き方改革の下地はすでにありました(残業が少ないなどなど)。

そこへ経営者が代替わりし、社内も世代交代が進んだことで、
積極的な働き方改革への取り組みが可能になりました。
東京都の助成金を活用し、IT化を進め、社内のニーズを就業規則に反映させるなど
足かけ3年ほどの間に一定の区切りがつくところまで運んでまいりました。

上記のようにコレといって特別な施策は何もしておりませんが、
その地味さがかえってウケたのか、東京都からの表彰やメディア掲載などの形で
評価をいただくことが出来ました。
※詳しくはこちらをご覧ください、

また、今年は東京都が主催する2つのキャンペーンにも参加しています。
jisabiz_logo_03
logo2

当社のサービスの本質は「人と人をつなぐこと」ですが、
それを担う“人”である従業員を大事にするというのが会社の方針となっています。
これからも精進いたします。

みなさまガッデム、“黒のカリメロ”ことホクロです。

先日“黒のカリスマ”ことプロレスラー蝶野正洋先生をご紹介↓しました。
【講演依頼】”黒のカリスマ”蝶野正洋先生の安全大会は当社限定
実は蝶野先生、AEDや地域防災の啓発活動にも尽力されています。
盟友・橋本真也選手や三沢光晴選手が亡くなったことを一つのきっかけとして、
救急救命の啓発活動に取り組み始めたのですが、2014年7月には
一般社団法人ニューワールドアワーズスポーツ救命協会を設立するなど、
近年より一層力を入れておられます。

そんな蝶野先生が先日、事業活動発表会として報道関係者を前に行った現場に
報道関係者にまじって潜入してきました。
file2-1

蝶野先生といえば、もともとリングコスチュームを手がけていたマルティーナ夫人と
二人三脚でアパレルブランド アリストトリストを経営されていることも有名。
今回の発表ではAED救命啓発を強化するために新しいブランドの立ち上げも発表されました。
その名も【119 rescue call+AED】。
file3

防災や救急救命の啓発イベントをプロデュースするアイディアも発表され、
自ら「客寄せパンダになってもいい」と真剣な眼差し(※)で語る姿に胸を打たれる思いでした。
(※サングラスで見えませんが心眼でわかります)
file4

また、先日の大阪を中心とした地震についても触れられ、
痛ましい事故のあった学校のコンクリート塀も行政から注意喚起がなされていながら、
情報が地域に浸透していなかったことを指摘。
公助による「防災マニュアル」の広報や情報拡散をアシストし、地域防災力の向上につなげたいと
力説されていました。

ところで、地域防災の担い手といえば頼りになるのは消防団員の方々。
蝶野先生は日本消防協会の「消防応援団」として、各地で開催されるイベントには
なんと年間数十箇所(!)も参加し、消防団員を応援・激励するなど積極的に取り組んでいます。
今回、ブランドの売上の一部を公益財団法人消防育英会(※)に寄付されると発表。
さらに「東京都消防団 応援のお店」として消防団員の方々には割引も実施しています。
普段はなかなか意識されない消防団の活動の認知度を高め、彼らをリスペクトしてもらいたいという
蝶野先生の漢気が素敵です。
(※殉職した消防職員・消防団員、一般協力者の遺児に奨学金等を支給している)

こうした活動はすべて
「プロレスラーとして、アパレル企業として社会貢献にどう取り組むべきか」
という課題に真摯に答えようという姿勢から生まれたのですから、本当に頭が下がります。
私たちも微力ながらお手伝いが出来ればという思いを強くしました。

というわけで、蝶野先生はAED救急救命や防災の啓発だけではなく、
同じく生命に直結する安全の講演にも積極的です。
安全大会の講演は当社のみご案内が可能、テーマは以下となります。

○“黒のカリスマ”蝶野正洋に学ぶ!闘う現場の安全
○安全はギブアップしない!プロレスで学んだ安全・健康・命

お問い合わせをお待ちしております。

先日、経済評論家 岡田晃先生が当社へお越しくださった際に新刊を頂戴しました。
20180628_1
『明治日本の産業革命遺産 ラストサムライの挑戦! 技術立国ニッポンはここから始まった』(集英社)

2015年7月に世界遺産となった全国の産業革命遺産と、明治日本の殖産興業を支えた人物たちを取り上げ「日本のモノづくりの原点」「“日本の底力”のルーツ」を探る内容です。

戦国時代から明治維新まで、経済を軸に歴史を読み解くのは岡田先生の得意とするところですが
(講演テーマも多数あり)、本書もその面目躍如。
また、日本経済新聞やテレビ東京のワールドビジネスサテライトをはじめ、
長年にわたり日本と世界の経済を取材・報道・解説されてきた岡田先生ならではのポイントは、
一貫して“経済の現場”に目を向ける姿勢です。
大所高所から決断を下す大物たちではなく、自ら実務を担い事業に邁進した人々を取り上げたところにもそれが見て取れます。

「明治維新といえばすぐに名前が浮かぶ西郷隆盛や大久保利通などのヒーローは、本書ではわずかしか登場しない。むしろ“準主役”や“脇役”、あるいは一般的にはあまり知られていない人物に多くのページを割いた。」(「はじめに」)

章立てはこちら↓
20180628_2
地域ごとにほぼ一章が割かれ、記録や逸話と足を使った取材が重ね合わされています。
往時を偲ばせる現地の写真もその多くが先生ご自身の撮影されたもの。
現地を訪れる際のガイドブックとしても重宝される一冊ではないでしょうか。

そしてもちろん、本書の内容に合わせたご講演が依頼できます。
テーマはこちら↓
○『明治維新150年』から学ぶ日本経済再生と地方創生の展望
○『明治維新150年』から学ぶ危機突破力と日本経済再生の展望
○明治維新150年・五代友厚から学ぶ日本経済再生のヒント
○明治維新150年・世界遺産『明治日本の産業革命遺産』に見る日本の底力
○明治維新150年・ピンチをチャンスに変えた先人たち~日本経済再生のヒントを学ぶ

さらには、ご当地の話題にピンポイントで絞った内容も可能ですので、お気軽にご相談ください。
本書で取り上げられた先人の姿を知ることで「現代に生きる我々も元気づけられるはず」というのが
岡田先生のメッセージです。
ぜひ秋の講演会や新年の賀詞交歓会などでご検討ください。
前向きで幸先の良い講演会になること請け合いです。
岡田晃先生のプロフィールと講演依頼はこちら

余談ですが、個人的にはカバー内表紙の装丁がツボでした。
20180628_3
※三池炭鉱の石炭を積み出した三池港の閘門式ドック

Dang Dang Kininaru~♪
こんにちは。
もし我生まれ変われるなら二木まりこ@美味しんぼのホクロにならんことを。
ホクロです。

みなさんご存知の国民的グルメ漫画といえば、そう「美味しんぼ」。
中二病棟に長期入院していた頃の私ときたら、化学調味料たっぷりのお菓子をボリボリやりながら
一日中読みふけったものです。
第一話の「豆腐とワインには旅させちゃいけない」(by山岡)から至言・・・カックイイ!
あと、何せアニメは海原先生のCVが大塚周夫先生ということで、
「こんなものが食えるか!」「食べるに値しません」
「あんな下等なものを食べてみなければ分からんというのなら、食べ物について云々する資格はないわ!」←注:冷やし中華のことです。
などの大見得にはシビレたものです。
ほか、出来の悪い器を容赦なく叩き壊す唐山陶人先生の厳しさにやはりシビレた私。
美術の授業で作った焼き物を破壊せんとしたところを担当の石井先生(ドイツ帰り)に止められました。
それから、家族でイタリアンへ行った日にゃあ
「パスタでスプーンを使うのは日本人だけだ」(これは美味しんぼと無関係な謎雑学)
などとデカイ声でのたまい親にたしなめられるなど・・・いやあイタイイタイ。

そんなグルメ漫画かぶれの私、暇があれば気まぐれ料理タイムに突入。
まず引き出し昆布の技法でダシを取り、天然にがりと大豆のみのこだわり豆腐を取り出し―
なんてことは絶無。
家でよく作ったのは、インドサンド※でした。
※牛乳につけた食パンにカレー味のひき肉餡やあんこを挟んで油で揚げるというハイカロリーおやつ。
普通にうまい。ぜひ一度ご賞味ください。
で、こちらは「クッキングパパ」のアニメを見て習得したものです。
どこへ行った「美味しんぼ」。

あ、でも確かカレー対決の表紙になっていた(うろ覚え)神保町の「マンダラ」は本当に美味しいです。
ぜひ。

以上です🙌

↑このページのトップヘ