日本綜合経営協会スタッフblog

創業45年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

【重要なお知らせ】新型コロナウイルス 感染拡大防止のための弊社業務体制について(2020.5.19更新)
2020年4月1日(水)より、全社で在宅勤務の体制を取っております。
また5月21日(木)より会社休業日・営業時間にも変更がございます。
※より詳細な情報は[ 弊社HP ]を御覧ください。

✍ものまね四天王

夏が近づいてきましたね~、すでにこんがりなものまね四天王です👸
そろそろ梅雨の時期ですが、昨年は雨に関わる災害や地震も多い年でしたよね。
今年は災害が少ないことを祈るばかり…!

今回は弊社お得意様主催の会合で防災システム研究所・所長 山村武彦先生のご講演を聴いてきました。
賃貸住宅関係の方々のお集まりということで「マンションと企業における防災・危機管理の再点検~大規模地震に備える実践的な防災~」と題してお話しいただきました。
  
山村先生は防災・危機管理のシンクタンク「防災システム研究所」を設立され、所長に就任以来50年以上にわたって世界中で発生する災害の現地調査を行われてきたそうです。
日本各地でのご講演のほか、テレビ解説や執筆などを通じて防災意識啓発活動に取り組む傍ら、企業や自治体でも防災アドバイザーを歴任されています!
王も朝のテレビ番組でよくお顔を拝見しております😊
※以前、若草物語ちゃんの紹介記事がありますのでぜひこちらもご覧ください。

お仕事柄各地を飛び回ってなかなかお家にも帰れなかった先生に奥様が「あなたの“ぼうさい”は忘妻(ぼうさい)じゃないの!」といわれてしまったというエピソードで場の空気を和ませてお話スタート。
※すべて書くとネタバレになってしまうので一部をご紹介いたします。
20190605
山村武彦先生のプロフィールとご講演依頼はこちら

最初に先生から、皆さんへ2つの質問。
①自分たちが住んでいる地域で近い将来大地震が起きると思う方手を上げてください→ほとんどの方の手が上がりました🙂
②その大地震はもしかして今夜か明日起こると思う方→先ほどの3分の1ほどしか手が上がりませんでした🙁
これで分かるように、大地震は起きるけど今夜は起きないと思っている人が多い。首都直下型大地震が起きる確率は30年以内に70%と言われていますが、これは30年後の話ではなく、常に70%ということ。
人は自分に都合の悪い情報は無視したり都合のいいことだけを信じようとするそう。精神衛生的には重要なことだけど、いきすぎると正常性バイアス(偏見、思い込み)になってしまう。これは、“正常な状態がずっと続くだろう” “異常事態が起きるとしてもずっと先だろう”と思いこんでしまうこと。
これがいきすぎると異常事態に適切に対応できなくなってしまうとのこと😱 どうしたら異常事態でも適切な対応ができるようになるのでしょうか?

そのためには・・・「形式的」ではなく、「実践的」な防災対策を取ることが大事
「在宅避難生活訓練」とはお家の電気、ガス、水道を止めて生活してみること。すると、懐中電灯の明かりだけでは足りない→ランタンが必要だな。など非常時に必要なことが実際に体感して分かる。
企業などでの防災訓練も形式的になりがちですが、「在宅避難生活訓練」はできれば企業でもやったほうがいい。
ある企業では在宅避難生活訓練について経営層だけでなく、社員やその家族も集めて勉強会をしている。というのも、災害時、自宅にいられる場合は避難所へ行かないほうがいいそう(王はこれにびっくりしました)。実際、熊本地震の避難者の日記には「避難所生活は地獄のような日々」とあったそうで、避難所で亡くなった方もかなりいらっしゃったそうです。その数は地震による直接的な被害者の4倍にもなったとのこと。
つまり、安全な家・会社にするのがだいじ。せめて1週間分は水や食料を備蓄し、在宅避難生活訓練をしておくこと。(先生のご自宅には3ヶ月分の水や食料があるそうです😮!)

また山村先生が提唱する「スマート防災」では、火を消す訓練の前に火を出さない準備や訓練、閉じ込められた人を助ける訓練の前に閉じ込められないようにする訓練を行うそうです。
何かが起きてからの対策ではなくて起こらないようにすることが大事とおっしゃっていました。

ここで東日本大震災のダイジェスト動画を見せていただきました。
津波が迫る中、必死に走っている女性の隣でゆっくり歩いている男性。後から男性の知人に話をきくと足腰が悪いわけでも無いそうです。ではなぜ?
じつは災害時、緊急スイッチが入らずゆっくり避難している人が結構いた。人間は災害発生時3つの行動パターンに分かれる(①落ち着いて行動できる人(10%)、②取り乱す人(15%)、③ショック状態になる人(75%))。
半分以上の人がショック状態に陥るということですね😰中にはショックから覚める人もいるけど覚めない人もおり、このような人は「凍りつき症候群」といって、心と体が凍りついて適切な行動ができず判断力が鈍っている状態にある。形式的な避難訓練だけだとこのようになりやすいが、いつでも緊急事態が起こると思っている人は緊急スイッチが入りやすいそう。

首都直下型地震は震度6強~7といわれていて、東日本大震災とは揺れ方がぜんぜん違うと予想されている。その揺れ方は阪神型(たった12~14秒の揺れで20万軒もの建物が潰れてしまった)になるのではと言われている。
素早い判断が大事になってくるということですね!では、その判断をするためにはなにをすればいいのでしょうか?
その答えは実際のご講演でお聞きください!

他にも今回は賃貸住宅関係の方々のお集まりということで、集合住宅の被災地でのお写真や賃貸管理者の方がこれから気をつけるべきことなど、皆さんの参考になるようなお話がたくさんありました。
動画の他にも各地で先生が撮影されたお写真をご紹介いただきながらのご講演はわかりやすく臨場感もあって、ご参加の皆様からも「あぁ~!」「なるほど!」と声が聞こえてきました👂実際に起きたこと、これから起こりうることですので皆さん納得され危機感を持たれた様子でした。
先生はいつも地域や聴かれる方々に合わせて内容を変えていらっしゃるそうです。今回のような専門的な内容でもできる限りご相談に乗っていただいております。いつもありがとうございます✨
落ち着いた穏やかな口調でのお話ですが迫力もあるご講演でした!
防災についてのお話を検討されている皆さんのお問い合わせ、お待ちしております😊❣

■関連記事

生まれは静岡ということでお茶がだいすき、ものまね四天王です👸

1ヶ月ほど前、新宿のルミネエストに新しく日本茶ミルクティー専門店なるものができるとハルク先輩からの情報が!
その名も「OCHABA(オチャバ)」店名からしてお茶感満載ですね🌱
開店日に2人で行ってみたところ長蛇の列!!!!
店員さんに聞くとなんと1時間30分待ちで、泣く泣く断念して帰ったのですが…😥
先日、ついにリベンジを果たしました!

そもそも、日本茶ミルクティーとはなんぞ?
その名の通り、お茶とミルクがかけ合わさっているわけですが、ミルクティーというと紅茶がメジャーになりつつある中、こちらでは日本茶で楽しめるというわけです😇💖
なんと老舗のお茶屋さんが協力していてミルクティーに最も合う茶葉をオリジナルブレンドしているそうですよ…!

お茶の種類は3種類。煎茶、ほうじ茶、玄米茶。
よくあるのは抹茶ですがここでは煎茶というのも珍しくて嬉しいポイント!
淹れ方はホット(エスプレッソミルクティ)、アイス(ロイヤルミルクティー)から選べます。
そしてトッピングは黒糖わらび餅(デフォルト)と、¥50プラスで白玉も入れることができます🍡

この日はお仕事帰りに30分強ほどで買うことができました!
ホットは最新のエスプレッソマシーンを使っているそうなので
レジの近くまで来るとお茶のいい香り~👃🍃

20190416
(左)ほうじ茶ロイヤルミルクティー (右)玄米茶ロイヤルミルクティー
どちらも甘さ少なめで注文しましたが、これがちょうどよかったです!
わらび餅はもちもちで黒糖も主張しすぎなくていいバランス。
ほうじ茶はお茶の味に深みがあっておいしいし、
玄米茶もやさしく香ばしさがあっておいしかったです!
これは並ぶのもわかるなぁとしみじみ…
次は煎茶や白玉も入れてたのしみたいです😋

開店直後、閉店間際はぜんぜん並ばずに買えるときもあるようですが、閉店間際ではお茶の種類にも制限があったりするそうです。。。
お店の場所は、JR新宿駅東口改札を出て左の壁沿い(お店沿い?)に丸の内線方面へ向かうと見えてきます。
お茶好きの方はぜひ一度足を運んでみてください🙊🍵

こんにちは、ものまね四天王です👸
どうやら北の方では雪が降ったようですね!
関東も肌寒い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

寒くても桜は咲いたということで、今年もお花見へ行ってきました。
なんと東京が一番乗りで満開と聞いていたので慌てて行きましたが
最近は寒かったのでまだしばらくは楽しめそうでしょうか😇

新宿御苑→代々木公園と徐々に行動範囲を広げている王ですが、3年目の今年は千鳥ヶ淵へ行きました。
王調べでは目黒川に次いで2位の人気スポットです!
初下車の九段下駅から向かいました。すぐそばには日本武道館がありました。
改修中でしたが中では元気いっぱい、某アーティストのライブもやっていました🎤🎶

桜も人もいっぱいで、混み合っていたため写真がいつもに増してヘタですがせっかくなので載せます。
20190405-1 20190405-2

    
ボートも気持ちよさそうでしたが、ボート乗り場は長蛇の列でした😌
王が桜の写真を取るとポップコーンにしか見えないのでアップでも撮りました。
桜の木は約170本もあるそうです。
 
縁道は歩いてお花見する感じだったので「お散歩がてら桜が見たいわ~」という方にぴったりかもしれませんね!
18時からはライトアップもされています。
20190405-3
寒さ対策を万全にして夜桜鑑賞もよさそうです!

王は九段下駅から行きましたが、公式サイトによると半蔵門駅からのほうが混雑少なく待ち時間短めで歩けるそうです。
(たしかに九段下駅は激混みでした。)
みなさんも春のお散歩に、千鳥ヶ淵へ行ってみてはいかがでしょうか🌷

普段はパンよりごはん派のものまね四天王です👸

先日、山梨からお友だちが遊びに来てくれたので一緒にランチを食べました。
あずさに乗ってくるということで お互い次の予定にもちょうどいい立地ということもあり立川で待ち合わせです。
立川はIKEAや昭和記念公園にしか行ったことがなく、北口ばかり利用していましたが、今回初の南口へ降り立ちました!

ランチのお店は、立川駅から徒歩2~3分の路地裏にひっそりと佇む「古民家キッチン JLIO」さんへ。
ネットで調べると人気のお店のようだったのでオープンが11:45にもかかわらず王たちは11:30に到着。
案の定一番乗りでしたが、しばらく待っていると列ができる人気ぶりでした😲!

店内は2階建てで席数も多め。ソファ席もありました。
古民家をリフォームしたそうで、内装がすごくおしゃれ!!!
ミートパイとロティサリーチキンが看板メニューだそうです。

ランチメニューはサラダランチプレート、パイプレートランチ、パイサラダランチ、パスタランチ、お肉プレートランチなどから選べます。
ランチは季節にあわせてサラダやパイの内容が変わっているみたいでした。
王たちはせっかくなのでパイプレートランチを注文。
今は“アサリと菜の花のトマトクリームパイ“でした。どう考えてもおいしそう😋💗
20190325
どっさりサラダとおまけ(じゃがいもとにんじんのおしゃれ料理)、パン、スープ、主役のパイ、食後のコーヒーor紅茶で900円(税込)というお得感。
パイはサクサクでバターたっぷり!中のアサリ、菜の花とも相性ばっちりでした!
上に乗っているのがトマトクリームです。
サラダのボリュームがすごいのでお腹もいっぱい。ドレッシングもおいしかった😇🍅
それでも足りない方は単品でパイやロティサリーチキンの注文もできます。
パイはテイクアウトの販売もありました!(種類もたくさん)
今回は次の予定もあったためテイクアウトはできませんでしたが、また次回お邪魔したときにはテイクアウトもしたいです!

こんにちは、ものまね四天王です👸

先日、弊社お得意様ご主催のご講演会に伺い、
「イキイキ長寿健康法・免疫力を高める生活~125歳まで元気に生きる~」というテーマで藤田紘一郎先生のご講演を聴いてきました!
藤田先生は寄生虫とアレルギーの関連を研究されている先生で、カイチュウ博士としても有名です。
先生については以前、南町奉行先輩がまとめてくださっている記事がありますので
こちらもぜひご覧ください↓

実は藤田先生、あのノーベル賞を受賞された山中教授と途中まで経歴はほぼ同じ。
柔道2段でマラソンをやっていたこと、整形外科の医者を手術が下手だったという理由でやめたこと…
しかし、山中教授は細胞培養を研究してノーベル賞受賞、先生は寄生虫の研究を始め、今に至るそうです😇
先生がどうして寄生虫研究の道に進まれたのかは実際のご講演でお聴きください!
みなさんの中にもそろそろ鼻がムズムズしている方がいらっしゃるかもしれません😂
王は幸いなことにまだかかってはいませんが、花粉の量も年々増えているみたいでビクビクしています…
今回は花粉症を始めとするアレルギーについてのお話の部分を中心にご紹介したいと思います。

日本の花粉症第一例は1963年。
それよりも昔から花粉は飛んでいたのになぜそれまで「花粉症」という症状が出てこなかったのか?
いまでは日本人の3人に1人が花粉症ともいわれていますよね。
昔は他の研究者が野犬の心臓を使って研究をしていたそうで、先生はその心臓にいる余り物の(研究には使われない)寄生虫をいただき、アレルギーを抑える物質を取り出す研究を始められたそうです。
※現在では動物愛護の観点から野犬を使った研究は行われていませんが、かつてはその頭数が非常に多かったため人間への被害も多く、野犬狩りが行われていたこともあったそうです。

先生はかつて、一般企業に在籍の際インドネシアに派遣され、社員の診療と同時に現地の子どもたちの健康状態も調べていらっしゃいました。
現地の子どもたちはいつも汚い川の中で遊んでいて、ほぼ全員がお腹に寄生虫(カイチュウ)がいたけれど、血液検査をするときれいな場所で生活している日本人よりいい結果が出たそうです😤!

また、先生の地元は田舎の山の方。小学校の頃はみんな寄生虫にかかっていた。
杉の花粉を髪の毛に付けて遊んだりもしたそうですがいまでも花粉症にはなっていない。

この、インドネシアや地元での経験から寄生虫にはアレルギーや病気を抑える力があると信じておられたそう。
研究室に1人残り、夜な夜な研究を続けられた結果、寄生虫にはアレルギーを抑える物質があることがわかりました!
この研究は海外でも有名になったそうです。すごいですね!

でもこの物質を使った薬にはデメリットが・・・。
たしかにアレルギーは1発で治ったが、がんになりやすくなってしまうものだったそう。
免疫はがん細胞をやっつけるものとアレルギーをやっつけるものの2つの細胞で成り立っている。
この2つがシーソーの上でバランスを取っている状態のためどちらかが大きすぎたり小さすぎたりしてもダメ。
先生の発見した薬を使うと、アレルギーをやっつける細胞は大きくなったが逆にがん細胞をやっつける細胞が小さくなり、バランスが取れなくなってしまった。
現代では医学も発達して清潔で裕福な社会になったけれど、昔より病気になる人は増えている。
がんやアレルギーなどの免疫バランスに関わる病気は薬では抑えることはできても治すことはできないため、免疫を高めることが大事だそうです💡

それではどうやって免疫を高めればいいのでしょうか?
ご講演では免疫を高めるのに大切なこと、簡単にできる方法についてもお話いただけました。
また、講演タイトルにある“125歳まで元気に生きる”、気になりませんでしたか?
日本人の平均寿命は年々のびていますが125歳とは…どうすれば長生きできるのか?
その答えは寄生虫と関係あるのか?気になる方はぜひご講演で😉

控室でも気さくにお話くださる先生はご講演でも楽しくお話しいただけました🙊💖
笑いもあり、へぇ~!と思う部分もあり、スライドで実際のお写真などもご紹介いただけます。
背筋もピンとしてとても若々しくいらっしゃる先生の健康に関するお話は説得力もありました。
ご著書もたくさんおありの先生ですので、ご著書を読まれてのご依頼もたびたびあります。

↑このページのトップヘ