日本綜合経営協会スタッフblog

創業44年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

✍ものまね四天王

こんにちは、ものまね四天王です👸

先日、弊社お得意様ご主催のご講演会に伺い、
「イキイキ長寿健康法・免疫力を高める生活~125歳まで元気に生きる~」というテーマで藤田紘一郎先生のご講演を聴いてきました!
藤田先生は寄生虫とアレルギーの関連を研究されている先生で、カイチュウ博士としても有名です。
先生については以前、南町奉行先輩がまとめてくださっている記事がありますので
こちらもぜひご覧ください↓

実は藤田先生、あのノーベル賞を受賞された山中教授と途中まで経歴はほぼ同じ。
柔道2段でマラソンをやっていたこと、整形外科の医者を手術が下手だったという理由でやめたこと…
しかし、山中教授は細胞培養を研究してノーベル賞受賞、先生は寄生虫の研究を始め、今に至るそうです😇
先生がどうして寄生虫研究の道に進まれたのかは実際のご講演でお聴きください!
みなさんの中にもそろそろ鼻がムズムズしている方がいらっしゃるかもしれません😂
王は幸いなことにまだかかってはいませんが、花粉の量も年々増えているみたいでビクビクしています…
今回は花粉症を始めとするアレルギーについてのお話の部分を中心にご紹介したいと思います。

日本の花粉症第一例は1963年。
それよりも昔から花粉は飛んでいたのになぜそれまで「花粉症」という症状が出てこなかったのか?
いまでは日本人の3人に1人が花粉症ともいわれていますよね。
昔は他の研究者が野犬の心臓を使って研究をしていたそうで、先生はその心臓にいる余り物の(研究には使われない)寄生虫をいただき、アレルギーを抑える物質を取り出す研究を始められたそうです。
※現在では動物愛護の観点から野犬を使った研究は行われていませんが、かつてはその頭数が非常に多かったため人間への被害も多く、野犬狩りが行われていたこともあったそうです。

先生はかつて、一般企業に在籍の際インドネシアに派遣され、社員の診療と同時に現地の子どもたちの健康状態も調べていらっしゃいました。
現地の子どもたちはいつも汚い川の中で遊んでいて、ほぼ全員がお腹に寄生虫(カイチュウ)がいたけれど、血液検査をするときれいな場所で生活している日本人よりいい結果が出たそうです😤!

また、先生の地元は田舎の山の方。小学校の頃はみんな寄生虫にかかっていた。
杉の花粉を髪の毛に付けて遊んだりもしたそうですがいまでも花粉症にはなっていない。

この、インドネシアや地元での経験から寄生虫にはアレルギーや病気を抑える力があると信じておられたそう。
研究室に1人残り、夜な夜な研究を続けられた結果、寄生虫にはアレルギーを抑える物質があることがわかりました!
この研究は海外でも有名になったそうです。すごいですね!

でもこの物質を使った薬にはデメリットが・・・。
たしかにアレルギーは1発で治ったが、がんになりやすくなってしまうものだったそう。
免疫はがん細胞をやっつけるものとアレルギーをやっつけるものの2つの細胞で成り立っている。
この2つがシーソーの上でバランスを取っている状態のためどちらかが大きすぎたり小さすぎたりしてもダメ。
先生の発見した薬を使うと、アレルギーをやっつける細胞は大きくなったが逆にがん細胞をやっつける細胞が小さくなり、バランスが取れなくなってしまった。
現代では医学も発達して清潔で裕福な社会になったけれど、昔より病気になる人は増えている。
がんやアレルギーなどの免疫バランスに関わる病気は薬では抑えることはできても治すことはできないため、免疫を高めることが大事だそうです💡

それではどうやって免疫を高めればいいのでしょうか?
ご講演では免疫を高めるのに大切なこと、簡単にできる方法についてもお話いただけました。
また、講演タイトルにある“125歳まで元気に生きる”、気になりませんでしたか?
日本人の平均寿命は年々のびていますが125歳とは…どうすれば長生きできるのか?
その答えは寄生虫と関係あるのか?気になる方はぜひご講演で😉

控室でも気さくにお話くださる先生はご講演でも楽しくお話しいただけました🙊💖
笑いもあり、へぇ~!と思う部分もあり、スライドで実際のお写真などもご紹介いただけます。
背筋もピンとしてとても若々しくいらっしゃる先生の健康に関するお話は説得力もありました。
ご著書もたくさんおありの先生ですので、ご著書を読まれてのご依頼もたびたびあります。

少しずつ春の足音が聞こえてきて嬉しいものまね四天王です👸

先日、征夷大将軍とまだまだ雪がたくさん残る、
長野県・野沢温泉村の野沢温泉スキー場へスノーボードをしてきました!
実は昨年も別のスキー場へスノボをしに行っており、昨年に引き続き…ということで行ってきました🏂

王たちが行く前日も雪が降っていたようなので、期待してゲレンデへ!
1日目は天気もよく、雪もばっちり😉🌠
レンタル屋さんのお姉さんに教えてもらったとおり、メインのゴンドラに乗って上へ行くととてもきれいな景色でした◎
20190221_1

初心者コースはどれも横幅があって滑りやすかったです!
上級者コースの中には傾斜39°の「カベ」という名前のコースもあり、王たちはその横の林間コースからカベを見ましたが、あれは壁というより崖でした…でも挑戦者もたくさんいてかっこよかったです😊
いろんなコースがあるので初心者から上級者まで楽しめると思いました😇

2日目には「ガリガリ君フェスタ」というイベントもたまたまやっていて、野沢温泉スキー場のキャラクター・ナスキーとガリガリ君と写真を撮ることができました📷
しかも、ガリガリ君が無料でもらえました!味も選べます。
20190221_220190221_3
雪が降る中、雪山で食べるガリガリ君…おいしかったけどとても寒かったです。
ガリガリ君イベントの開催日はまだあるようですので雪山でのアイスもいいかもしれませんね!
全然溶けません!

将軍も昨年よりかなり滑れるようになって嬉しい限り…
雪が溶けるまでの間にはなりますが、みなさんもウィンタースポーツを楽しみに、ガリガリ君を食べに、野沢温泉スキー場へ行ってみてはいかがでしょうか🙊✨
(麓には温泉街もあります♨)

ものまね四天王です👸

現在開催されている、「大人のための謎解きイベント 鉄道探偵と1/3の奇妙な手紙」に挑戦してきました。
こちらは京王電鉄と東京都交通局が合同で企画しているイベントで、今回でなんと、第6弾とのこと!
しかも、謎解きに使う冊子↓は駅で無料配布しています😇
20190207_1
  
つまり、切符があれば参加できるイベントなのです。
今回はとある兄弟のお話で、京王・井の頭線が舞台の「兄編」、都営地下鉄で行う「弟編」、2つをクリアして挑戦する「解決編」の3部構成のストーリーとなっています。
王は2日に分けて参加しました🚉

弟編は6時間ほど、兄編は急いだので4時間ほどでクリアできました!
途中でランチタイムやカフェタイムも取ってこの時間なので、がんばれば1日でのクリアもできるかもしれませんね!

こちらの謎解きは抽選でプレゼントが当たります。
クリアできた数によって、応募できるものは変わりますが、ホテルのディナー券や水族館の年間パスポートもありました🐠

参加する際は一日乗車券がお得です。
どちらの鉄道会社も沿線の券売機で購入することができます💰
20190207_2
※写真の「冬のワンデーパス」は発売終了しています・・・。

都営線の方は珍しく、パスモに入れることができるんですよ!便利ですね!
京王線・井の頭線一日乗車券は大人:900円、小人450円
都営線まるごときっぷ(1日乗車券)は大人:700円、小人:350
普段はなかなか降りる機会のない駅にも足を伸ばして行ってみるのも楽しいですよね。

親子でもお友だち同士でもたのしめるのでお休みの日には電車に乗って謎解きへ行くのはいかがでしょうか😉
3/21(木)まで開催しています!

インフルエンザが流行っていますが、
みなさん大丈夫でしょうか?
ものまね四天王です👸

先日、弊社お得意様ご主催の三浦由紀江先生のご講演会へ行ってまいりました!
今回は「仕事は楽しく、自分に限界をつくらない」というテーマでお話いただきました。
先生は23年間の専業主婦生活ののち、44歳でJR上野駅の駅弁販売でパートデビュー。
これが人生ではじめてのお仕事。
パートから管理職、正社員にまでなった経歴を持つ先生。
そんな先生がどういった考え方で、どういった事を心がけて今までお仕事をされてきたかをお話してくださいました。
全部書くとネタバレになってしまうので
特に私の印象に残ったお話を紹介したいと思います😇

とても楽しそうにお仕事のお話をされる先生でもパート時代、転職を考えた時期があったそうで、いくら利益をだしてもなかなか上に認められなかったことから 求人誌をみて新しい働き口を探していたそう。
それでもここで働くと決意。
「楽しい仕事なんてない、仕事を楽しくしてしまえばいいんだ!」
と、ご自身の考え方を変えて、お仕事を続けられたそう。
そんなとき、先生の店舗の支店長が変わった。
いままでの店長はずっと事務所でパソコンをカタカタしているだけ😐
でも次の支店長はお店も手伝うし、よくみんなを褒める。
そして先生はどんどん認められていったそうです。

そんな先生の接客のポイントが2つ。
お客様をよくみて気づくこと。何を見ているか、何を持っているか、何を着ているか。
よく聞くこと。話をする、話を聞くことでニーズをひきだす。
たしかに、旅行へ向かう駅でフレンドリーに接客してもらえたら嬉しくなって ついついたくさん駅弁を買っちゃいそうですよね😋🍙
先生はこの接客を通して駅弁の味が変わると思っていたそうです。
「さっきの販売員さんたのしかったな~」と笑顔で駅弁を食べるのと「あの無愛想な販売員どうなってるんだ!」とムカムカしながら食べるのでは味が変わるのではないかとおっしゃっていました。
ただ売ればいいだけではなく、お客様が駅弁を召し上がるときの気持ちも考えていらっしゃるとは…さすがです😊

こうした接客を続けることで営業所長に抜擢された先生。
なんと、1年で売上が5,000万円もUPしたそうです😲!
どうして売上が伸びたのか。先生は現場に出て手伝われたそうです。
ずっと事務所でパソコンをカタカタしていると煮詰まってきて、現場にお手伝いに行ってしまったそう。
初めて行ったときは「所長何やっているんですか!」と手伝うのを止められたそうですよ。
それもそのはず、それまでの営業所長は現場に来ても腕を組んで外から見ているだけ。
最初は遠慮していた現場の方々もそのうち慣れてくると「三浦さん、今日もお手伝いお願いします!」なんてお願いされるようになったとか😉
パートさんたちからも所長が来てくれると楽しい!という声もあがったそうです。
先生がいらっしゃったら場がパッと明るくなりそうなのでパートさんたちの思いがよく分かりました✨
また、先生は現場のことは現場が一番よくわかっているという考えからある程度の決定権を現場の方々に持たせたとのこと。
それが原動力となって売上アップにつながったのではないかとおっしゃっていました。

最後は、感謝の気持ちと楽しむことが重要だということを身をもって知った。
楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいんだと考えてきた。
みなさんもたくさん笑って、楽しくお仕事をすることにつなげていただければと締めくくられました。

お話の途中では、先生が企画に携わり大成功した駅弁や鉄道博物館のおみやげだけでなく、失敗した駅弁もご紹介いただけました。
一緒に聴講したチョコレート大好きなハルク先輩は全部チョコレートでできた、なんちゃって幕の内弁当が気になったようでした😍🍫

なんと!三浦先生は現在も現役のパートさんとしてJRの駅弁売り場でご活躍中だそうです。
今回のご講演前にもお仕事をされてきたそうでしたが お疲れの色も全く見せず控室でも気さくにお話してくださいました。
ご講演も先生の接客と同じく明るくフレンドリーな印象で、次の旅行のときには私もぜひ先生の店舗に行って先生のおすすめ駅弁を買いたいな、と思いました😉🌟

営業さんはもちろん、実際に自分が販売などしていない社員の方などでも お仕事に対してのポジティブな考え方を教えていただけるご講演だったと思います。

あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします、ものまね四天王です👸

ついに2019年がやってきました。
なにかと平成最後の~といわれておりますが、平成最後の初詣、王はタイトルのとおり善光寺へ行ってきました😇
おそば県へ帰省のついでに毎年お友達と行くのが恒例行事になっているのですが、今年も相変わらずの人だかりでした~!
20190109
こちらは山門(重要文化財だそうです)からの一枚。
人が多いため本堂までは規制がされているので
横にあるおみくじやお守り売り場にはお参りをしてから行きましょう。
本堂でお参りを済ませたあとは今年のおみくじを引きました!
3人で行ったのですが友①と王は番号も全く同じ吉、友②は大吉でした!
大吉はいうまでもなく、吉でも大吉かと思うほどいいことしか書いてなかったので
今年もいい年になりそうです🙊💝
ほんとうはお戒壇めぐりなどもしたいところですが本堂の中も人だらけなので
初詣はお参りだけにします😔

善光寺は長野駅まで参道1本でつながっているので王たちはいつも長野駅まで歩きます。
今年も歩いて長野駅へ向かったのですが、年々、参道脇にあるお店が新しくなっているんです!
八幡屋礒五郎という長野では有名な七味唐辛子のお店があるんですが、その七味唐辛子を使ったソフトクリームを新しく見つけました◎
味はなんと、チョコ味です!
今年は寒すぎて食べれなかったのですが次の初詣でぜひ食べたいと思います🍦

みなさんも長野へ行かれた際はぜひ善光寺へお立ち寄りください😉

↑このページのトップヘ