日本綜合経営協会スタッフblog

創業45年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

【重要なお知らせ】新型コロナウイルス 感染拡大防止のための弊社業務体制について(2020.5.19更新)
2020年4月1日(水)より、全社で在宅勤務の体制を取っております。
また5月21日(木)より会社休業日・営業時間にも変更がございます。
※より詳細な情報は[ 弊社HP ]を御覧ください。

✍かにかま

こんにちは、かにかまです🐙

先日、矢部輝夫先生のご講演を聞いてまいりました。
今回の講演テーマは『みんなで創る「安全」と「おもてなし」』。

鉄道業に40年以上携わってきた矢部先生。
首都圏のJRだけでも1日に使用する人数は約1400万人。今この瞬間に動いている列車は600本。
それを支えているJR社員は、1万2千人。すごいですね。

鉄道の安全性、信頼性は飛躍的に向上している。その1番いい例が新幹線。
開業してから数十年、お客様を乗せた新幹線が脱線したのはたった1度だけだそうです。
そんなシステムを作ったのも、管理しているのも、運用しているのも人。
では、その安全性や人はどう生まれたのかお話しますと講演スタート。

ヒューマンエラーによる事故は、約8000万回に1回の割合で起こる。
逆に言えば、7999万9999回は、無事に業務完遂できているという事。
これは“人のしなやかさ”によって生み出されている。

では、人のしなやかさとは一体何か。
実例として、昭和44年12月の北陸トンネル特急「日本海」列車火災事故を挙げられました。

当時の国鉄の規則では「トンネル内で火災が起きた場合は速やかに列車を停止させなければならない」と定めていた。
しかし、機関士は「トンネル内での停車は危険」と判断し、トンネルを脱出。
脱出後に緊急停車して、消火作業を行った結果、死傷者はゼロだった。
ところが国鉄は、この機関士の行為をマニュアル通りに従わなかったとして、運転規則違反により処分してしまった。

この火災から3年後、北陸トンネル急行「きたぐに」列車火災事故が発生。
その機関士はマニュアル通りの行動を行い、トンネル内で緊急停止をした。
結果、死亡者30名 負傷者714名と大きな事故につながってしまった。

人は常に変化する環境の中で仕事をしている。
マニュアル通りに仕事を進める事は大切だが、想定内の事故しか対応ができなくなってしまう。
今後は事故が起こってから対応を考える「守る安全」から「チャレンジする安全」へ切り替えていかなければならない、と提言されました。


他にも、矢部先生は鉄道整備株式会社(現JR東日本テクノハートTESSEI)にて
安全につながるための様々な改革を行いました。その一つで有名なのが「おもてなし」です。

テッセイは新幹線車両清掃の専門会社で、いわゆる「3K(きつい・汚い・危険)職場」と呼ばれていた。
かつてはスタッフの士気が上がらない、離職率の高い会社だったそうです。
いまや「奇跡の職場」といわれ、経済産業省の2012年度「おもてなし経営企業選」にも選ばれるほど。
米CNNは新幹線を7分で清掃する技を「7ミニッツ・ミラクル」と報じ、注目されています。

まず社員のモチベーションアップが必要と考えた先生は、仲間同士の挨拶を徹底。
さらにスタッフの地道な“良い行い”をリポートさせる「エンジェル・リポート」を導入。
スタッフ同士が認め合い、ほめ合う文化を作り上げた。
現場から上がる提案や気づきに丁寧に向き合い、ボトムアップによる課題解決にも尽力。

スタッフの制服も一新。
ジャージから爽やかな身だしなみにした事で乗客からも注目され、声をかけられるようになった。
達成感と誇りがスタッフのやる気に火をつけ、こうしてテッセイは新3K(「感謝・感激・感動)を実現しました
最後にエンジェル・リポートを流して講演終了。こちらも必見です。

今回は安全大会でしたが、人材育成に関するご講演をはじめ。
「働き方改革」「スタッフ定着率」「職場内コミュニケーション」など様々なテーマでご対応いただけます

優しいお人柄で、控室でも楽しく談笑させて頂きました。
お問い合わせ、お待ちしております!


以上です。


■関連記事
芳賀繁先生((株)社会安全研究所 技術顧問、 立教大学名誉教授)

山村武彦先生(防災システム研究所 所長、 防災・危機管理アドバイザー)


塚原利夫先生((有)日本ヒューマンファクター研究所 取締役副所長・教育開発研究室長)


ご無沙汰しております、かにかまです🐙

先日、舞の海秀平先生のご講演を聞いてまいりました。
今回の講演テーマは『私の相撲人生』。

「これまでの相撲人生を正直にお話しします。」と講演スタート。
まずTVでは決して話せない内容をズバズバと。会場は大笑いで掴みバッチリでした
(こちらは講演でしか聞けない“裏話”になるため、実際にお聞き頂ければと思います)

会場内の空気も温まったところで、大相撲相撲の世界に入るまでのエピソード


本当は大学を卒業して、山形県内にある高校の社会科の教師になる予定だった。
しかし卒業する2か月前、大相撲入りする決意を固めた。
きっかけは、後輩の急逝。

後輩の父親が言った「生きてさえいてくれたらそれで十分だ。」の言葉を聞いて、
たった一度しかない人生、本当にやりたい事をしたいと思い相撲の道を決めたそうです。

この気持ちを大学相撲部の監督に打ち明けるも、まず訊かれたのは身長について。
169センチです、と答えたらそれは厳しいかもしれないと。
なぜなら、当時は173センチ無ければ認められなかったから。
それでも諦めきれず紹介されたのが出羽海部屋でした。当時の親方は、第50代横綱 佐田の山関。

大学を卒業し出羽海部屋に仮入門。
3月に大阪で行われる春場所の前に新弟子検査があり、そこで合格すれば正式に入門が認められる。
条件は、173センチ・75キロ以上、内臓検査をパスした25歳以下であること。

検査当日の朝、173センチ以上にするために
鬢付け油(※ロウソクのような見た目・固さのもの)を頭に乗せ、髪の毛で覆い準備完了。
しかし、なぜかその日に限って異常気象により気温がぐんぐん上がる。
結果…油が溶け出し頭はドロドロ、身長を測っていた親方にそれも見つかり叱られ不合格。

失意のどん底で部屋に戻り、その後誰にも言わずに東京へ帰った。
次の検査は2か月後の5月場所。
その日までに何とかしなければ、と思い病院の先生に紹介された
美容外科へ行ったら「頭にシリコンを入れませんか。」と持ち掛けられた。
手術の様子は省略しますが…眠れないほどの激痛だったそうです。

そして2度目の新弟子検査が行われる両国国技館へ。
身体検査を行っていた親方は、第55代横綱 北の湖関。
順番を待っていると、北の湖さんに「痛いだろう。もう少しだから頑張れ」と声をかけられた。
もちろんシリコンの事は誰にも話していません。優しいお人柄が出ていますね。
こうして無事合格。正式に出羽海部屋の入門が認められました。

後日、佐田の山さんへ「どうして根回ししてくれなかったんですか。」と
聞いたところ、笑いながらこう言われたそうです。

お前は就職先も内定していたし、この世界でやっていくには小さすぎる。
だから1度目の検査で不合格になり帰った時にはホッとした。
本当にその体格でやる気があるなら、一度落ちても戻ってくるだろうと確信していたら、
まさかシリコンを入れて帰ってくるなんて思わなかった。

それを聞いて、これは覚悟を試されていたんだ、と感じた。
佐田の山さんのために、部屋のためにもっと努力して恩返しをしたいと士気が高まった。
厳しくも寛容でユーモアがあり、人の心を動かすお方だったそうです。


土俵とは世の中の縮図かもしれない。
勝つか負けるかだけではなく、人情(情け)、いろんなものが渦巻いている世界。
時代が移り変わりAIが発達しても人情はつくることができません。と締めて講演終了。
その後の質疑にも丁寧に答えていらっしゃいました。

今回の聴講者様は60代以上と、現役時代をお知りの方が中心でしたので登壇時から大盛り上がり。
また相撲をあまり観ない方や学生さんなど若い方が対象の場合でも
現役時代のDVD投影をしてから講演にうつるため、安心してお聞き頂けると思います。

テレビや解説などで大変お忙しい先生ですので、お早めのご依頼がおすすめです。
お問い合わせ、お待ちしております!


以上です。


■舞の海先生についての過去記事

■関連記事
古賀稔彦先生(柔道家)

山本昌邦先生(アテネオリンピックサッカー日本代表監督、 NHKサッカー解説者)


沢松奈生子先生(元テニスプレーヤー)


こんにちは、かにかまです🐙

ヒトカラに行った話をします。


突然ですが、皆さまカラオケはお好きですか? 私は嫌いです。
理由はシンプル。音痴だからです。
※音痴あるある50選は私の心境そのものなので、気になった方は検索してみて下さい

今まで歌ハラ(1曲だけでもいいから何か歌いなよハラスメント・かにかま命名)に対し、
タンバリンで場をしのぐ・急病などの理由で回避してきましたが、そろそろ限界を感じてきました。


そこで、せめて人並みに歌えるようになろうと思い
『カラオケまねきねこ』で実施している、朝うたへ行ってまいりました!
20180326

店舗により異なりますが、平日・休日に関わらず昼の12時まで
ワンオーダーorドリンクバーを頼めば1時間20円で歌えます◎
今回は2時間ワンオーダーでこの値段でした。安い。


ちなみに目標は、堀江淳を歌えるようになることです。
あと、タンバリンもさほど上手ではないので、練習しようと思います。


以上です🙌

こんにちは、かにかまです🐙

バッティングセンターの話をします。

私が度々訪れるバッティングセンターでは、『毎日がイベント』と銘打っているだけあり
曜日ごとにとあるサービス(下記参照)を行っています。

月…ポイント2倍
火…球数アップ(+2)
水…レディースデー(AM:1000円で打ち放題 PM:300円で2ゲーム打てる)
木…回数券を買うとくじが引ける
金~日…特定のホームラン的に当てたら招待券のほか、オロナミンCなど貰える


先週の木曜日、回数券を購入した際にくじを引いたのですが、
なんと特賞の無料バッティング券×3枚が当たりました💞
今まで、すべり止め手袋(園芸用)や冷えピタを貰っていたので嬉しいですね。
20180312

受付のお兄さん(おじさん)達にも祝ってもらえました◎
今後も精進して参ります。


以上です🙌

ポムポムプリンマンに巡り合えません。
こんにちは、かにかまです🐙

今週は、伊藤華英先生のご紹介をします。

伊藤先生は、ベビースイミングから水泳を始め、2000年日本選手権に15歳で初めて出場、
日本代表選手として2012年ロンドンオリンピックまで日本競泳界でご活躍をされておりました!
また、2008年女子100m背泳ぎでは日本記録を樹立し、オリンピック代表選手にも選ばれております。

こうした数々のご経験の中で得られた、コミュニケーション法、
メンタル強化、モチベーションについてご講演の中でわかり易くお話しいただけます。
ケガ予防やパフォーマンス向上のエクササイズも、実際に体験しながら学ぶことができます◎

なお、安全大会の講演会へは当社からのみのご案内となります!!!

⇓⇓ ご講演のテーマはこちら ⇓⇓

<安全大会用(当社オリジナル)テーマ>
安全をより確かなものにするために ~オリンピアン推奨メソッド~

<その他ご講演テーマ>
ストレスを味方につける!モチベーションマネジメント
ビジネスマンのためのメンタルタフネス
夢は自分を強くする
目標達成できるメンタルコントロール
トップチームのチームワーク ~個人の役割と組織力~

そろそろ安全大会のご計画が始まる時期ですね。
お問い合わせ、お待ちしております。

以上です🙌

↑このページのトップヘ