日本綜合経営協会スタッフblog

創業44年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

★落語・漫才・講談

こんにちは、落武者(前世)です👹
先日、弊社お得意様ご主催の安全大会でのご講演現場にお伺いしてきました。
今回は、なんとお二人でのご講演!
講師は 放送作家の石田章洋先生と、落語家の三遊亭道楽師匠です。(お二方とも当社専属講師です)

なぜ放送作家と落語家が一緒に講演を・・・?と思いますよね。
実はお二人、円楽一門会ご出身というつながりがあるのです!
(石田先生は六代目三遊亭円楽師匠に弟子入り後、二つ目昇進もされましたが、その後放送作家に転身。道楽師匠は五代目三遊亭圓楽師匠のお弟子さんです)
控室でも、さすが噺家さん!テンポよく、和やかに楽しくご歓談されていました😊

今回のご講演テーマは「安全は「伝わる」コミュニケーションから! ~人気テレビ番組と落語に学ぶ「伝え方」~」。
20191209-1 20191209-2
石田章洋先生&三遊亭道楽師匠のプロフィールと講演依頼はこちら

最初は石田先生のご講演。まずは「ユーモアのある伝え方」について。
ユーモアには、人に好かれる・他人が心を開いてくれる・モテる(笑) など、円滑な人間関係構築につながるメリットが満載。
言いたいこともより「伝わる」ようになり、ひいては仕事上の安全確保にもつながる。

笑いを起こすための「緊張と緩和の原則」についても解説いただきました。
詳しくは、ネタバレになってしまうので・・・ご講演でお聞きください😄

続いて、「落語に学ぶ『伝え方』」について。
演説の達人、政治家の小泉進次郎氏は大の落語好き!「落語は演説の勉強にもなる」のだといいます。
落語の基本的な構造は「①まくら→②本編→③オチ」。
小泉氏いわく、演説ではつかみ(=まくら)と締め(=オチ)がビシッと決まっていないと落ち着きが悪いのだそう。

演説に限らず、ビジネストークも落語から学んで磨くことができます!
ビジネスで大事なのは最初の「まくら」、いわゆる雑談。相手との距離を縮める効果がある。
また相手の反応を見ることで、相手のレベルも判断でき(※)、本題へと自然に導いていくこともできる。
(※)落語家さんはまくらでお客さんの反応を見て、かける演目を選びます。
(例:今日は落語を初めて聞く人が多そうだから、わかりやすい噺をやろう 等)

では、どうしたら上手い雑談ができるのか?
話題選びに困ったときのコツは「適度に整理すべし」!
これは相手との距離を縮めやすい話題、「レビ・候・楽・ュース・活・舎・行・ターorキャンダル・強・事」の頭文字を取ったもの。

落語を聞くと「頭が良くなる」=場面を想像する必要があるため、脳も活性化される。
そして笑ってストレス解消、健康に!そしてビジネスにも役立つ! …と、いいことづくめ😊


それでは実際に落語を聞いてみましょう!ということで、ここからは道楽師匠にバトンタッチ
まくらの後、「死神」をかけていただきました。
劇中で登場する呪文には、主催者様の仕事道具の名前もキッチリ入れてくださる等、サービス精神旺盛!
皆様にも笑顔が😄


落語が終わると、石田先生が再度ご登場。お二人で明るくトークを繰り広げます。
20191209-3 20191209-4
死神はオペラにもなっている演目であることや、
石田先生から道楽師匠への質問形式で、落語・笑いへの理解が深まる小ネタもご紹介。
(落語の枕はどうやって話題を選んでいるのか、面白い話をしようとするときには何に気をつけているのか 等…)
また石田先生が手掛ける番組「世界ふしぎ発見!」の裏話も。

終わりには道楽師匠のアドリブで、なぞかけを4つ披露! 1つだけご紹介します。
今回は警報機関係の事業主の方々がご参加の会でしたので、
 石田先生「警報機とかけまして 名人の噺家と解く。その心は?」
 道楽師匠「その心は・・・ 普段は目立つことがありません。」
おみごと!! 最後は万歳三唱で締めていただきました。


今回最後列の席で聞かせていただきましたが、ご参加の皆様にも最後まで集中してお聴きいただいておりました!
主催ご担当者様にも「最初はどんなふうに話すんだろう?と思っていましたが、新感覚で良かったです!」とおっしゃっていただきました。ありがとうございます😊

石田先生・道楽師匠お二人の、「安全大会でのご講演」弊社限定でのご案内です!
2020年春の安全大会に向け、そろそろご計画を始められる建設関係企業・団体様も多いかと思います。
ぜひお二人のご講演も、候補に入れていただければ幸いです!
お問い合わせ、お待ちしております。

石田章洋先生&三遊亭道楽師匠のプロフィールと講演依頼はこちら


■関連記事
三遊亭多歌介師匠



初音家左橋師匠


お笑いコンビ・パックンマックン


こんにちは、南町奉行です|´ω`)
弊社お客様ご主催の三遊亭多歌介師匠のご講演と落語を聞いてきました。
三遊亭多歌介氏似顔絵
※諸事情により写真が撮れなかったため、師匠の似顔絵の掲載許可を頂きました( *´艸`)

まずは自己紹介から。
お車で移動されることが多い師匠ですが、その日の会場までは30分くらいと見積もっていたものの、実際は結構な渋滞に引っかかり1時間近くかかってしまったそうです。
どうしたのかと思っていたら、どうやらバイクに乗った女性が転倒してしまったようで。
なかなか重体らしく、だからこんなに道が混んでいたんだなぁと思いながら会場入りしたんです、と師匠は続けます。
……自己紹介じゃなかったのかって?えぇそうです、「事故」紹介です(笑)
これに気付いた人は事故に遭いづらい人。私みたいにぼーっと聞いていた人は要注意!(;ノ∀`)
と、はっと気づかされるような掴みでご講演が始まりました。

以前若草物語ちゃんも書いていたように、ご講演数全国1位の師匠。
※前回のご講演レポート


中でも安全大会でご講演されることが多いのですが、安全大会が集中する6~7月よりも実は今のような秋の方が「人の命に関わる事故」が増えるんだそうです。
夏場はひとりひとりが「暑いから気を付けよう」と思いますが、涼しくなってくるとそれに綻びが出てしまう。そうなると「この人に任せておけば間違いない」と信頼されているベテランが思わぬ事故を起こしたりします。新人のうちは周りの目も多いですが、ベテランになるにつれそうとも行かず……。
つまり事故は誰もが起こし得るもの。事故をゼロにする方法は残念ながらないと言わざるを得ません。
事故はその数を減らそうとするのではなく、一件あたりの規模を小さくしようと努力することで自ずと件数も減っていきます。大事は小事、小事は無事、です。

ではそのためにはどうすればいいのか。
咄嗟の対応力・判断力を身につけるのが大切。
すぐ対応出来るスピード感を持つ頭を作っておくのがいい。
それに必要なのは、(以前の記事でもご紹介している通り)ずばり「落語を聞くこと」です。
落語を聞いて「気付く頭」を養い、オチに笑って脳のストレスを解消することがひいては安全に繋がるんですね( ˘ω˘ )
実際どんな「気付きのきっかけ」が披露されるかはご講演にて!

私個人も(ホラーが駄目なくせに)意味が分かると怖い話などはついつい読んでしまうのですが、落語を聞く方が精神衛生上良さそうです……よね(;-∀-)笑

今回は安全大会へのご出講でしたが、もちろん新春のおめでたいお話も可能です!
そろそろ始まってくるであろう新春講演会のご計画にいかがでしょうか?

お問い合わせお待ちしております(∩´∀`)∩



■関連記事(講演レポート)
初音家左橋師匠


小久保晴代先生


大平哲也先生

若草物語です。
5月下旬のとある日、三遊亭多歌介師匠のご講演を聴いてまいりました。

多歌介師匠といえば、弊社でも長い間お世話になっている講師のお一人!
(2016年にハルク先輩がご紹介記事を書いていたので、こちらもぜひご覧ください。)
 【講演依頼】あの歌手にそっくり!落語家 三遊亭多歌介師匠の 落語・ご講演
たくさんご依頼申し上げているにも関わらず、なかなか拝聴する機会がなかったのですが
都内でのご出講が決定したので、お伺いさせていただきました。

今回は安全大会でのご講演ということで、テーマは
「気付く頭が安全への道 ~落語を聞いて判断力のスピードアップを~」

ご講演中の写真からもわかるように、とっても明るくて楽しい師匠!
明るく楽しく、安全についてお話しいただきました。

エアコンが無いような現場で働いていると、作業中についついぼーっとしてしまう。
そのような状態だと、普段起こさないような事故を起こしてしまう。
事故を防ぐときに大切なのは、ずばり「気がつくこと」と「スピード感」。
事故が起きそうなときに、すぐに気がついて行動できれば
大きな事故は小さくなり、小さな事故は無くすことができます。

気づけるようになるにはどうしたらいいか? 落語を聴けばいい!
落語には最後にオチがある。落語を聴いて笑えるのは、「気づく頭」があるから。
「気づく頭」は安全だけではなく笑いにもつながるのですね!
お話の中でもいくつか小噺を披露していただけるのですが、
一つだけオチの意味に「気づく」ことができませんでした… まだまだ修行が足りませんね。

ご講演では、「笑点」の裏話や師匠とのエピソードなどを交えながら
安全のために、また、経営者として必要なことについてお話しいただけます!

全国各地、毎年多数ご講演なさっている多歌介師匠。
昨年度はなんと、すべての講師の中でご講演数が全国1位だったそうです!
弊社からもたくさんご依頼申し上げているので納得です。いつもありがとうございます!

楽しく安全についてのお話を聴きたいという主催者様に、全力でオススメいたします。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

三遊亭多歌介師匠のプロフィールと講演依頼はこちら 


■関連記事(講演レポート)
初音家左橋師匠


桂歌春師匠


パックンマックンさん


落武者(前世)です👹

先日、弊社お得意様(44年前の弊社創業時、最初にお仕事を下さった団体様です)ご主催の、パックンマックンのお二人のご講演を聞いてきました!

会場へお入りいただいた後、控室で少しお話をさせていただきました。
お二人とも とっても気さくで、私達にもお気遣いをくださる優しくて素敵な方でした!!
今回のご講演テーマは「パックンマックンお金にまつわる笑劇的国際交流」。
まずはお二人の自己紹介も兼ね、客席も巻き込んでのコントを披露。
大変恐縮ながら、マイクが立ち位置によりハウリングしてしまうトラブルもありましたが、小規模の会ということでお二人が機転を利かせてくださり「マイク無しでも聞こえますか?」と確認のうえ、コントではマイクを使わずお話してくださいました。。
さすがプロの芸人さん、良く聞き取れるお声で、はじめから会場は大爆笑!
臨機応変にご対応いただき、本当に感謝です。

20190612-2 20190612-3
コントの次は「皆さんに自己紹介をして、交流していただきたいと思います!」と、マネージャーさんや私達スタッフも例外なく、お二人の誘導でどんどんペアが作られていきます。
ただし、ここで1つ条件。「もし宝くじ10億円が当たったらどうするか、必ず話してください!」と。
実際に私も、司会進行役の方と自己紹介し合いました。他の方々のペアも、お二人が「終了―!」と告げてからも話し続け、大盛り上がり!
交流することの楽しさと醍醐味を全員で味わいました。

ここで話題は、今回のテーマにもある「お金」について。
日本人はお金について話すことについて、なんとな~く“いやらしい”・“汚い”というイメージを持っていて、子供にお金の話をするのも「まだ早いから・・・」と敬遠しがちだが、パックンの生まれ育ったアメリカでは全然違う!
子どものお小遣いの話から節約術、お金の貯め方・増やし方まで、日米それぞれのお金に関する価値観の比較を経て、「お金とはどういうものなのか」についてお話しいただきました。
詳しくご紹介したいところですが、、、ここから先はぜひ実際のご講演をお聞きいただきたいと思います!

パックンマックンのお二人のご講演は、最初から最後まで参加型。
マイク片手に客席まで向かい参加者の方に質問を投げかけ、回答をときに笑いに変えながら進行されます。
その時々の回答に応じて笑いの取り方も違うでしょう。まさに「客席をも巻き込んだ漫才」のようなご講演会です!
私ももう一度聞きたいくらい、とても楽しいひとときでした。
笑いにあふれたご講演会を計画されたい主催者様に、ぜひご推薦させていただきたいです☺

ただ、お二人には講演会・イベント等への出演依頼が殺到中!
テレビのレギュラーもあり、かなりタイトなスケジュール状況ということです。
先の日程ですとご相談が難しい場合もあるかと存じますが、そうした点も含め、早め早めのご検討をおすすめいたします・・・!

パックンマックンさんのプロフィールと講演依頼はこちら


■関連記事

こんにちは超人ハルクです😊
年明け、まだ会社も始まっていない、とある日❢

お得意様からのご紹介の新規お客様ご主催の新年会にて、桂歌春師匠の「こころのビタミン・笑いのちから ~落語一席~」と題したご講演+落語を聴いてきました。
20190307
桂歌春師匠のプロフィールと講演依頼はこちら

歌春師匠は、1949年宮崎県日向市に生まれ、21歳の時に落語家を志し上京。
1970年に故・桂 枝太郎に入門後、1979年、桂枝太郎一周忌を機に桂歌丸門下に移籍、1985年に「桂 歌春」で真打に昇進されました。

現在は、新宿末広亭や池袋演芸場などで、ほぼ毎日寄席に出演する傍ら、落語芸術協会理事や地元宮崎の「みやざき観光大使」なども務めていらっしゃいます。

今回は90分ではなく、60分でしたので、前半は、寄席について、健康に関すること等、新年にふさわしく明るくお話し頂き、後半は「加賀の千代」という落語を一席披露して頂きました。

「加賀の千代」とは💡
掛取り(借金の取り立て)が押し寄せる大みそか。
どうにもやりくり算段がつかない甚兵衛夫婦がいた。

「死んだふりでもしようか」
とケロッとしている甚兵衛に対し、甚兵衛の女房が、
「どうしよう、これでは年が越せないよ。ご隠居さんのところにいってお金を借りておいでよ」
といい、甚兵衛が渋々隠居さんのところにお金を借りに行くお話です。

オチはぜひ一度聴いてみて頂ければと思います😊

そして、最後に、笑点でおなじみの“なぞかけ”を、いくつか披露して頂き、終了となりました。

今回の主催企業の社長様は、ご自身で寄席に行かれるほど落語好き!
一年の明るいスタートになったと、とっても喜んで頂けました。ありがとうございます!

歌春師匠は、安全大会へのご出講依頼も可能です。

↑このページのトップヘ