日本綜合経営協会スタッフblog

創業44年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

★生涯学習

若草物語です。
◯(山に風)ファンの姉と一緒に「◯のワクワク学校2018」に行ってきました。
初めての東京ドーム・初めてのジャ◯ーズだったので、いろいろな意味でドキドキしました。

今回のテーマは「部活」。5人がそれぞれの部活の部長となり活動報告を行いました。
5つの部のうち、相葉◯紀さんが部長を務めていたのが「オカルト研究会」。
“不思議”“あらゆる謎”を楽しむ部だそうです。
オカルト研究会の活動報告の中で「みんなでテレパシーを送ってみよう」ということになり。
ここで「超能力の専門家」として登場したのが、石川幹人先生でした!

石川先生は現在、明治大学情報コミュニケーション学部教授を務めていらっしゃいます。
「人間の認知機能を生物進化の歴史に位置づけ、さまざまな心理現象の背景を探る」
が研究テーマだそうです!とってもおもしろそうですね!!
先生のHPを拝見したところ、松下電器産業の研究所で研究開発に従事されていたり、
通商産業省の「第五世代コンピュータプロジェクト」で人工知能の研究に従事されていたりと
幅広くご活躍なさっているようです。

その一方で、メタ超心理学研究室を主宰。
超心理学とは、「超能力」のような人間の能力のことで、それを研究なさっていると。
石川先生、研究の幅が広いですね!

話題のAIについてのお問い合わせが増えている今日この頃。
「AIの知識がまったくないので、基礎から教えてほしい」とおっしゃる主催者様もいらっしゃいます。
昨年もそのようなご要望をいただいたので石川先生をご案内したところ、
「要望通り、わかりやすくお話しいただけた」との感想をいただきました。

↓ご講演テーマはこちら↓
「人工知能AIのブームを迎えて ~AIに向く課題・向かない課題~」

今のところ超能力についてのご講演予定はございませんが・・・
人工知能について知りたいという主催者様のお問い合わせをお待ちしております!

最近少し暖かくなりましたね\(^o^)/とても幸せです。超人ハルクです。
先月は雪も多く、特に福井県はすごかったですね(;_;)⛄

さて、そんな大雪のニュースの2日後。
弊社お得意様ご主催で、東京大学 先端科学技術研究センター教授の
西成活裕先生のご講演を聴いてきました!
ご講演テーマは「万物は渋滞する~シゴトの渋滞解消の法則~」。
そもそも渋滞学ってなんでしょう??
渋滞学とは西成先生が25年前に作られた学問で❢(学問って作れるんですね・・・)
もともと渋滞が嫌いだったため、解消しようと研究を始められました。

「研究していると大好きだと思われがちだけど、渋滞が大嫌いだからですよ」と、
序盤から笑わせて頂きました\(^o^)/

「渋滞」というと、たいてい車をイメージするかと思いますが、
工場の荷物や、神経細胞の滞りにより忘れっぽくなる病気(認知症・アルツハイマー)等も、
渋滞がおきており、世の中には渋滞が多く存在します。

車も神経細胞も滞る仕組みは同じ!西成先生は長らくの研究の末、仕組みを解明(発見)。
それをシゴトに置き換え、現在は多数の会社の改善の手助けをされているそうです。
その数なんと100社以上!中には病院の待ち時間の渋滞解消も研究されているとか!
病院の待ち時間がなくなるなら、すごいことですね😊

では、なぜ渋滞が起こるのか?
1つは、外的要因<外から邪魔している>=ボトルネック。
もう1つは、内的要因<インとアウトのバランス(比率)が違う>=メタ安定。

渋滞の起こるたいていの原因はボトルネック(外的要因)と言われているが、
ボトルネックだけではなく、実はメタ安定(内的要因)の方が多いのではないか?
6年かけて、ボトルネックがなくても渋滞が起こることを解明。

ここで、無理して車間をつめて速く走る車の実験の映像を再生💡
無理に車間をつめて速く走ること(メタ安定状態)が渋滞を引き起こすということを、
目に見える形でわかりやすく説明してもらえました👀

ちなみに西成先生はインドで3カ月分のアリの行列を観察👀
アリは混んでいても7割ぐらいしか密度を上げず、距離をつめないから渋滞しないという論文も
発表されました!

今までのことをシゴトに置き換えて考えます。
シゴトでいうメタ安定状態とは、無理してシゴトを密にしていること。
※無理にシゴトをこなす→こなせた分シゴトを増やす<詰め込み過ぎ>
これでは必ずどこかで渋滞(崩壊)が起きてしまいます。

つまり、企業も組織も、詰め込まずある程度の間をとることが大事。
メタ安定状態が起こらないように、社員それぞれの能力を見極め、
その人にあった仕事を割り振る(シゴトの密度を考える)ことができる経営者がGood!
経営者の皆さん、いかがでしょうか?これが、渋滞学の視点からの働き方改革!

実際に適切な“間”をとっている組織を長期的に見ると、
潰れずに、生産性があがっているということもわかっています◎

では最後に、間をとるにはどうすればいいでしょうか?
「ムダなことを省きましょう」
西成先生は10年ぐらい前にムダどり学会の会長に就任、ムダをなくそうと実験。
ムダを定義し、その後に「あえて損をして得を得ること=“科学的ゆとり”」を生み出しました。
Ex:電車は一本待った方が空いている

皆さんはプラスばかりを望んでいませんか?後にマイナスでは意味がありません。
一見マイナスに見えることが後でプラスになります。
業務改善をするために、あるべき姿(目的と期間)を決め、それのためにどう行動していくか、
現状ではなく、長期的にみていくことが大事とまとめられて終了しました。

ちなみに、西成先生は「ムダとりの歌」というCDや、昨年「逆説の法則(新潮社)」という著書も
出版されたそうです📕💿 非常に興味深いですね💝

昨夜フジテレビから福井の大雪の渋滞に関してコメントをしてほしいと出演依頼があったが、
今日の講演があるからと断ったとおっしゃっていました!ありがとうございます!笑
そのおかげでとてもタメになる楽しいご講演を聴くことができました。

余談となりますが、西成先生は沖縄が好きとおっしゃっていました😍
大変ご多忙の先生ですが、沖縄からの依頼はWelcomeです\(^o^)/笑
講演前にも気さくにお話頂け、とてもとても楽しかったです❢❢

ぜひ皆さまにも一度、西成先生にお会いして頂きたいです😊

こんにちは超人ハルクです😊
冬が近づいてきましたね、秋もそろそろ終わりでしょうか(‘_’)

秋といえば、芸術の秋(●´ω`●)
先日、弊社お得意様ご主催で文化講演会が開催されました❢

講師は、書道家の武田双雲先生😊 
武田双雲先生のプロフィールと講演依頼はこちら
武田先生は、3歳から書の道に進み、社会人4年目より書道家として独立。

これまでに、NHK大河ドラマ「天地人」や世界遺産「平泉」など、
数多くの題字を手掛けて参りました!
ちなみに私がパッと思いつくのは、Suntoryザ・プレミアム・モルツのCM❢
「笑っていいとも!」にご出演されていたのも、記憶に残っています。
皆様も必ず一度は武田先生の書を目にしたことがあるのではないでしょうか( ̄― ̄)

今回は、講演60分にワークショップのリレー書道30分という希望。
リレー書道とは、聴講者2~3人で1グループを作り、
何グループかで同じ字を書き、それを武田先生に批評してもらうというもの。

選んだ字は「笑」という一文字。
それぞれが一筆ずつ書くので、グループごとに個性が出ます(●´ω`●)

弊社では、何度も武田先生にご出講をお願いしておりますが、
講演のみ、もしくは講演+武田先生のパフォーマンスが多く、
リレー書道の依頼は初めてでした。すごく楽しく、喜んでいただけたようで、
好評のご感想を頂けました\(^o^)/さすが武田先生💜

オリジナルの書道講義が話題を呼び、
日本テレビ「世界一受けたい授業」など様々なメディアにご出演。
また、お母様である、書家・武田双葉先生も、TBS「プレバト!!」などに
ご出演されていらっしゃいます✨❢

講演の詳しい内容はこちらをご覧ください
また、講演だけでなく、書の揮毫パフォーマンスのご希望につきましても、
別途料金にはなりますが、ご依頼可能でございます。
ぜひ皆さまからのお問い合わせ・ご依頼、お待ちしております☎

落武者(前世)です👹
好評発売中のゲーム「バイオハザード7」のCM・宣伝ムービーに、
当社でも人気の講師・東京大学薬学部教授の 池谷裕二先生がご出演されています🌟

20170220
 
ムービーでは、池谷先生が最新の脳医学を使って
同ゲームが「本当に怖い」ということを実証・解説なされています。
池谷先生も同シリーズのファンなんだとか!!
怖いゲームや映画を楽しむことができるなんて、人間の脳は不思議ですね・・・
落武者は結構、いやかなり苦手です・・・

わたしも一度池谷先生のご講演を聴講させていただいたことがありますが、
まさにムービーと同じ、聞きやすい語り口👨💬
また音声・動画つきのパワーポイントを使って
「目の錯覚」などを皆さまに体感していただいたりと
わかりやすく飽きさせない工夫がちりばめられたご講演です👀❣
ほかにも「へぇ~」な知識が満載で、
聴講後はついつい人に話したくなること間違いなしです! 
当社HPの講演レポート と ハルクさんの講演レポート も合わせてご覧ください)

大学の講義もあり大変ご多忙な池谷先生ですが、とってもオススメ!
ぜひ一度お問い合せください☺ 
池谷裕二先生のプロフィールと講演依頼はこちら

落武者です👹
先日、ハルクさんと鎌倉へ遊びに行ってきました!
東北出身のわたしにとっては初鎌倉でした🌅
目的は 御朱印集め、そしてパワースポットで良い気をもらってくること!!
20161031
 
お昼はお目当てにしていた「しらす丼」で腹ごしらえ🍚🍚🍚
最初のお参りは「成就院」へ、不動明王像の写真をぱちり📷🌟
次に境内のひろーい「長谷寺」へ、3組の“良縁地蔵”さがし!
その後、まるで山登りのようなハイキングコースを経て
「葛原岡神社」では“魔去ル石”へ盃を投げつけ
(わたしの盃は勢い良く投げつけすぎてこっぱみじんになりました・・・)
金運UPのご利益がある「銭洗弁天」で 念入りに念入りにお金を洗い💰💦
山をおりて 最後に定番「鶴岡八幡宮」へお参りする、という
詰め込みの強行ルート🙏🙏🙏

御朱印は「長谷寺」以外ちゃんともらえましたよ🙆🍒
(長谷寺はなんと!平日なのに4時間待ちで断念…みなさんもお気をつけて…)

鎌倉は自然がいっぱいで、落ち着くところだなあと思いました!
1日ではやはり回りきれなかったのでまた何回も行きたいです🐶🐾


今回は、そんな鎌倉にゆかりのある講師もご紹介します👨🌟
ベストセラー『バカの壁』の著者でもある、解剖学者の「養老孟司」先生です!
(鎌倉で生まれ育った先生、市観光協会さんの公式サイトでエッセイも書かれていました👀)
ご講演はというと、テーマを主催者様のご自由にお決めいただき、
先生がそれに合わせてくださるスタイル。
言わずもがな、各所でご好評の先生です・・・!

とてもご多忙でいらっしゃいますが、おすすめさせていただきたい先生のひとりです✨
ぜひ一度、いかがでしょうか??
養老孟司先生のプロフィールと講演依頼はこちら

↑このページのトップヘ