日本綜合経営協会スタッフblog

創業44年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

◆参加型講演

こんにちは超人ハルクです😊 まだ暑かった9月頭!
弊社お得意様ご主催による中野美加先生のご講演を聴きに都内某所に行ってきました。

ご講演テーマは、『スシローを変えた“働き方改革”~「こんなの無理!」を「楽しい・やりがい・充実感」にする3つの秘訣~』。
はじめに、人材育成トレーナーになった経緯を簡単に自己紹介。

26歳の時に起業し、代理店改革での実績から、「人は“正しい答え”をわかっていても、自分の思いや納得、情熱がなければ動かない」ということを学ぶ。

その後、アメリカのコーチングスクールで日本人初の資格を得て、15年かけて「エンパワメントコーチング」という中野先生独自のコーチングメソッドを開発。
💡ちなみにこの「エンパワメントコーチング」は商標登録もされております✨

「この“エンパワメントコーチング”をもとに構成された研修を6年かけて取り組み、働き方改革をしたスシローさんのお話を本日はご紹介したいと思います」と本題がスタート。

★いかにしてアルバイトのやる気を引き出し、定着させ、利益を増やすのか?

まず、皆さん(聴講者)に自分に置き換えて考えて頂くことに。

手始めに、隣の人と、自分の会社の悩みや問題点などを話してもらいました。
普段なかなか会社で愚痴を言えないこともあり、意外と大盛り上がり!笑
皆さん日頃の鬱憤がたまっているようです(‘_’)💦

各社様々な問題点を解決していくために、、、

部下のいい状態を作れる上司が肯定的な成果を出せる。
では、どうやって上司力をあげるのか。ここでキーとなるのが「エンパワメント」。

「エンパワメント」とは、人が本来持っている力を発揮する許可を自らに与える、つまり簡単に言うと元気な状態のこと。
その反対として、持っている力が抑圧され発揮できないことを「ディスエンパワメント」。
人間の状態には、この「エンパワメント」か「ディスエンパワメント」の2つしかない。

では、どうすれば部下をエンパワメントな状態にできるのか。
人間は、自分に関心を寄せてくれる人に関心を寄せる生き物なので、先に部下に関心を寄せていく。そして、部下の中にある質の高いモチベーションを探していくことが大事。

人間のモチベーションには、「ラブベース」と「恐れ(フィア)ベース」の2種類。
「ラブベース」とは、自分からしたいと思うこと、好きなこと。
一方「恐れベース」とは、しなければならないこと、やらされていること、辛いこと。

スシローは職人の99%が恐れベースで仕事をしていた。
これでは定着率も悪く、営業本部長が「仕事はラブベースでやろう」と発信、本格的に働き改革が始まった。

皆さんは1日24時間の中で、ラブベースでやること、恐れベースでやること、どちらが多いでしょうか。
ここで、皆さん(聴講者)に自分のラブベースとその本質を探してもらいました。

Ex:子供時代から今までラブベースで達成(熱中)したことは?→野球
   そのラブベースの本質はなんですか?→チームワーク
   日々ラブベースを増やすには?→率先してチームワークをよくする行動をする

皆さんは、部下のラブベースを引き出すことができますか?
部下のエンパワメントな状態を作り、その人のラブベース(人間の本質や才能)で活躍してもらう
ことが、経営や組織運営に繋がるとまとめられて終了となりました。

たくさんのスシローの事例をご紹介頂きましたが、書ききれませんので、ぜひご講演をお聴きください!働き方改革の秘訣をわかりやすく解説頂けます😊💕

中野先生はとーっても明るい方で、控室~帰り道と楽しくお話させて頂きました\(^o^)/

中でも印象的なのが、ご自身の経験をもとにしたエッセイ小説「それでも家は建つ」を書き、三谷幸喜さん脚本で映画化してもらうことが夢だとか(夢ではなく必ず現実になるそうです!)期待大ですね!

現在は軽井沢にお住まいで、来年からは東京にお引越し予定。
軽井沢にぜひ遊びに来てくださいとお誘いを頂き、なんと!10月に実現します!!
とても楽しみです😍ありがとうございます。
(2018.10 追記:実現しました!!)


今回の経営者・幹部向けのものだけでなく、安全大会向けのコミュニケーションのご講演や、英語がお得意なので英語でのご講演も可能!オールマイティですね!

皆様からのお問い合わせ・ご依頼をお待ちしております💜
中野美加先生のプロフィールと講演依頼はこちら


■中野先生ご講演レポート(2019.6追記)



■関連記事(講演レポート)
西成活裕先生


晴香葉子先生


深澤真紀先生


もう夏が来たな~と実感しております!
ものまね四天王です👸
先日、山本衣奈子先生のご講演を聴きにお得意様主催のご講演会へ行ってまいりました。
レポートを書くのは初めてで緊張しております!笑

今回のテーマは「“人を動かす”言葉とカラダの使い方」でした🌷

1日が終わるとその日にあったことの74%は忘れてしまう。
しかし、心から共感・納得できたことや楽しかったことは記憶に残りやすいということで
「今日の話を忘れてもらわないように皆さんにも参加していただきながら進めます!」
と、まずはみんなで頭の体操を。
すると少し緊張感漂っていた会場が和やかな雰囲気に包まれました◎

人間は96%無意識で動いているそうです。
無意識はすりこんだものに反応し、私達は無意識によって動かされている。
確かに、歩くとき、家に帰るとき、いちいち考えて行動してはいませんよね?
例えば後出しじゃんけんでも負けるじゃんけんより
勝つじゃんけんの方がやりやすいんです!
実際にみんなでじゃんけんをすると、たしかに負ける方はなんだか難しかったです😣!
これはいつも勝とうとしているのが無意識に定着しているからだそうですよ。

もちろんこの無意識はコミュニケーションにもあります。
それは相手に「言わなくてもわかる」と思ってしまうこと。これがコミュニケーション不全を生む原因に。
このブログを読んでくださっている方の中にも
ついつい相手の察する力に甘えてしまっている方がいらっしゃるかもしれません😣
“伝える”と“伝わる”は1文字違いだけどぜんぜん違って、
“伝える”のは一方通行だから簡単。だけど“伝わる”は相手からも返ってこなければいけない。
双方向となると難しいものですよね。

そこで、“伝える“ためにコミュニケーションで大事な3つの「S」のお話。
詳しくは実際の講演でお聞きいただきたいですが、
ちょこっとだけ紹介すると…
3つの「S」のうちの1つ「Smile」を生む、
すぐに取り入れられることとして「ありがとう」という言葉を使うことを先生はおすすめされていました😉
日本人はよく「すみません」と言いがちだけど「ありがとう」に変えられる場面が多いそうです。
例えば道を譲ってもらったときなど。
思わず「すみません」と言ってしまいませんか?
「ありがとう」を意識して過ごせば周りの環境も変わるかもしれません◎
最後は隣の人の顔を見て今日一番の「ありがとう」を言うワークで講演を締められました。

所々にワークを交えた楽しくわかりやすいご講演でした!
お話していても明るくて楽しい山本先生。
一緒にいるとこちらも元気をもらえるすてきな先生でした🙊💗
みなさんにもぜひ実際に山本先生のお声・表情でご講演を聴いていただきたいなと思います!

どのような場でもコミュニケーションは大切ということで
今までご出講いただいた主催者様からは多くのご好評のお声をいただいております!
自信を持っておすすめできる先生ですので、ぜひご依頼お待ちしてます!

山本衣奈子先生のプロフィールと講演依頼はこちら


■関連記事

こんにちは、南町奉行です|´ω`)
 
今回はつい最近弊社HPに掲載させていただいた、
八代直也先生をご紹介いたします✨

お話と実際身体を動かすことを交互に行う、健康系の先生です!

皆様にも動かしてもらいますので、ネクタイを外すなどの
軽装でお越しくださいとの指定がありますが、ハードな動きではありません。

身体のゆがみや改善法を教えてもらえますよ(∩´∀`)∩

ご講演テーマは上記ページ掲載のほかにも

○身体の歪みから見る 生活習慣病予防
○40歳から必修!寝たきりゼロを目指す「簡単!5分筋トレ」
○肩こり、腰痛を動かして予防するコンディショニング

などなど。

40~50歳以降となると、経営者の方や幹部の方々の年齢にもなるかと思います。
オフィスで座りっぱなしだと、知らず知らずのうちに身体は歪んでしまうもの…。

一般の方向けや社員大会等だけではなく、
経営者の方々のお集まりでも健康づくりのきっかけにいかがでしょうか(=゚ω゚)ノ

先日も長野県内でご講演いただき、講演中はもちろん、
後からもその話題で盛り上がったほど好評だったそうです(●´ω`●)

お問い合わせお待ちしております(`・ω・´)

落武者(前世)です👹
3月に入り、安全大会のご講演依頼がどんどん増えてきております今日このごろ。。
今回は各所の安全大会で好評をいただいているおすすめ講師、小久保晴代先生をご紹介します!
小久保晴代氏①


健康管理士・運動指導士など、健康にまつわる資格を多数お持ちの小久保先生。
お客様からのリクエストが一番多い、健康がテーマの講演では
生活習慣病の予防法、日々の疲労による肩こり・腰痛・睡眠不足・運動不足などの
原因とその解消法についてお話いただけます!

さらに!
安全大会向け講演では、安全衛生に欠かせないリスクアセスメントの視点も取り入れてお話。
ケガや事故から自分の身体を守るために、具体的にどうするべきか?
実際に身体を動かしながら、健診ではわかりづらい「身体のリスク」を再チェック。
昨年話題となったストレスチェック、メンタルヘルスケアについても触れながら、
職場の安全と活力UP!!できること間違いなしのお話です☺✿

いずれの内容でも、先生に合わせて皆さんにも身体を動かしていただく講演スタイルですので、
とてもわかりやすくリフレッシュできる!と どこへ行っても大好評です👏🌟
お客様からは、ヒーリングのCDを流して全員でリラックスしました~🌿🍃とのお声も!
(私も癒やされたいです…)
優しいお人柄も、本当に素敵・・・(;_;)♥ 自信を持っておすすめできる先生です!

安全大会の時期は特にひっぱりだこの小久保先生。
なかなかスケジュールを頂けないこともしばしば…
大人気講師ですので、お早目のご計画がおすすめです😉✨
小久保晴代先生のプロフィールと講演依頼はこちら!

こんにちは、金平糖です(・ω・)ノ

先日、某企業様にて管理者向けに高村幸治先生の講演をお願いしました。
高村先生は、体験型ワークを交えつつ、モチベーションの上げ方や
部下の育て方などについて講演していただける方です。

高村幸治氏
高村幸治先生のプロフィールと講演依頼はこちら 

特に!!
「体験型?ワーク?そういうのはちょっと……」
となりがちな管理者クラスの方々でも、
やらされている感が無いと大好評!!

「楽しくあっという間だった」
「最初はいやいや来ていた参加者も、帰るときはみな笑顔になっていた」
「ご本人の経験を踏まえた、引き付けられる講演だった」

などなど、絶賛のお声を頂いております✨


ちなみに、先生のテーマはこちら↓↓

◇「やる気スイッチ」を手に入れる3つの秘訣 ~モチベーションマネジメント~
◇本気にできる上司、やる気を奪う愚者 ~自発的に動き出す自律型人材の育成法~
◇従業員ファーストは「誉める」環境からしか生まれない~働きがいのある職場が誕生する心のあり方~
◇部下がグングン伸びる「誉めて育てる」極意 ~従業員が輝く基準を持っていますか?~
◇部下の本気に火をつける 絶妙な「誉め方」「叱り方」 ~企業活性化の秘訣 モチベーション倍増~


講演のみならず、2時間以上のセミナー・研修等も
ご相談に乗っていただける先生ですので、
研修会などをご検討の方は是非!

ご依頼をお待ちしております♪

↑このページのトップヘ