日本綜合経営協会スタッフblog

創業45年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

【重要なお知らせ】新型コロナウイルス 感染拡大防止のための弊社業務体制について(2020.5.19更新)
2020年4月1日(水)より、全社で在宅勤務の体制を取っております。
また5月21日(木)より会社休業日・営業時間にも変更がございます。
※より詳細な情報は[ 弊社HP ]を御覧ください。

ご当地情報

こんにちは、ものまね四天王です👸

先日、大学時代のお友だちと長野旅行へ行ってきました!
定番観光スポット、善光寺の参道添いにある八幡屋礒五郎本店で、珍しいジェラートが食べられるんです!

八幡屋礒五郎といえば、見覚えのある方もいるかもしれませんが赤と黄色のカンカンの七味唐辛子が有名ですよね👌
長野県出身の王はずっと、この世に七味唐辛子はこれしか無いと思っていました。

そんな八幡屋の本店で食べられるジェラートはなんと、七味の中に入っているスパイスのジェラート!
味は全部で7種類。(七味だからですかね!)
 ジェラート:麻種(おたね)、生姜、ミルク、万願寺(唐辛子)、黒胡麻、カカオニブ
 シャーベット:柚子
なんと、味は2種類選べます。
どう考えても万願寺は食べないといけないと思い、王は万願寺とカカオニブ、お友だちは万願寺とおたねを注文🍧
20190626-1
まずはそのままぱくり!気になるお味は、、万願寺は辛くない唐辛子の味でした。
なかなかうまく言い表せないのでぜひ実際に食べてみてください😏
カカオニブはスッキリしたチョコ的な感じ。中のつぶつぶはチョコではないので不思議でした。
他の味も素材そのままの味!がしておいしかったです。
そしてこちらのジェラートにはお好みで八幡屋のスパイス(8種類)を振りかけられます!!!
20190626-2 20190626-3
左は万願寺にBIRD EYEという一味の3倍の辛さを誇る超大辛唐辛子をかけたもの。すごく辛かったです🌶
右は万願寺に深煎七味、カカオニブに七味唐からしをかけました。深煎七味がおいしくてお家に欲しくなりました。
ジェラートはシングルが¥350。シングルなのに味は2つ選べます。

スパイススイーツはジェラートの他にもチョコレートやマカロンがあり、こちらも気になるところ。
隣のカフェでもスパイスを使ったメニューがたくさんありました🍽

店内では珍しい七味(王はラーメン用を購入)やお好みの配合でスパイスの調合も行ってくれます。
善光寺へ行かれた際にはぜひ八幡屋でスパイススイーツをおたのしみくださいませ😊

落武者(前世)です👹

お天気の良い休日に六本木に行ったときのこと。
所用で時間をつぶさねばならず、東京ミッドタウンで買い食いなどをしていたところ、裏手に芝生(公園)を発見。
行ってみると想像以上にひろーく、子どもたちや家族連れのみなさんが遊んでいました。

そしてもっと奥に入ると、いきなり水辺が。
りっぱな御池だなあと思い調べると、やはり御屋敷跡(長州藩主毛利家下屋敷跡)なんだそうです。

ガクアジサイがたくさん植わっており、紫陽花好きの私はひとりしずかに大歓喜。
20190620-2 20190620-1
アヤメ科の花も咲いていました。
判別に自信がないのですが、6月に入っていたのでハナショウブでしょうか?
20190620-3 20190620-4
池に面した、屋根のある和風のお休み処もあり、ベンチに座って景色を眺めることもできます。
ほかにも至るところにベンチがあり、人が1箇所に集まりすぎることもなく、ゆっくりできる公園という印象です。さすが赤坂。
私も日頃の疲れや喧騒を忘れて、しばらくぼーーっとしました。

立地も良くふらっと立ち寄れる、かなりおすすめ(?)の公園です。
都立庭園は入場料がかかりますが、こちらは無料なのもうれしいですね。
屋根のあるところから眺められるのも、梅雨時期にはぴったり。
秋は紅葉もきれいだそうです。私もまた秋になったら行ってみようかなと思います。

そろそろ梅雨入りですかね🐸どうも征夷大将軍です。

先日千葉県八千代市にある京成バラ園へ行ってきました
この日は暑くなるとの予報だったので、午前中に行くことに。
他のお客さんも同じような考えだったのか、すでに多くの方が。

現在、ローズフェスティバル2019が開催中🌹
5月中旬から6月上旬はバラが最も咲く季節だそうなのですが、あたり一面、色とりどりのバラがきれいに咲いてました!
ここには日本のみならず、世界の野生種、オールドローズから最新品種まで1,600品種1万株も植えられているそうです。
20190607-1

また、池田理代子さん作の漫画「ベルサイユのばら」とコラボ?もされているようで、
主要登場人物の名前が付けられたバラもあります。
それぞれの服やイメージに合わせた色のバラになっていました。
バラの近くにはその名前のキャラクターの絵も飾られ、ベルばら好きなのか、それぞれお写真を撮られる方もいました😊

その他にも千葉県つながりなのか、あのディズニーの名前がついたバラもあり、
その名もディズニーランドローズ。
 20190607-2
単色ではなく、一つ一つ微妙に色合いが違っていて、ブーケみたいなバラでした。
アメリカ・ディズニー社とバラ育種会社(ジャクソン&パーキンス社)があみだしたものだそうです。
実際にカルフォルニア州にあるディズニーランドパーク内で植えられているみたいなので、
行く機会があれば、現地でも見てみたいですね👀

このローズフェスティバル6⽉16⽇まで。
ちなみに園内ではクイズラリーも開催していました。
園内の各地点にクイズがあるので、バラを見ながらこちらも楽しめます🙆

興味のある方はお早めに!

落武者(前世)です👹
ゴールデンウィークに、岩手県盛岡市で珍しいラーメンを食べました。
その名も「レアチーズキムチ納豆ラーメン」・・・
キムチ納豆味のラーメンの上に、レアチーズ(??)が乗った一品だと聞いており、今回ようやく初挑戦できました。
盛岡市内に本店を構えるラーメン店「柳屋」さんで食べることができます。

20190524
見た目のインパクトがすごい。上に乗った白いのがレアチーズです。
ほんとかな??と先にコレを食べてみましたが、ちゃんとおいしいレアチーズでした。プリンのような食感です。
次にラーメンを単体で。納豆の風味が後味に残る、キムチの酸味がほんのり効いたスープです。
納豆はそのまま入っているわけではありませんでした。スープに溶け込んでいるのでしょうか・・・?
赤いスープを見て、辛いのかな?と思いましたが 辛さが苦手な私も食べやすいお味。
トッピングのもやしとの相性が絶妙でおいしいです。

そしてお待ちかね。レアチーズを混ぜて食べてみたところ・・・予想以上においしい!!(笑)
キムチ納豆ラーメン単体よりも、味に奥行きが出たように思いました。
酸味と甘みがプラスされ、納豆の旨味が引き立ちます!

柳屋さんは、盛岡市内・岩手県内で展開しており、キムチ納豆ラーメンが定番メニューですが
なんと各店ごとに異なるメニューがあるのだそう!
今回訪れた「みたけ店」は“辛さ”がコンセプトだったそうです。行った後に知りました。
確かに各メニューに辛増しメニューがちゃんとありました。
(ネーミングもちょっと凝っていて、味噌味の「盛岡城」に辛増しすると「盛岡城炎上」に…)
レアチーズキムチ納豆ラーメンも、辛みを足したらまた違う一面が見られるかもしれません。。

盛岡駅ビル「フェザン」の中にもお店がありますので、新幹線での行き帰りの際などにも食べに行きやすいですね。
盛岡に訪れた際にはぜひ!

若草物語です。好きな動物は哺乳類です。
上野の国立科学博物館で開催中の特別展「大哺乳類展2」に行ってきました。

今回のテーマは「みんなの生き残り作戦」。
哺乳類が獲得したロコモーション(移動方法)に注目し、彼らの生存戦略について学べます!
音声ガイドをレンタル(¥550)すれば、俳優の瀬戸康史さんがナビゲートしてくれます。
しかも、専門家による特別解説つき!お得ですね。

20190424-1
Zone 1は「哺乳類の歩き方:ロコモーションの基本」。
入ってすぐの場所にあるのは、陸棲哺乳類最大の動物・アフリカゾウの骨。
これだけでも相当大きくてびっくりですが、その上にある2本の骨は
海棲哺乳類最大であり、地球上の哺乳類最大のシロナガスクジラの下顎骨。
シロナガスクジラといえば、科博の外にいるあの大きいクジラ、あれです。
顎だけでこの大きさなんて、もうこの時点で大きすぎて何が何だかわからなくなります。

20190424-2
次は哺乳類の立ち方について。大きく3つに分けられるそうです。
こちらはレッサーパンダの骨。ヒトと同じくかかとを地面につける「蹠行性(しょこうせい)」。
レッサーパンダは骨になっても長い尻尾がとっても可愛いですね。
ちなみに、イヌやライオンなどはかかとを浮かせた「指行性」、
ウシやウマなどのひづめを持つ動物は「蹄行性」というそうです。
立ち方の次は歩き方。こちらも骨の展示や映像で説明されていました。
4足歩行にもいろいろな歩き方があるようですが、
普段2足歩行をしている側からすると、ちょっと想像するのが難しかったです。

Zone 2は「哺乳類の生き残り作戦:ロコモーション」。
チーターの高速疾走のときの骨や筋肉の働きについて、映像で説明されています。
その他、追う・追われる動物たちの疾走、ブラックバックの跳躍、
シロテテナガザルの樹上移動、コウモリなどの飛翔、イルカの遊泳についての説明も。
さらに、ゴマフアザラシ、トラ、インパラの剥製を触れるコーナーもありました。
なかなか触る機会はないと思うので、ぜひここで十分堪能してください。

20190424-3 20190424-4
Zone 3は「哺乳類の分布と系統」。
分類別に並べられた約200種の剥製標本!圧巻です!
ここが一番の撮影スポットです。そのため人も多く、じっくり見るには時間がかかります。
もちろんレッサーパンダの剥製もいます。剥製になっても可愛いですね。

20190424-5
Zone 4は「哺乳類の生き残り作戦:食べる」。
動物たちの歯や顎を見ることができます。
エサによって進化を遂げてきた歯を見ていると、歴史を感じてとってもアツイです。
レッサーパンダの臼歯なんてなかなか見る機会がないので、展示されていてよかったです。
クジラの「バブルネットフィーディング」と呼ばれる漁の映像もありました。社会性…

20190424-6
Zone 5は「哺乳類の生き残り作戦:産む・育てる」。
オスによるメスへのアピール作戦や、赤ちゃんが生き延びるための工夫などの説明です。
写真はイッカク。顔から牙が長く伸びていますが、左の一本の歯だけがぐんぐん伸びるそうです。
こちらの牙にも触ることができます。普通に伸びているのではなく、らせん状になっていました。

以上がメイン会場です。
最後の最後に、2018年8月に由比ガ浜に漂着したシロナガスクジラに関する展示もありました。

本当にお腹いっぱいの特別展でした。
ゴールデンウィーク期間中ももちろん開催しています。6/16(日)まで。
特別展を観覧すると、同日に限り常設展(地球館・日本館)も見ることができます。
さらにさらに、上野動物園・新江ノ島水族館とのタイアップで割引もあります。
科博で骨を見てから上野動物園で本物を見れば、楽しいし復習にもなるし一石二鳥!

ゴールデンウィークは上野で哺乳類について学んでみては!?

↑このページのトップヘ