日本綜合経営協会スタッフblog

創業44年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

ご当地情報

こんにちは、
長野へ帰るとぜったい善光寺を詣でるものまね四天王です👸
(善光寺でのできごとを書くのは何回目でしょうか…)

先日、地元のお友だちの結婚式のため長野へ帰ってきました。
高校~大学が一緒だったお友だちのため、大学の友だちが各地から長野へ集結し、みんなで善光寺へお参りしました。
おみくじが凶で落ち込んだ王でしたが、お参り後参道で食べ歩きをしました😋
みんながおやきに夢中になる中、王はずっと前から気になっていた七味ソフトをチョイス!
20191004
見た目は普通のバニラ&チョコレートのミックスですがチョコレート部分に七味が混ぜ込まれているんです!
(もちろん、七味入りのチョコレート味だけのソフトも選べます。)
最初食べたときは普通のチョコ味なのですが、後からピリピリっと刺激が🌶
あと引く辛さがクセになるお味でした😉

善光寺の参道は行くたびに進化していて、今回はまた新たに善光寺プリンが発売されていました!
試食をいただいたのですが甘すぎずなめらかでとても美味しかったです◎
参道でも買えますが、少し離れたところに専門のお店もありました🍮
(イートインやお茶室も併設されていました🍵)

長野観光の際はいろんなスイーツを食べるのもおすすめです🌷


■過去記事



若草物語です。
自分への誕生日プレゼントとして、伊豆大島に遊びに行ってきました。

竹芝客船ターミナルからジェット船で1時間45分、大島の岡田港へ。
(波や風によっては元町港に到着することもあります。ご注意ください!)
そこからバスで15分弱移動すれば、大島公園動物園に到着です。
あまり広くはないですが、とてもいい動物園でした!
20190927-1 20190927-2
まずはなんといってもレッサーパンダの展示方法。
それぞれのお部屋から金網の通路が出ていて、レッサーパンダを真下から観察できます!
真っ黒なお腹と可愛い手足を堪能することができて幸せでした…
金網があったり逆光だったりで私のスキルではいい写真は撮れませんが、見やすさは抜群です。
ときどきマーキングをすることがあるので、そのときはしっかり避けてください。
そしてもう一つ、海に囲まれているからか、たまたま人が少なかったからなのかはわかりませんが
周りがとっても静かで、レッサーパンダの息遣いまで聞こえてきます。
初めてレッサーの呼吸音を聞きました。命を感じました。
20190927-3 20190927-4
そしてサル島。溶岩の地形をそのまま生かしたダイナミックな飼育場です!
ここにはワオキツネザルとバーバリーシープがいます。
※以前はここでエサをあげることもできたようですが、現在は禁止となっています。
のんびり過ごす姿に癒されました…
20190927-5
サル島の向こう側は山ですが、その反対側はもちろん海!
島を囲む海があまりにも綺麗でびっくりしました。もっと暗い色の海ばかり見て育ったので。
エミューを撮ったはずが、海メインになってしまいました。これもこれで良いと思います。

伊豆大島、とても素敵なところでした!
今回は大島公園しか行きませんでしたが、次があればぜひ他の場所にも行ってみたいです。
そしてこちらの大島公園動物園で東京都内の動物園をコンプリートすることができました。
これからもいっぱい巡ろうと思います。

三連休はぜひ伊豆大島へ!

■レッサーパンダの関連記事





こんにちは、9月は3連休が2回もあって嬉しいものまね四天王です👸
どこへお出かけしようか、考えるだけでワクワクしますね~!

王は夏休みに長野・木曽へ行ったのですがその帰り道、
サービスエリアで信玄餅パンなるものを発見!
桔梗屋の信玄餅は山梨のお土産で有名ですがそのパンは初めて見ました。
もちもちしたものが大好きな王は信玄餅ももちろん大好きです!(いつか工場見学へ行ってみたい)
王が行ったサービスエリアでは数量限定とのことだったのですぐにカゴへ🛒
20190905
早速、お家に帰って食べました。
中には信玄餅と黒蜜ジャム、きなこクリームがサンドされています。
パンとお餅…気になるお味は……意外とおいしいんですね😲
ちゃんとお土産でよく食べる信玄餅の味!
お持ちがびよ~んと伸びて普段の信玄餅は一口サイズなので不思議な感じです。
パンは揚げパンなのでこちらの商品がカロリー爆弾であることは間違いないですが、
もちもち好きの方、信玄餅大好きな方には特におすすめです☺

山梨・長野方面へお出かけの際はぜひ探してみてください👀

若草物語です。
お盆休みの帰省ついでに、長野県の小諸市動物園に行ってきました。

最寄駅はしなの鉄道・JR小海線の小諸駅。
改札口とは反対側の懐古園方面に出て懐古園三の門から入り、入園券を購入。
今回は動物園だけが目的だったので散策券(大人300円)を買いましたが、
懐古園内の記念館や美術館なども楽しみたい方向けの共通券(大人500円)もあります。
20190826
入口のすぐそばにいるのは川上犬のさくらちゃん。
適当に撮っただけなのでこんな写真しか残っていませんでしたが、可愛く凛々しいお顔でした。
ニホンオオカミの血が流れているという言い伝えもあるとのこと。息遣いはオオカミでした。
さくらちゃんが懐古園内をお散歩するイベントもあるそうです!
8月は残念ながらお休みでしたが、お散歩中のさくらちゃんも見てみたいですね。
20190826-1 20190826-2
フンボルトペンギンは暑さのせいか最初はほとんど寝ていましたが、
一羽が水の中に入って泳ぎだすと、それを見ていた周りの子たちも泳ぎ始めました。
ペンギン、久しぶりにじっくり見ましたが、見れば見るほど不思議な生き物です。
8月の土日は、流しそうめんのようにアジを流す「流しアジ」というイベントもあります!
市川市動植物園の「流しカワウソ」に並ぶ、夏の素敵最高イベントですね。
(お昼を過ぎてから行ったので見れませんでした!残念…)
20190826-3
小さな動物園ですが、ライオンもいます。メスのナナちゃんです。
基本横になっていましたが、たまに起きて目が合いました。迫力があるのでドキッとしました。

小諸市動物園、規模は小さめですが楽しいところでした!
近くにはおそばやさん「草笛」の総本店もあります。
20190826-4
お昼はここのおそばを食べましたが、大変おいしかったです!
(写真はお友達が食べていた山菜そば。左はくるみおはぎ)
ちょっと量が多めなので、普通サイズでもお腹がいっぱいになりました。

お休みの日はぜひ小諸へ!

若草物語です。大学時代のお友達と横浜に行ってきました。

動物とふれあえるカフェといえば、猫をはじめ、ウサギ、フクロウ、ハリネズミ、小鳥など
今ではいろいろありますが、忘れてはいけないのが爬虫類です。
そういうわけで、大学のお友達と「横浜亜熱帯茶館」に行ってきました。
場所は、京急日ノ出町駅から徒歩5分。JR関内駅からだと徒歩10分。
(近くには野毛山動物園があります!→【動物ふれあい】野毛山動物園に行ってきました

猫カフェなどでは時間制のところも多いですが、こちらは一人一品ドリンクを注文すれば
時間制限なしで爬虫類たちと触れ合うことができます。
ドリンクも、中国茶や工芸茶など珍しいものがあるので嬉しいです。さすが横浜。
20190723-120190723-2
こちらはフトアゴヒゲトカゲが私たちの机のすぐ横に来てくれたときの写真です。
そのまま私たちの机に飛び乗りたそうにしていましたが、残念ながら届きませんでした。
 20190723-3
ギアナカイマントカゲ。肌がゴツゴツしていていかにも爬虫類という感じです。
しかし目が真っ黒なので、爬虫類にしては愛らしい顔をしています。
20190723-4
グリーンイグアナは大きくてさすがの貫禄です。
よく頭を振っていたのですが、これは威嚇やアピールとのこと。

その他、ペットとしても人気のヒョウモントカゲモドキや、ヘビ・カメ・カエルもいます。
もっといたかったのですが、後ろの予定があったので1時間半くらいでお店を出ました…

お店から30分ほど歩いて、次は中華街の中にある「ヨコハマおもしろ水族館」へ。
深海祭りというイベントが開催されており、深海生物のオンデンザメの解体ショー、
さらに50食限定でオオグソクムシと深海ザメが食べられるとのことで、行ってきました。
焼津の漁師さんのお話を聴き、オンデンザメの体の構造を学んだあと、とうとう試食!
20190723-520190723-6
深海ザメはユーリンチーに、オオグソクムシは香味揚げにおいしく調理していただきました。
深海ザメのほうは普通においしかったですが、オオグソクムシはクセの強いエビの味でした。

深海祭り、前回は3月末だったようなので、来年3月にも開催されるかもしれません。
オオグソクムシを食べてみたいという方は、次回を狙うとよいかも?

屋内で動物と触れ合いたいときは、ぜひ横浜へ!

↑このページのトップヘ