初めまして、今年の夏は「生きる」が目標の東北出身・南町奉行(新人)といいます。
これからよろしくお願いします。

突然ですが、みなさんカップラーメンって食べますよね。
お湯を入れて3分で出来る、あのカップ麺です。
あると便利、ついついこれで済ませちゃう
なんてこと、あるんじゃないでしょうか。

じゃあ、そんなカップラーメンが
いつの間にかこんなに身近になった理由、ご存知ですか?

例えば、何気ないあのパッケージ。
例えば、蓋を開けたらきっちり平らな麺。

こういうところまで、実は工夫の塊なんですよ。
始まりは些細な日常への、ほんの少しの気付きだったんです。

そんなカップラーメンの「舞台裏」についてお話しいただけるのが、
元日清食品ホールディングス(株)知的財産部部長の加藤正樹先生です。

運送会社や金融機関でも、
「興味深いお話で、面白く聞き入ってしまった」
なんてご好評の言葉をいただいてますよ~。
(つい先日も、3日連続でご講演いただきました)

カップラーメン黎明期のCMなんかも取り入れているので、
「あの頃」をご存知の方は、思わず懐かしくなってしまうかも。
身近なカップラーメンを題材に、マネジメントのお話も聞けますよ。



***
余談ですが、ご当地カップラーメンなんてあるんですね……。
これもそうみたいですが、おいしかったですよ(*´ω`)

image

 
(画像は日清の公式HP https://www.nissin.com/jp/products/items/5574 より)