落武者(前世)です👹
先日、弊社お客様ご主催での、柔道家・古賀稔彦先生のご講演を聞いてまいりました!


控室へのご案内直後、主催者様に用意していただいた色紙数枚にサインをされる古賀先生。
このサイン色紙は、ご講演中に質問に答えてくださった方へのプレゼント用にとの先生のご希望。
こちらも毎回大好評をいただいています✨

最初に、古賀先生の現役時代の映像(バルセロナ五輪で左膝を痛めながら金メダルを掴み取った経緯、現役引退後の子どもたち・後進選手への指導のようす など)を皆様にご覧いただいた後、ご登壇いただきました。
20190509 (2)
古賀稔彦先生のプロフィールと講演依頼はこちら

「天才」とはどういう人のことか。
一般には、普通ではできないことをやれた特別な人間のことだと思われがちだが、先生は「天が与えた才能」だと考える。
誰かよりも少しだけ走るのが早い、優しい気持ちが多い、気遣いができる 等・・・
それらも人間ひとりひとりが隠し持っている才能の一つ。

自分の才能を引き出すために必要なこと・・・それはずばり「挑戦」。
でも、挑戦する前に他人の言葉を聞いてしまったり、自分自身で諦めたりして、答えを出してしまうケースも。
しかし、“頭の中だけで出した答え”と“挑戦したあとの答え”とでは、全く違うものになることが多い。
頭の中だけでは努力や苦しさ、喜びや感動を実感することはできない。
実際に挑戦することで初めて努力をすることの大切さを学び、また仲間も得ることができる。

自分の夢を実現することができた人に共通する「性格」と「考え方」がある。
まずは「性格」で大切なことは、人間誰しも持っている「欲」を表に引き出して努力すること。
努力とひとことで言ってもその人のさじ加減が出るもので、夢を実現する人は「もっとやり方があるんじゃないか?」「もっとこんなことをやったら、こんな自分になれるんじゃないか?」と、人の2倍・3倍の努力をする。
つまりチャンスも、他人の2倍・3倍手に入るということ。
「もっと、もっと」と1%でも積み重ね、“101%の自分”に日々挑戦していくことが、自らの成長につながる。

「考え方」については、自分の「欠点」を素直に認めることが大切。
人間、周りのいい言葉は素直に聞き入れるが、耳に痛い指摘などは素直に受け入れられないもの。
自分の長所を十分に磨きつつ 欠点も克服していくことで、自分の真価が問われる。


古賀先生は2000年に現役を引退した時「死ぬまで柔道家として汗を流していたい」と考え、柔道場つきのマイホームを建てられたのだそう!
そして「古賀塾」という町道場を開塾。現在、幼児からお年寄りまで 約100名の生徒さんがいる。
塾では ・挨拶が大きな声でできる・困っている人を助ける・逆に自分が助けられたときには感謝の気持ちを伝える …等といった、「当たり前のことを当たり前にする」大切さも教えている。
これは、柔道の父・嘉納治五郎氏が説いていた「精力善用」「自他共栄」の精神にもつながること。
加えて こうしたことを子どもに教えるときには、ただ強制するのではなく、大人が正しい手本を見せるのも大切だとおっしゃっていました。

今回のご講演でも、時折先生自らサイン色紙をプレゼントされつつ、笑いもある和やかな雰囲気で進行。
(お客様の中に柔道経験者の方もおり、大変お喜びいただけました☺)
最後は、皆さんそれぞれの夢に向かってがんばってください!とエールを贈られ、締められました。


ご講演前後には私たちとも楽しくお話してくださり、お話ししているだけで明るい気持ちになれるようなパワフルな先生です!💪
さすが柔道家、大きくハキハキとしたお声であることに加え、抑揚もある聞きやすい語り口で、講師としても大ベテランでいらっしゃいます。