若草物語です。所属はレイブンクローです。
俳優を追いかけて大阪に行ったついでに、USJで遊んできました。

一緒に行ってくれたのは、ハトが大好きなお友達。こちらもレイブンクローです。
まずは私たちのホグワーツ城へ。
メインアトラクション「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」は
今年3月にリニューアル!
昨年は乗るときにメガネをかけていましたが、リニューアル後は必要なし!
メガネ無しで迫力満点の映像を楽しむことができます。
つまり、ドラゴンの炎を顔面で受け止めることができるわけです・・・最高でした。

ハリポタエリアに行ったら、あとは自由時間。
適当に園内をぶらぶらしました。とっても大人な楽しみ方ですね!

●ダイナソー・アメージング・エンカウンターで恐竜と触れ合う
20181025_1
「ジュラシック・パーク」エリアには、一日に何度か恐竜が現れます。
目の前で動くトリケラトプス、ラプトル、ステゴサウルスを見ることができます。
写真の赤ちゃんトリケラトプスは、なんと触ることもできますよ! 

●ハロウィーン限定フードを食べる
20181025_220181025_3
お昼はハロウィーン・シェパーズパイセットを、夜はバタービール・プディングを食べました。
どちらもハロウィーン期間限定のメニューです。見た目が可愛いのでテンションが上がります。

●フォトスポットで映える写真を撮る
20181025_4
パーク内にはフォトスポットがたくさんあります。こちらはミニオンと写真が撮れる場所です。
リンゴを頭の上に乗せるのが正しい撮り方ですが、ホグワーツ生なので浮かせてみました。
これがかの有名な「ウィンガーディアム・レビオーサ」です。
なかなかいい写真が撮れたのではないでしょうか!?

●ストリート・ゾンビたちに遭遇する
20181025_520181025_6
夜になるとパーク内にいろんなゾンビが出現します。
グロテスクなゾンビは見たくなかったので、アイドルゾンビとピエロゾンビを見に行きました。
アイドルゾンビはコンサート中にウイルスに感染してしまったらしく、服装はアイドルそのもの。
なぜチェーンソーを持っているのかは謎ですが、可愛い姿で人間に襲いかかっていました。
ピエロゾンビは見た目がとても怖いです。ピエロの時点で怖いのにさらにゾンビ化という。
ゾンビ化したゴリラもいましたが、躾がしっかりされていたようで、結構おとなしかったです。
なぜかゴリラの前ではピエロたちも人の心を取り戻していて、優しく撫でていました。

皆様もUSJハロウィーンで絶叫してみては!?(11/4までです)