ようこそここへ クック クック♪
桜田ホクロ子です。

講演会の会場などいわゆる“現場”に出ることも多い今日このごろ。
先日も専属講師 井上智洋先生にアテンドして、いつもの講演会とはちょっと違う現場へ行ってまいり候。

平成三十戊戌年
三月九日。 五反田のゲンロンカフェ。
評論家の東浩紀さんが経営されている、硬派なトークやサブカルチャー系をはじめ各種イベントが夜な夜な催される、知る人ぞ知る場所。今回は「仮想通貨と人工知能――技術は経済を変えるのか?」というお題でのトークイベント。ニコ生での中継もあり、ドリンクもあり。
井上先生は「困ってしまうほど」(本人談)のお酒好き。なので「最近飲み過ぎでー」とか言っていたのにスイスイ飲みながらお話(ロフトプラスワン方式ですな)。ところが、驚いたのはトーク相手の楠正憲さん(ブロックチェーンの専門家)。ステージ上はスポットライトも当たっていて確かに暑いのですが、10分に一回くらいのハイペースで飲み物をおかわり→いやさすがにお茶かなにかかな~?→と思ったらお茶割りのお酒!相当な量を飲んでいらっしゃるのに、仮想通貨にまつわるディープな話を次から次へ繰り出す、しかも酔えば酔うほど理路整然と(酔拳か)・・・すごい人だ(ニコ生のコメントからは「もっと飲め」コール)。
で、この日会場で一番ウケたのは井上先生のお説。
「単一通貨ユーロは失敗したと思うが、その失敗をどうリカバリーするか」についてのアイディアで、
「もうユーロは二部制にしたらいいと思うんですよねー」
会場爆笑、サッカー笑(いや、きちんと貨幣論的な裏付けのある説なのですよ!)。

※ゲンロンカフェの壁面には出演者のサインがびっしり。
file-1

三月廿三日。 最近はテレビ出演も増えている中、今回は日本テレビ「スッキリ」からお声が。
朝番組なので当然入り時間は早朝です。「仕事がなければ午前は寝ている」という夜型の井上先生。
取り上げる話題について事前の打合せ、控室でも詳しく調べたりしつつ短い時間で準備をして本番へ。「生放送はまだ慣れておらず緊張する」とおっしゃる割には、コメントへの対応もシャープ、ワイプの表情もにこやかで、とても夜型人間とは思えません(笑)さすがでした。

というわけで、色々とご活躍の井上智洋先生。今年はいっそう忙しく、上半期の日程は厳しい状況です。秋以降のご計画にてぜひご検討ください。
お問い合わせ、ご依頼はお早めに、以下までお願いいたします。