若草物語です。
3月最終日、動物園にも行きたいしお花見もしたかったので、
川崎の夢見ヶ崎動物公園に行ってきました。

新宿から電車で約30分、最寄り駅は新川崎駅です。
駅からは歩いて15分ほどですが、加瀬山と呼ばれる丘の上にあるので階段がきついです。
ところで「夢見ヶ崎」という地名、とてもかわいらしいですよね。
どんな素敵な伝説があるのかと思って調べてみると
「武将の太田道灌が城を築こうとしたら、鷲に兜を持ち去られるという不吉な夢を見て、
築城をあきらめた」というのが由来らしいです。夢は夢でも悪夢のほうでした。

さて、夢見ヶ崎動物公園ですが、なんと入園料が無料!
しかもペットを連れて入園できるそうです。珍しいですね。

個人的に興奮したのはレムール舎です。
レムールとはキツネザルのことだそうで、ここでは
20180403_1
見上げるとブラウンキツネザルが寝ていたり

20180403_2
ブラウンキツネザルとワオキツネザルが一緒にのんびりしていたりと、
キツネザルたちの可愛い姿をたくさん見ることができました。

そしてレッサーパンダ。
お父さんのファファ、お母さんのアン、双子のケンタとケイコの4頭が飼育されています。
しかしこちらのケンタ、4月4日に姫路セントラルパークへお引越ししてしまうそうで。
この土日が、夢見ヶ崎動物公園でケンタを見られる最後の土日だったのです・・・

レッサーパンダ舎は屋内・屋外の展示室に分かれており、
屋外にアンとケイコの母娘2頭が、屋内には午前中はファファ、午後はケンタがいました。
20180403_3
お引越し予定のケンタです。イケレッサーですね。姫路でも元気で!

20180403_4
こちらはケイコ。耳の毛が可愛いですね。
お花見も兼ねて訪れたので、桜とレッサーパンダを1枚の写真に収めたい!と思っていたら
なんとか撮れました。頭に乗っているのは桜の花びらです。

この日はとても良い天気で気温もちょうどよく、最高の動物園&お花見日和でした。
もうそろそろお花見の季節も終わりですね。今年の桜も素敵でした、ありがとうございました。

ゴールデンウィークはぜひワンコと一緒に夢見ヶ崎動物公園へ!