若草物語です。
先週、ものまね四天王と征夷大将軍と、映画『グレイテスト・ショーマン』を観ました。
ミュージカル映画なので当たり前ですが、曲がいい!
かっこいい曲、楽しい曲、切ない曲、力強い曲、すべて素晴らしかったです。
まだご覧になっていない方はぜひ劇場へ!

その映画とはまったく関係ないのですが、今月頭に横浜の野毛山動物園に行きました。
桜木町駅から徒歩15分、または日ノ出町駅から徒歩10分。
動物園行きのバスもありますが、横浜の街を歩きたかったので、桜木町駅から歩いて向かいました。
ただ、入口にたどり着くまで坂が続くので、あまりおすすめはしません。なかなかの斜度です。
20180227_1
 
野毛山動物園のすごいところは、入園料が無料という点!
「無料なら小型の動物しかいないんでしょ」と思う方もいるかもしれません(私は思います)、
しかしこの野毛山動物園、ライオン・トラ・キリン・シマウマ・ツキノワグマ・チンパンジーなど
そうそうたるメンバーがそろっているのです。

もちろんレッサーパンダもいます!現在は3頭飼育されています。
20180227_2
驚きの可愛さ。足の裏まで。キンタという名前ですがメスです。
20180227_3
この日は2頭しか見れなかったのですが、とても可愛かったので満足です。

午後は「犬の歴史とトレーニングについて」というテーマの講演を聴きました。
オオカミと犬の遺伝子はよく似ているが、中でもオオカミに近いのは柴犬などの日本犬。
シェパードなどの「いかにも」な犬は、意外と遠縁。
ペットとして飼われている犬の行動を見てみると、オオカミの本能や行動の名残であるものも多い。
例えば、家に誰かが来たときに激しく吠えるのは、縄張りを守るための警戒本能から。
人の口元をなめるのは、子オオカミがエサを貰うために親オオカミの口元をなめる名残。
…など、なるほどと思うお話がたくさん。遺伝子って興味深いですね。

野毛山動物園は3回目でしたが、あいかわらずの充実っぷりでした。
春休みはぜひ野毛山動物園へ!『グレイテスト・ショーマン』もぜひ!!