夏生まれの若草物語です。
誕生日のお祝いとして、自分を茶臼山動物園(長野)へ連れて行ってあげました。
茶臼山といえば、レッサーパンダ飼育数全国一として有名な動物園ですね。

新宿からバスで長野へ向かい、朝ごはんにかけそばを食べて、長野駅から電車で篠ノ井駅へ。
篠ノ井駅西口から「ZOOぐる」というバスが出ているので、それで動物園へ向かいます。
※今年は11月5日まで、土・日・祝日のみの運行です。
※車内で往復乗車券を買うと、入園料が大人100円引き、小中学生は無料に!お得!

9:30動物園到着。
レッサーパンダの森は北口すぐにあります。
私は南口から入ったのですが、入ってすぐにライオンとトラがいました。
いきなり猛獣って。テンションが上がってしまいます。
途中にいる動物もゆっくり眺めながら、レッサーパンダの森へ向かいました。
こちらが入口です。
20170904_1
20170904_2
おる~~~~~~~~~~!いっぱいおる~~~!
20170904_3
寝てる~~~~~~~!かわいい~~~~~!
20170904_4
しかも土日祝13:30、30名様限定でロンくんに餌をあげられる~~!
こちらのロンくん、人工哺育で育てられたので人に慣れているようです。
飼育員さんにじゃれつく姿のなんと可愛らしいこと…なんと可愛らしいこと!

屋内ではレッサーが頭上を歩く姿も見ることができます。下から見ても可愛い。隙がない。
あと歩き方が。「トテトテ」と効果音をつけたくなるような。
腹の黒さ、爪の鋭さ、揺れる尻尾。パーフェクトです。

睡魔に襲われながら、閉園まで満喫しました。途中でカメラの電源が切れました。
16:30最終のバスで篠ノ井駅へ。
北口バス停は、北口ゲートを出て右側の山道を下りていったところ、
自動販売機の隣にあるのでご注意ください。危うく最終バスを逃すところでした。
そして長野駅でまたおそばを食べて、おやきを買って、バスで新宿へ戻りました。

とてもよかったです茶臼山動物園。噂には聞いていましたがこれほどとは。
レッサーパンダ好きにはたまらない場所ですね。
もちろんほかにも見どころいっぱいですよ!
オランウータンのツバゾーン(ツバがかかるかもしれない危険なゾーン)、
日本ではあまり見られないウォンバットなど。
イベントがたくさんあるのも魅力ですね。
私は初めてアルマジロに触りました。冷たいのかと思いきや、ほんのり温かかったです。

シルバーウィークはぜひ茶臼山動物園へ!

コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。