日本綜合経営協会スタッフblog

創業44年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

こんにちは、落武者(前世)です👹
先月、お客様に暑気払いのお誘いをいただき、同期のハルクさんと渋谷に行った帰り
夜遅いけど、暑いし・・さっぱりフルーツが食べたい!!となり、
フルーツいっぱいの「夜パフェ」を食べに行くことにしました。

訪れたのは、今年はじめに渋谷ヒカリエにオープンしたというフルーツパーラー「果実園リーベル」。
23:00まで営業しており、少し早めのシメパフェにもぴったりですね(ラストオーダーは22:00まで)。
私たちは金曜日の21:00すぎにお店につきましたが、店内は夜パフェを求める人で満席!
10分ほど並びましたが、すぐに席につくことが出来ました。

イチゴが大好きなハルクさんは即決で「ストロベリーパフェ」
よくばりな私は「スリーベリーパフェ」を注文しました
(私の大好物、晩夏が旬の限定「イチジクパフェ」もありましたが、売り切れで残念・・・)
20190926
待ちに待ったパフェ。第一印象は「思っていたよりも大きい」…!
どちらも高さ20センチほどで、迫力があります。
グラスの中までフルーツたっぷりで、他の中身は生クリームとバニラアイスのみ!!
最後までフルーツとクリームだけを楽しめます。
中にコーンフレーク等が入っていないパフェが大好きな私たちにとって、まさに理想的でした。

リーベルは目黒・丸の内(東京駅)・新宿にも店舗があり、どの店舗も22:00頃まで営業しています。
夜パフェ専門店なども増えていますが、これだけフルーツ満載のパフェが食べられるお店はなかなかなく、ありがたい存在🐙
旬によって食べられるフルーツが変わるのも魅力的!フルーツの美味しいこの季節にぜひ。

最近朝夕は一気に冷え込んできましたね。体調には気を付けなければと思います!
征夷大将軍です。

以前にブログで紹介した、新宿歌舞伎町のVR Zoneが今年の3月で終了し、
新たに池袋でVR体験のできる施設 マザリアができ、その1日パスポート券をいただいたので行ってきました!

■関連記事
【新宿 脱出ゲーム・VR体験】牢屋から脱出してVR ZONE SHINJUKUに行ってきました

20190924
新宿にもあったゲームに加え、新作のゲームも導入されていました✨
パスポートの料金にプラスした料金であの名作 パックマンになれたり、別料金になりますが、ドラゴンクエストの世界に入れたりと、以前よりさらにVRゲームのタイトルが充実しています!

今回体験したVRは
前回も体験した大量破壊VRシューティングギャラガフィーバー。
高所が苦手な方は注意が必要ですが、必死にラスボス的な敵を倒します。
武器はどんどん強力になり、なんでもあり(笑)
敵からのダメージを受けると足元が振動し、結構疲れます💦

あとは安定のマリオカートアーケードグランプリVR🚗
やはりマリカ人気は健在で、多くの方が並んでいました。

それと前回見るだけで終わった、釣りVRGIJIESTAと極限度胸試しハネチャリ。
これは友人と一緒にプレイし、競争しましたが、どちらも下手でどんぐりの背比べ。
見ているときは出来そうに感じていたのに、難しかった😱

番外編として長年続く みんなのGOLF(みんゴル)のPSVRも体験できるということで、
プレイさせていただきましたが、これまた難しい!
飛ばしすぎたり、飛ばなかったり。これが家にあったら1日中打ちっぱなし状態ですね!

そしておそらく新しいタイトルの恐竜サバイバル体験 絶望ジャングルと
ゾンビサバイバルゲーム ハード・コール。

恐竜サバイバル体験は、恐竜がわらわらいるジャングルから、恐竜に見つからずに
逃げることができるのか!?というもの🐲
ライトをつけたり、早く進もうとすると、恐竜に見つかる危険が高くなり、
ライトをつけなければ、本当に何も見えず、道がわからなり迷子に。
私は後者で迷子になったので、ライトをつけた瞬間、恐竜に見つかり食べられました、、。

もう一つのゾンビサバイバルは私の一押し!楽しくて2周しました。
ゾンビウイルスの感染被害にあった街から抜け出そうというもの🔫
感染したゾンビに触れられると、自分たちも感染してしまいますが、もうぞくぞくとゾンビが出てくるので、対処できません!エイム力の無さなのか、、。
ゾンビなので本当にしぶとい!倒れない子に苦戦して、それがどんどんたまり・・・。
激ムズですが、サバイバルゲームは楽しいです。

これで4時間ほどいましたが、本当に疲れます。
でもまだまだプレイできていないタイトルも多く、また行きたいと思います。

新宿のVR Zoneに行けなかった方、新しいVRをプレイしたい方は池袋へ!
11月4日まではオープン記念割で少しお得に入れますよ。
また、下の階がナンジャタウンになっていて、セットになったチケットもお得です。
雨の日にはオススメ!

こんにちは!
朝晩が涼しくてお散歩に出かけたい気分のものまね四天王です👸

先日、弊社お得意様のご講演会へ田嶋智太郎先生のご講演を聴きに行ってまいりました。
田嶋先生は経済アナリストとしてご活躍されています。
20190920
田嶋智太郎先生のプロフィールと講演依頼はこちら

今回のご講演テーマは「東京五輪開催で⽇本経済と企業経営はどうなる?どうする?~今後のアベノミクスとの向き合い方~」

残念ながら講演の内容を詳しくは書けませんが、
経済アナリストとして株価の動きからみた現状とこれからの経済動向についてお話をいただきました。
冒頭では今回の主催企業の株価情報も😮✨
「株なんてわからないよ~」という方も、資料を交えながらご説明いただけます。
他にも経済関係のお話をされる先生もいらっしゃいますがひと味違った視点からのお話は新鮮でした!
さらに、先生の熱い語り口にも引き込まれるご講演でした😤🔥
(ご講演後は額に汗も光っていらっしゃいました)

株にご興味がある、今後の経済はどうなるか気になる方のお問い合わせ、お待ちしております!

■関連記事
岩田公雄先生(ジャーナリスト)


専属講師・井上智洋先生(駒澤大学経済学部 准教授)


渋谷和宏先生(作家・経済ジャーナリスト)

若草物語です。
先日、“黒のカリスマ”蝶野正洋先生の安全大会でのご講演を聴いてまいりました!
20190913
★安全大会へのご案内は当社限定です!

プロレスラーとして、また、年末のバラエティ番組などでも大人気の蝶野先生ですが、
最近では救急救命や地域防災の啓発活動にも尽力されています。
安全大会では、現場で作業する方が知っておくべき心がけについてお話しいただきました。

ご講演は、蝶野先生の入場曲が流れる中、現役時代の映像を投影しながらのご登壇、
さらに、「ガッデム! I am CHONO!」でスタート。

危険を伴うプロレスという現場で活躍されていた蝶野先生。
闘魂三銃士の橋本真也選手が40歳の若さで亡くなってしまったこと、
また、三沢光晴選手がリング上の事故で亡くなってしまったことをきっかけに、
「しっかりと選手の危機管理をしなければならない。何か一人でもできることはないか?」
とお考えになり、2010年にAEDの講習を受けられたそうです。
救急救命は、プロレスなどのスポーツ選手だけではなく、
外で作業をしている方や普通に街を歩いている人にも知っておいてほしいこと。
都会の街中では、怪我をしている人や困っている人を無視してしまうこともあるが、
それはその人が冷たいのではなく、「大丈夫かな」と思いつつも何をすればいいかわからないから。
まずは声掛け(この一歩が難しいのですが)、そして応援を呼び、AEDを持ってきてもらう。
もしも救急車が来るまでの間に体調が急変し、心臓が止まってしまったら…
最悪の状況を回避するために、AEDの使用方法を学んでおくことが必要です。

そもそも、AEDを使用しなければならない事態を避けるということも必要!
昔は、クーラーも無い蒸し暑い中で、水も飲まずにひたすら練習をしていたが
最近はこまめに休憩を取り、水分や栄養を補給するなど、効率のよい練習をしている。
仕事の現場についても同様で、こまめな休憩・水分補給が大切。
さらに、お互いの声掛けの際のポイントも教えていただきました。
「大丈夫か?」と聞くと、無意識でも「大丈夫」と答えてしまいがちですが
さらに追加の質問をすることで、本当に相手が大丈夫かどうかの確認ができる。
相手の状況を正しく見極めるために、プラス一言が有効とのことでした。

さらに蝶野先生は、地域防災の啓発にも取り組んでいらっしゃいます。
きっかけの一つが東日本大震災。住民を助けようとして、多くの消防団の方が犠牲となった。
「誰かが助けに来てくれるだろう」という思いは捨て、自ら避難することが必要。
また、避難した後の避難所での生活も大変です。
日頃から、生活に必要なものをまとめて用意しておくことが大切だそうです!

最後は熱中症についても触れ、現場で働く方々にエールを送って終了となりました。

今回は割愛しましたが、お話の中では蝶野先生のデビュー戦や、東京ドームでの
ビッグバン・ベイダー選手との試合でのエピソードも交えお話しいただけます。
プロレスファンの方にとっては特にご興味のある内容ではないでしょうか?
お話の内容はもちろん、舞台袖でも気さくにご対応くださるとても素敵な先生です!
(若い方からもたくさん握手を求められていました!大人気ですね!)
お会いするまではものすごく緊張していたのですが、一気にファンになってしまいました…

大のプロレスファンというご担当者様も大満足の蝶野先生のご講演、おすすめです!
テレビやラジオ、イベントなどで大変お忙しい先生ですので、お早めにお問い合わせください。


■関連記事①:スポーツ関連講師

■関連記事②:安全大会は当社限定!


こんにちは、南町奉行です|´ω`)

先日、弊社お客様ご主催の岩田公雄先生のご講演会を聞いてきました!
ご講演テーマは「令和時代の日本の針路を読む」。
20190906
岩田公雄先生のプロフィールと講演依頼はこちら

まずは岩田先生がジャーナリストを目指した経緯から。
先生は北海道のご出身ですが、高校を卒業し東京まで出てきた時はちょうど学生紛争が激しい時代でした。
当時都会に出てきたばかりの先生は全く状況が掴めず、その光景にショックを覚え…しかし段々と今起きていることの現場に立って物を伝える役にありたいと思うように。
出来れば一生涯歴史の接点に身を置いて人生を歩んでいきたいという思いから、縁あって大阪のテレビ局に入社。
政治や外交分野は主に東京で扱う世界になるため、経済や事件・事故の取材から先生のジャーナリスト人生は始まりました。

最初の配属は大阪府警記者クラブ。その中でも「捜査四課」を命じられました。
捜査四課というのは主に暴力団等を扱う部署です。つまり山口組の闘争事件などの担当に(!)
ある日デスクが「どうしてこんなに闘争事件起こすのか組事務所行って聞いてこい」というのに素直に従って、総本家を訪ねては小突かれるなんて経験もあったとか…。

その後「グリコ森永事件」などの取材を経てマニラ支局長に就任した経緯や、先生にとって第二の出発点にして原点となった「天安門事件」についてのお話に。
マニラから応援として北京に駆け付けた先生は学生たちの動向を探ります。
彼らの願いは何も国家転覆ではなく、もう少し自由に表現がしたい、自由にサークル活動がしたいなど民主主義の国からすればささやかなものでした。
が、中国は変わるのかと思ったのも束の間、結局武力で制圧されるという悲惨な現場を目撃することに…。
自分が弾に当たらないという保証は全くない中、本国の退去命令を無視してでも最後まで現場に居合わせた先生。
何故こんなことが起きるのかと、改めて一生涯歴史の接点に身を置いて伝える側になりたいと実感したそうです。

次にベルリンの壁が崩壊しバブルが弾けた1989年を足掛かりに、ヨーロッパの移民問題・トランプ大統領について・米中の覇権争い・北方領土問題など国際情勢についてのお話が続きます。
ヨーロッパはEUで緩やかな統合に向かっていたものの、最近は他国からの移民・難民によって自国民に不利益になっているために自国主義の傾向が強まっている。象徴的だったのはヨーロッパだけれど、自国主義はアメリカにも現れ――等、流れるような話術は流石でした。

最後に国内政治について。
先生が最初に知り合った政治家は小泉純一郎氏でした。
当時はまさか将来総理大臣になるとは思っていなかったとか。
小泉政権も長期政権でしたが、安倍政権はそれを超える長さとなっています。

戦後の歴代内閣総理大臣の通算在職日数は以下の通りです。
①安倍晋三氏 現在進行形
②佐藤榮作氏 2,798日
③吉田茂氏  2,616日
④小泉純一郎氏 1,980日
⑤中曽根康弘氏 1,806日
(以下略)

安倍氏は8/24(土)で佐藤榮作政権を抜き戦後最長日数になったと報道されていましたね。
ちなみに11/20(水)まで政権を維持すれば戦後どころか明治以降最長だった桂太郎政権(2,886日)を抜いて歴代1位に浮上することになります!

しかし長ければいいというわけでもありません。
少し前、一年に一回総理大臣が代わっていた時代の不信感は確かにまだ癒えていませんが、現状はあまりに自民党一強。
かつての1993年頃のように、健全な与野党・二大政党がありどちらに交代しても国を安定して運営していける体制が必要なのではないか、今後日本がどうなっていくのか真剣に考えなければならないのが令和の時代ではないかと先生は説きます。

外交問題・年金問題・少子高齢化など問題が山積みな中、残念ながら「国家としてのビジョン」を持っている政党が与野党共にありません。今求められているのはそれを提示していくこと。
GDPの構造を見直したり「はやぶさ」に見られる技術を集約したりなどひとつひとつしっかり点検していけば、10年後20年後に変わっていくのではないか。
日本の国民性は各国からも評価されているのだから、日本という国をいかにして高めていくのかを私たちも考えていかなければならないのではないか、と投げかけて終話しました。

この続きはぜひ、先生がご出演されている各番組で(笑)

岩田先生は控室でのお人柄もとてもよく、私たちともニコニコと温和な雰囲気でお話しくださいました(´▽`*)
「報道ライブ インサイドOUT」「ミヤネ屋」「ウェークアップ!ぷらす」などでご活躍中の先生のお話、聞いてみませんか?
お問い合わせお待ちしております(∩´∀`)∩



■関連記事

↑このページのトップヘ