日本綜合経営協会スタッフblog

創業44年 日本で初めて講師派遣を専門に起業した日本綜合経営協会(東京)のスタッフblogです。

こんにちは、落武者(前世)です👹

渡瀬謙先生 より、2019年11月20日発売の新しいご著書
『部下のやる気と成果を確実にアップさせる トップ営業を生み出す 最強の教え方』
をお贈りいただきました!ありがとうございます。
20200117
渡瀬謙先生のプロフィールと講演依頼はこちら

実は私、渡瀬先生のご講演現場には2度お伺いしておりますが
「いいな」と思ったところにミニ付箋をつけていったら、こんな量に!

売れているリーダーが、ただ「自分のやり方をマネてみろ」と背中を見せるだけでは効果は薄い。
部下はそんなふうに言われても、どこをどうマネたらいいのかわからないし
そのまんまコピーしても“その人自身の営業スタイル”ではないから不自然で、
クライアントの信頼は得られない。

売れている人は誰しもクライアントから信頼されていますが
それらは、ほんの小さなことの積み重ねが種となるもの。
売れている人にとっては、どれも意識せずにやっていることばかりだと思いますが
だからこそ、教えるのが難しい。

こちらの渡瀬先生のご著書では、
営業をうまく教えられない理由、指導の前に押さえておきたいポイント、そして営業の6つのステップを、それぞれ丁寧に解説。
また、効果的な営業マニュアルの作り方・書き方から、付録・演習問題「部下からのこんな質問にどう答えますか?」上手な答え方まで、充実の内容です!

さらに、部下への指導(=コミュニケーション)のコツも。
部下に納得してもらうためには、「部下が自分自身に置き換えてイメージできるように伝える」ことが必要。
部下のやり方を否定するのではなく「部下が自分らしく話せるよう、尊重することが大切」ということも学びでした。
お客さんでも部下でも、相手との関係を築くには「話をきちんと聞くこと」が大切なのですね。

営業の中堅社員・リーダー職、経営者の方まで、広くお読み頂きたいご著書です!
数年前、新人さんに営業の仕事を教えていた当時の自分にもプレゼントしてあげたい・・・

そしてご著書の発売に合わせ、渡瀬先生より新しいご講演テーマもいただきました!
「売れない部下が戦力になる最強の教え方 ~精神論・モチベーションに頼らないで結果を出す~」
ご講演・セミナーのご依頼もお待ちしております。

★渡瀬先生のご講演レポートも公開しております。ぜひチェックしてみてください!☺



■関連記事
三浦由紀江先生


中野美加先生



本年もよろしくお願いいたします。征夷大将軍です。

今月(~来月頭)に都内で開催される2つのグルメイベントをニュースなどで目にし、行きたい!と思っている今日この頃。
おそらく2つとも毎年行われているイベントで、まずは東京ドームで開催されている『ふるさと祭り東京』です🍴
すでに始まっていて、1月19日までと間もなく終了。
行く予定はあるものの、500円で食べられるどんぶりやら、ご当地麺を食べられるブースやら、ご当地スイーツやら。
1日では食べきれないほどの出店店舗の多さ!!

のどぐろ丼がとてもおいしそう、、。
とにかく優先順位を付けてイベントに臨まなければと思っております🏃
20200116
(公式ホームページより引用)

その他全国のお祭りもみることができるようです👯
青森ねぶた祭だったり、沖縄のエイサーまつりだったり、日によって見ることのできるお祭が決まっています。
入場料は平日が1,400円、土日祝が1,800円です。

2つ目は品川やきいもテラス😳
こちらは1月27日~2月2日まで、品川駅近くで開催されます。
『産地から品種・焼き方までこだわりぬかれた全国各地のやきいもが品川に集結』したイベント。
野外イベントですが、こたつに入りながら、足湯につかりながら食べることもできるので、
とても良さそうですね!
蜜がすごそうなやきいもや、モンブランクレープ、さつまいもチップスもおいしそうです✨
20200116-2 20200116-3
(公式ホームページより引用)

他にもいろんなやきいもがありとても気になるので、どこかで立ち寄りたいと思います!
平日、土曜、日曜日で開催時間が異なるようですのでご注意を。

おいしいものを蓄えて、寒い冬を乗り越えたいです!(笑)

落武者(前世)です👹

あっという間にクリスマスシーズンも終わってしまいましたね・・・
私は11月から当日までの「クリスマス準備を特に楽しむ派」(?)なのですが
今年はシーズン内にシュトーレン2つを食べきり
当日には前々日から仕込んでおいた おでんとローストビーフを食べました。
個人的な解釈ですが、仕込みの要る料理がぴったりな季節だと思います。
また来年もやりたいです。


さて、2019年も残すところあと4日となりました。
今年も大変お世話になりました。

遅くなりましたが、年末年始の営業のお知らせでございます。
 12月27日(金)9:00~17:00まで営業
 12月28日(土)~1月5日(日) 休業
 1月6日(月)より通常営業(9:00~18:00)

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。
みなさま、良い新年をお迎えくださいませ。

若草物語です。
先日、気象予報士・橋詰尚子先生のご講演を聴いてまいりました!

テーマは「天気予報の見方と気象災害への備え」。
もう少しで2019年も終わりますが、今年も大きな台風がありました。
台風15号は千葉県を中心に、19号は関東をはじめ広い範囲に甚大な被害をもたらしました。
最近は、こうした大雨や重大な気象災害が増えています。
増えている原因ははっきりとはわかっていませんが、
ヒートアイランドと地球温暖化の2つが影響を与えていると考えられているそうです。
どちらもすぐに解決できるものではないため、
「これからも異常気象が増えるかもしれない」という心構えをして、準備をすることが大切です。
ご講演では「気象情報のチェックポイント」として、
 ①豪雨 ②河川の増水・土砂災害 ③台風 ④雷・突風
の特徴や豆知識などをお話しいただきました。
その中で、私が「へ~!」と思ったことをいくつかご紹介します。

●雷には警報が無い
雷の予測は大変難しく警報を出せるレベルには達していないため、注意報しかないそうです。
確かに「雷警報」は聞いたことがないですね…
雷注意報が出ていると豪雨になる可能性があるので、雨対策も万全にしておきましょう。

●実は小さい河川が危ない
台風21号では阿武隈川・千曲川が決壊し大きな被害が出ましたが、
このような大河川だけではなく、小さな河川にも注意が必要です。
大河川は氾濫すると甚大な被害をもたらしますが、いきなり氾濫することはありません。
じわじわと水位が上がっていくので、情報を見極めれば事前の避難も可能です。
しかし中小河川は川幅が狭く、水が横に広がることができないため、水位が急激に上がります。
「増水した」と思ったときにはもう逃げられません。
気象レーダーなどを活用し、自分のいる現場だけでなく上流で大雨が降っていないか確認しましょう。

●強い台風が増えた原因
台風は、北緯5度より北、かつ海水温27℃以上の場所で発生・発達します。
日本の南側で発達のピークを迎え、日本にたどり着く頃には弱まっているのが通例でした。
しかしここ最近、海水温27℃以上のエリアが北上しているため、台風が強い勢力のまま
(あまり弱まらずに)日本付近に来ることが多くなってきているとのこと。
やはり地球温暖化が台風にも影響を与えているんですね…

●竜巻は増えていない
最近はテレビでもよく竜巻のニュースが流れていて、竜巻が増えたようにも見えますが
増加を裏づける具体的なデータはないそうです。
竜巻は急に発生して消えてしまうため、今までは跡を見て竜巻かどうかの判断をしていました。
現在はスマホが普及し映像が簡単に共有できるようになったため、今まで見逃されていたものが
見えるようになり、私たちがニュースなどで目にする機会も増えた、ということのようです。

自然災害はいつやってくるかわかりません。知識・準備・情報収集が生死を分けます。
「自分だけは大丈夫」とは思わずに、常に最新の情報を確認するようにしましょう。
・・・とまとめられ、ご講演は終了となりました。

今回のご講演会は11月下旬の開催だったのですが、10~11月は特に講演の多い時期!
橋詰先生ももちろん例外ではなく…ご多忙の中、ご出講いただきました。
特に、週末には先生ご出演のミュージカル(!)も控えていたため
お昼は講演や研修、夜はミュージカルの練習とお忙しくされているとのことでした。
橋詰先生、どうもありがとうございました!

今回は天気や災害についてのお話をしていただきましたが、気象と健康の関係についても
お話しいただけます!私も気圧によって頭が痛くなってしまうので、気になるところです。

安全大会のご計画も始まりつつある今、天気から安全や健康を考えるのはいかがでしょうか。
お問い合わせをお待ちしております。

■関連記事
森朗先生


天達武史先生


依田司先生


すっかり年の瀬を迎えておりますが皆さま体調など崩されていませんか?
寒くても2019年最後まで元気いっぱいのものまね四天王です👸

先日、弊社お得意様ご主催のご講演会にお邪魔させていただき、久能靖先生のご講演を聴いてきました。
久能先生は日本テレビのアナウンサーとしてニュースやスポーツ、舞台などの中継や
「午後は○○おもいッきりテレビ」などの番組では17年間もキャスターを務められました📺
1990年からはフリーとなり、現在は皇室ジャーナリストとしてご活躍されています。
テレビでお顔を見たことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

2019年は平成から令和になった節目の年であり、皇室の話題を耳にすることも多かったですよね!
この日はタイトルにもある「知られざる皇室」というテーマでお話しいただきました。
まだ即位礼正殿の儀や即位パレードの前だったということもあり今年ならではの内容を中心にお話しくださいました。
全部は紹介できませんが、かいつまんでご紹介します!

平成から令和への移り変わりは今までと違って明るいムードの中でできた。
これまでは天皇陛下が崩御されたときに御代替わりだったため、その年は1年間喪に服しており暗いムードは避けられませんでした。
しかし今回はお元気なうち譲位されたため次の元号は何になるか予想したり、改元のカウントダウンがあったりと明るいムードでしたよね🎉
王も元号発表の瞬間や5/1(水)を迎える瞬間はなんだかどきどき、わくわくしたことを覚えています!
こういったことを話題にするのは天皇陛下が崩御されることを意味していたので今まではできなかったこと。

また、現在の天皇陛下のお人柄についても教えていただきました。
陛下はいつもニコニコしていて真面目なイメージですが実はオヤジギャグをよくおっしゃるそうです👨
例えば、ご友人とお食事の際、胡椒をかけるときにうまく容器からでてこなくて「故障(胡椒)かな?」とおっしゃるので、ご友人が「貸してごらん。」と声をかけると「交代し(皇太子)ようか。」とおっしゃったそう。
また、学生時代 学校の盆栽をご覧になられることがお好きだったようで、若いのに年寄りじみた趣味だということから周りに「ジイ」と呼ばれていたそうです。
そんな陛下が卒業式の謝恩会にピアノを演奏することになり選んだのは“G線上のアリア“だったなど、エピソードをたくさんお話しいただきました。
王もオヤジギャグ好きなのでなんだか親近感がわきました☺

10/22(火)に行われた即位礼正殿の儀では高御座(たかみくら)や御帳台(みちょうだい)についても
テレビで取り上げられていましたがご覧になられた方もいらっしゃいますでしょうか。
高御座は儀式の際に天皇がのぼられる場所で、歴代の天皇陛下が即位のときに高御座で即位したことを宣言してこられました。御帳台には皇后様がのぼられます。
この2つは京都御所に常設されており、
今回も京都御所にあるものをバラバラにして東京に運んできて、塗装が剥がれているところは塗り直して皇居で組み立て設置したそう。
これを運んでくるまでが大変で、約30年前、平成の即位の際には道中での天皇制反対派による襲撃が懸念され極秘にヘリコプターで運んでいた🚁
しかし今ではそのような方も見かけなくなったため今回は地上ルートで輸送。
そのため東京界隈の警備がかなり厳しくなっていました。実感された方もいらっしゃるのではないでしょうか?
前回から30年も経つと新たにドローンによる襲撃の心配もあったため警備は上空も見張っていたそうです。
今回の儀式で使用した高御座と御帳台は1/19(日)まで東京国立博物館に展示されているそうなので、実際に見られるチャンスです!

他にも雅子さまの動物好きエピソードや即位に関わる儀式について、パレードをみるときのおすすめスポットなど長年皇室の取材をされてきた久能先生だからこそ知ってらっしゃる情報も!!
知っていたら誰かに自慢できるようななかなか聞くことのできないお話もいただけ、ご参加の皆さまも関心を持たれているご様子でした😯✨

今年度は特に皇室の行事や話題が多くお忙しくされているそうですので、
ご希望の主催者様はお早めにご依頼・ご相談いただくことをおすすめします!!!

お問い合わせお待ちしております☎✉


■関連記事
岩田公雄先生


佐藤優先生


渋谷和宏先生


↑このページのトップヘ