若草物語です。
毎年ご依頼いただいております、弊社お得意様ご主催の新春講演会にお伺いし
初音家左橋師匠のご講演・落語を聴いてまいりました!

左橋師匠は、1979年に10代目金原亭馬生に入門。
その馬生師匠の師匠にあたるのが、現在放送中の大河ドラマ「いだてん」でビートたけしさんが演じている、5代目古今亭志ん生師匠だそうです。
講演では、師匠との思い出や前座・二ツ目時代のエピソードなどをお話しいただきました。

後半は落語を一席。今回は新春講演会なのでおめでたいお話の「妾馬」を。
主人公は八五郎という男。八五郎の妹のお鶴が殿様に見初められ、お世継ぎを出産。
その八五郎が殿様のお屋敷に呼ばれて・・・というお話です。
立派なお鶴を見て八五郎がしんみりとする場面は、聴いていて泣きそうになりました。
泣ける落語もあるんですね!初めて知りました!

最後は動物ものまねを披露してくださいました。
ヒヨコ、トノサマガエル、カッコウ、ウグイスなど、口からいろいろな音が出るので すごいな~不思議だな~と思いました。
(控室で音の出し方を教わったのですが、まったくできませんでした!)

終了後は、そのまま新宿末廣亭へ・・・お忙しい中、本当にありがとうございました!

もうそろそろ安全大会のご計画が始まる頃ですが、今年は落語なんていかがでしょうか?
お問い合わせをお待ちしております。